生理に悩む女性の為に創業90年の老舗メーカーがD2C事業を展開

創業90年の老舗サニタリーショーツメーカー”タカギ”がHAPPPY PROJECTの一環として「生理」や「冷え」の辛さを和らげるショーツの開発を開始

株式会社タカギは、2月5日(水)午前11:00よりクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて、「『ホクホク!サニタリーショーツ』で始める楽ちん温活サポート」というプロジェクト名で、公募を開始します。
『ホクホク!サニタリーショーツ』とは、植物性炭素繊維(メディカーボン®)で下腹部と腰部を遠赤外線効果で温め、生理や冷えからくる体のつらさを和らげるショーツです。

株式会社タカギ(本社:奈良県橿原市曽我町800代表髙木寛)は、
25日(午前11:00よりクラウドファンディングサイト「Makuake
マクアケ」にて
ホクホク!サニタリーショーツで始める楽ちん温活サポート
というプロジェクト名で、公募を開始します。
Makuake プロジェクトURLhttps://www.makuake.com/project/takagi/

『ホクホク!サニタリーショーツ』とは、植物性炭素繊維(メディカーボン®)で
下腹部と腰部を遠赤外線
効果で温め、生理や冷えからくる体のつらさを和らげる
ショーツです。


自身も生理時のつらい悩みを抱えていた、代表取締役副社長の髙木麻衣が、女性の
毎月の悩み(生理)を
解決する為に、創業90年、日本国内流通量トップクラスの
サニタリーショーツ (生理用ショーツ)メーカーである「タカギ」が本気を出して
商品開発。

一般医療機器としても扱われる商品もある「メディカーボン®」という炭100%の
温熱素材と履き心地に徹底
してこだわったサニタリーショーツを融合。
「メディカーボン®」が体を芯から温め毎月のつらさから女性を解放します。
また「消臭」「抗菌」効果も期待できます。


さらに、はき心地に定評のあるタカギオリジナルのショーツは最高級の品質を誇る
スーピマコットン(綿)の
ストレッチ素材で身体にやさしく フィットします。

 


女性の社会進出に伴い最近では賛否両論を巻き起こした大手百貨店の生理バッジ問題
や、「ツキイチ!生理
ちゃん」が映画化されるなど、女性の生理に関する問題は注目
を集めている今だからこそ、悩める女性に
向けてタカギが本気で開発しました。

また、タカギは日本国内流通量トップクラスのサニタリーショーツ (生理用
ショーツ)メーカーとして、
女性の生理に対する理解を促進する為にHAPPPY
PROJECTを立ち上げ小学校を周り啓蒙活動を行うなどCSR活動がメディアでも
話題
です。
(HAPPPYの3つのPの意味:Peaceful(平和的)、Precious(貴重)、Period
(生理)の頭文字。生理を、自分の身体を大切にし、前向きにとらえる時間と考えて
ほしい、という想い)


90年もの間、女性に寄り添い続けたタカギは女性の輝く世の中の実現を目指して
おります。

株式会社タカギHP:http://takagi-innerwear.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タカギ >
  3. 生理に悩む女性の為に創業90年の老舗メーカーがD2C事業を展開