ポリウレタン国際フォーラム2020「未来に向けたポリウレタン産業の先端技術」を開催

2020年11月、日本における「モノづくり」の中心地・愛知で開催

公益財団法人ポリウレタン国際技術振興財団は、アジアにおける初めてのポリウレタンフォーム生産開始から60周年を契機に、2014年(平成26年)に設立されました。このたび、2015年に開催されたPU国際フォーラムに続き、2020年11月10日・11日に「ポリウレタン国際フォーラム2020」を開催いたします。            
                                     
  • 開催趣旨

ポリウレタンは、その誕生から80年以上の歳月をかけて我々の生活に劇的な変化をもたらし、

 

生活に必要な素材としての確固たる地位を築いてきました。そして時代の流れと共に変遷する様々なニーズ対応し機能を付与することで、豊かな生活を支え、さらなる成長と発展を続けています。

 

ポリウレタンは健康、環境といったテーマを実現するためになくてはならない材料であるとともに、それを素材とした様々な製品開発が期待されています。

 

この度、ポリウレタン材料の技術発展、製品普及に尽力されているPatrick W. Thomas氏、日本のポリウレタン研究の第一人者である長崎大学 古川睦久 名誉教授をお招きし、「環境・安全」「高機能化」「豊かな生活」等の見地から先端技術について発表していただきます。

様々な分野のプロフェッショナルの方々にも講演していただき、原料、機械メーカー、エンドユーザー、大学・公的機関、その他広くご参集いただき、ポリウレタン産業のさらなる発展のため、また今後の成長に向けて意見交換の有意義な機会となることを願い、ここに開催の概要をお伝えいたします。

 

  •  開催概要
名  称:ポリウレタン国際フォーラム2020
主  催:ポリウレタン国際フォーラム委員会
公益財団法人ポリウレタン国際技術振興財団
日  時:2020年11月10日(火)〜11日(水)
会  場:名古屋コンベンションホール
(愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60-12 グローバルゲート内)
講演内容:
「ウレタンに関わる環境課題や安全性問題と今後の方向性」 
「新規ポリウレタン原料や添加剤」
「新たな市場に向けた材料の高機能化」他
※講演内容は2020年2月時点での内容となり、今後追加される予定です。

 

  • 公益財団法人ポリウレタン国際技術振興財団
ポリウレタンの歴史は古く、1937年に初めてドイツで発明されて以来、発泡ポリウレタン、ゴム(エラストマー)、繊維、合成皮革、接着剤、塗料等、豊富な種類が製造されています。また、弾性・衝撃吸収、断熱・伝熱、吸音・遮音等、相反する多様な機能を付与することができ、生活用品から衣料、物流、自動車部品、情報機器、各種工業材料用途へと多方面にわたり多様な展開を遂げてきました。

ポリウレタンは、高度化・複雑化する社会要求のなかで、さらなる開発によって今後も産業の発展に大きく貢献していくことが期待されると同時に、安全・環境・クリーン・エコロジー・省エネなどの環境問題に直面しており、地球環境保全といった社会的な要請、課題に対応していく必要があります。

本財団は、ポリウレタンを主体とする高分子化学に関する基礎研究、応用研究および開発を行う研究機関や個人に対する助成、およびこれらに関係する研究集会の主催、共催または協賛を通じて、人材の育成ならびに世界の高分子分野の発展に寄与することを目的として設立されました。

www.pu-zaidan.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 ポリウレタン国際技術振興財団 >
  3. ポリウレタン国際フォーラム2020「未来に向けたポリウレタン産業の先端技術」を開催