稼働済みソーラーシェアリング事業の相談サービスを開始

~日々の農業や、台風等の災害対応、事業売却まで~

千葉エコ・エネルギー株式会社は、2019年11月より「稼働済みソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)事業の相談サービス」を提供開始します。
 ソーラーシェアリングは、2013年に農林水産省によって転用許可制度が開始されてから年々事例が増え続けており、昨年度末の時点で全国約2,000件程度となっています。しかしながら、まだまだ色々な方から事業に関する情報不足のご相談をいただきます。そこで当社は、農林水産省の優良事例に掲載された自社の取り組みや、千葉大学及び三重大学との営農に関する共同研究、業界団体としての関わりの中で培った事例研究などの知見を活かし、稼働済みソーラーシェアリング事業の安定した運営をサポートするための相談サービスを開始いたします。
 

自社所有のソーラーシェアリング設備自社所有のソーラーシェアリング設備


過去の提案実績
■被災した設備の再建を支援
 2018年9月の台風24号により、倒壊してしまったソーラーシェアリング設備の事故原因について第三者としてレビューを行い、再建にあたりソーラーシェアリング専用架台を供給しました。

■農業委員会への営農報告書の第三者意見の提供
 水稲のソーラーシェアリングにおける、毎年の営農報告書に記載する収量調査の補助及び営農報告書への第三者意見の作成を行いました

■稼働済みソーラーシェアリング設備の営農状況の第三者評価
 約10MWの稼働済みソーラーシェアリング設備に対して、営農状況の第三者評価及び栽培体形や市場性の調査を行い、レポートを提供しました
 
 既に行なっている新規導入のソーラーシェアリング事業をサポートするサービスに加えて、稼働済み案件の相談サービスを開始することで、当社は長期事業であるソーラーシェアリングを安定的に運営するためのパートナー企業を目指します。稼働済み案件の相談は千葉エコ・エネルギー株式会社のホームページのお問い合わせ又は専用のページよりご連絡ください。
(専用ページ:https://www.chiba-eco.com/)
 千葉エコ・エネルギー株式会社は、今後も農業振興に資する取り組みとして、引き続き全国で営農型太陽光発電所の事業化のサポートや付随する製品・サービスの開発、情報提供を行ってまいります。

設備下で栽培した里芋設備下で栽培した里芋

■千葉エコ・エネルギー株式会社について
会社名:千葉エコ・エネルギー株式会社
所在地:〒263-0022 千葉県千葉市稲毛区弥生町2-15 西千葉浪花ビル3F
代表者:代表取締役 馬上 丈司
設立:2012年10月
URL:https://www.chiba-eco.co.jp

 千葉エコ・エネルギー株式会社は、千葉大学発の環境・エネルギー系ベンチャー企業です。弊社のソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)に関する取り組みは、農林水産省の優良事例としても取り上げられ紹介されており、G20などの国際会議でも発信されております。海外からの視察受け入れだけでなく、シンポジウム国際的な学術フォーラムへの登壇なども行っており、国内に限らず多くの信頼を寄せていただくソーラーシェアリングのスペシャリストです。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 千葉エコ・エネルギー株式会社 >
  3. 稼働済みソーラーシェアリング事業の相談サービスを開始