タケナカ/アークベンチャーズ、「ProLight & ProVisual 2020」でバーチャルプレゼンターによるプレゼンテーションを披露

『体感』『体験』をテーマに「バーチャルプレゼンター」や「イマーシブオーディオ」といった、映像・音響・照明技術を駆使した様々なソリューションをご紹介いたしました。

シンユニティグループの株式会社タケナカ/アークベンチャーズ株式会社は、2020年2月19日~21日の期間、東京ビッグサイトにて開催された展示会「ProLight & ProVisual 2020」に出展した。

 

シンユニティグループの株式会社タケナカ/アークベンチャーズ株式会社は、2020年2月19日~21日の期間、東京ビッグサイトにて開催された展示会「ProLight & ProVisual 2020」に出展し、『体感』『体験』をテーマに「バーチャルプレゼンター」や「イマーシブオーディオ」といった、映像・音響・照明技術を駆使した様々なソリューションをご紹介いたしました。

「ProLight & ProVisual」は、2015年に舞台照明メーカー・代理店が集まる展⽰会としてスタートし、今年から舞台・イベント映像のエリアが新設されました。舞台やコンサート、イベントの空間を創り出す「ひかり」となる照明に関わる現場のプロフェッショナルと機材を扱うメーカー・代理店・レンタルカンパニーが出展しています。

 

バーチャルキャラクターによるプレゼンテーションバーチャルキャラクターによるプレゼンテーション

 

モーションキャプチャースーツを着たアクターがバーチャルキャラクターを動かす様子モーションキャプチャースーツを着たアクターがバーチャルキャラクターを動かす様子

音の方向や音量を制御し、可視化。その情報をリアルタイムに映像演出にも取り入れています。音の方向や音量を制御し、可視化。その情報をリアルタイムに映像演出にも取り入れています。

 

タケナカ/アークベンチャーズのブースでは「体感」「体験」をテーマに、バーチャルプレゼンターイマーシブオーディオといったソリューションを紹介。
「イマーシブ」とは没入させるという意味があり、イマーシブオーディオのご紹介では、自由なスピーカーレイアウトが可能な立体音響システムを使用して、その空間に自分がいるかのような音をご体感いただきました。
今回は8台のフルレンジスピーカーと2台のサブウーファーで中央のステージを360°囲んだ音響システムを使用しています。

 

高精細LEDビジョンを使った大画面のデジタルステージで、映像、音響、照明技術を駆使した空間演出をご体感いただきました。

本番映像はこちら🔻


メイキング映像はこちら🔻

 

 

 

 

シースルーLEDウォールシースルーLEDウォール

マグネットタイプの軽量LEDを使ったゲートマグネットタイプの軽量LEDを使ったゲート

その他にも、ステージデザイン、映像・照明演出などのリアルタイム3Dシミュレーションが可能なメディアサーバー「disguise」や、オブジェクトの位置情報を取得できるトラッキングシステム「BLACKTRAX」を紹介。

また、2/20、21の12:30からは「最新テクノロジーから見る空間演出~リアルとバーチャルの融合~」と題したセミナーも実施。多くの方にご参加いただきました。

セミナーの様子セミナーの様子

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シンユニティ >
  3. タケナカ/アークベンチャーズ、「ProLight & ProVisual 2020」でバーチャルプレゼンターによるプレゼンテーションを披露