ギフト離れを救う新たなサービスが台頭 ギフト業界に新定番!急成長する“ソーシャルギフト市場”とは?

~手の平ひとつで完結するギフト「Gift Pad」~

 従来、ギフトは直接の手渡しや郵送でしか贈る手段がなく、ギフト離れの原因となっていました。
しかし近年、ソーシャルギフトという新たなギフトサービスが登場。“ソーシャルギフト”とは、SNSやメール等を利用して贈り物が出来る、新しい形のギフトサービスです。海外ではすでに人気のギフトサービスとして定着しており、日本でも急成長している市場です。相手の住所が分からない場合もSNSを通して送付が可能なため、今までギフトを贈りたくても贈れなかった相手に対しギフトを贈ることが可能となりました。このような手軽さが評価され、最近では法人ギフトとして、株主優待やノベルティといったビジネスシーンでも広がりを見せています。
■拡大するソーシャルギフト市場!
矢野経済研究所が行なった「2017年の国内ギフト市場の調査」によると、2017年の国内ギフト市場規模は、小売金額ベースで10兆4,430億円であったことが分かりました。この売上金額は前年比で言うところの102.3%であり、急速なペースで市場が伸びていることが伺えます。2018年の国内ギフト市場規模は小売金額ベースで、前年比101.1%の10兆5,610億円、2019年は前年比100.9%の10兆6,580億円と予測され、今後もソーシャルギフト市場規模はさらに伸びていくと考えられます。市場拡大の背景としては、以下2点の理由が挙げられます。

理由:その① カジュアルギフトしてソーシャルギフトが最適!
近年、目上の人に贈るカジュアルギフトが重要視される傾向があり、インターネット環境を利用して
手軽にギフトを送受信できるソーシャルギフトを選択するユーザーが増えています。

理由:その② 法人ギフトとソーシャルギフトの親和性が抜群!
緩やかな景気回復を背景に法人ギフト需要が好調であり、キャンペーンなどの販売促進や企業の
周年記念品、従業員に対する福利厚生などに、ソーシャルギフトを選択するケースが増加しています。


■海外ではすでに定番化しつつあるソーシャルギフト
日本では近年注目され始めたソーシャルギフトですが、欧州や韓国などで一足早くサービスが定着していました。

欧州
スウェーデンで誕生したソーシャルギフトサービスの「Wrapp」は、2011年のサービス開始以来、ノルウェーやイギリス、フランス、ドイツ、オランダなど、欧州を中心に急速にサービスを拡大し、ソーシャルギフトという新しい概念を欧州中にもたらしました。

韓国
「giftishow」「Gifticon」といったいくつかの人気ソーシャルギフトサービスが誕生し、2014年頃からソーシャルギフトが定着していきました。韓国の国民性として感情表現が積極的な傾向があるため、手軽にギフトを贈ることができるソーシャルギフトが評価されたものと考えられます。

■キャンペーンやノベルティ、株主優待など、ソーシャルギフトで話題のジャンルとは?
ソーシャルギフトとは、SNSやメール等を利用して贈り物が出来る、新しい形のギフトサービスです。

金券ビジネス
某チェーン飲食店のドリンクチケットや、買い物に利用できる商品券といった金券の需要が高まっており、ソーシャルギフトとして贈るケースが非常に増加しています。

ハコモノビジネス
某大手ハムメーカーのギフトセットや、大手飲料メーカーのフルーツジュースのギフトセットなど、従来百貨店等で購入されていたギフトが、ソーシャルギフト市場で大きな存在感を示し始めています。

■幅広いシーンで利用できるソーシャルギフトサービス

toB
~用途に合わせてカスタマイズできる!~
3X‘s ticketはキャンペーンやノベルティ、株主優待などの使用用途に合わせて掲載商品を変えられる、
利便性の高い法人向けのカタログギフトです。アンケートや抽選、動画掲載など、
オプション機能のカスタマイズも可能なため、より企業との親和性の高いギフト施策が実現できます。
 

toC
~豊富な品数、“選べるカタログギフト”~
約7万点と豊富な品数を持ち、相手に適したギフトを贈ることが出来るカタログギフト。
URLは勿論、カードで送ることも可能です。更に動画やメッセージを添えれば、様々なシチュエーションで
オンリーワンなギフトをプレゼントできます。
 

toC
~旅先のおみやげを簡単ギフトに!~
みやげっとは、「嵩張るから」「送り先の住所が分からないから」といった理由で購入を諦めていたお土産を、
瞬時にSNSで贈ることができます。長野県や和歌山県など各地の企業・自治体と協同し、
みやげっとの輪は全国へと広がりをみせています。
 

toC
~故郷の食材をスマホで仕送り~
シオクルは進学や就職で親元を離れ、見知らぬ土地で1人暮らしするお子様へ、
幼い頃から慣れ親しんだ故郷の食材をお届け出来るサービス。荷物の梱包作業や発送作業の手間が
省けるため、気軽に贈ることができます。受け取り画面に家族写真や動画、オリジナルメッセージを
掲載することも可能です。

株式会社ギフトパッドとは
株式会社ギフトパッドは、「感謝」をキーワードにITと「選べるカタログギフト」を融合させた、
次世代ギフトサービスを提供しています。個人向けギフトサービス『Gift Pad』や、
法人向けギフトサービス『3X’s ticket(サンクスチケット)』に加え、旅行先の名産品が手軽に
送れるサービス『みやげっと』なども展開しており、地域経済の活性化にも力を注いでおります。
幅広いギフトニーズに対応したサービスを展開し、独自のギフトシステムによるご利用企業様の成長、
流通経済の発展、地方創生に貢献するソリューションを提供し続けています。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ギフトパッド >
  3. ギフト離れを救う新たなサービスが台頭 ギフト業界に新定番!急成長する“ソーシャルギフト市場”とは?