広告表現チェックサービス『コノハ』を提供開始-特許取得の広告表現データベースを使用-

URLを入力するだけで、不適切表現のチェックが可能に

広告表現チェックとコンサルティングを手掛ける、株式会社アートワークスコンサルティング(所在地:東京都新宿区西新宿7-17-14 新宿エイコービル402、代表取締役:高橋聡)は、ウェブ上で誰でもかんたんに広告表現がチェックできるサービス『コノハ』を2020年4月1日にリリースしました。


弊社は5年以上かけて広告表現のOKワードとNGワードを4,000語以上蓄積し、2019年に広告文章チェックデータサービス『ツクヨミ』を構築、弊社のオンリーワンサービスとして特許技術を取得しました。

『コノハ』は『ツクヨミ』のビックデータを活用し、広告サイトのURLを入力するだけで修正ポイントと代替案のテキストを表示します(JPEG及びPDF、テキストデータにも対応可能)。

ウェブ広告は誰もが簡単に出稿できるようになった一方、近年は誇大広告や優良誤認を与える表現が多く見受けられるようになり、事業者と消費者の双方に不利益を引き起こしています。

弊社は『コノハ』を通じて誰もが簡単に不適切な広告表現をチェックできる環境を提供し、ウェブ広告の健全化と社会的価値向上に貢献して参ります。

 

【背景】
近年、「化粧品」や「健康食品」の分野では特に、事業者と消費者間のトラブルが増加しています。消費者生活センターの調査によると 化粧品を巡る相談件数は2016~17年にかけて年間12,484件から15,957件へと急激に増加、 健康食品も29,434件から30,181件へと増加しています。

こういった問題の背景には、誇張や不適切な表現のある広告がウェブ上に増加している現状があります。

例えば、消費者がホームページやSNS等でウェブ広告を見て、 「お試し価格」「初回無料」など通常価格より安い価格で健康食品や化粧品を購入したところ、定期購入が条件の契約だった等のケースが多発しています。

また、全国消費生活情報ネットワークシステムでは、全国の消費生活センター等に寄せられる商品・役務・設備に関連して身体にけが、病気等の疾病(危害)を受けた情報(以下「危害情報」という)、および、そのおそれがある情報(以下「危険情報」という)を収集しています。危害情報の商品・役務等の件数で商品・役務等別にみると、最も件数が多かったのは 「健康食品」1,847件(16.4%)で、2位は「化粧品」1,577件(14.0%)でした。

化粧品では「高額な化粧品セットを購入した。サンプルが欲しいと申し出たがないとのことで、肌荒れが起きれば解約を受けると言われた。使うと顔に赤みが出て痛がゆくなり、解約を申し出たができないと言われた。(40代女性)」、健康食品では「インターネットで健康食品のお試しを注文した。飲み始めるとじんましんが全身に出て、医師からは原因は健康食品と考えられると診断された。2回目の商品の発 送案内があり6回の定期購入と分かったが、解約を受け付けてもらえず不満だ。(30代女性)」などの声が寄せられています。

(参考:消費生活年報 http://www.kokusen.go.jp/pdf_dl/nenpou/2018_nenpou.pdf

【企業に求められる対策と『コノハ』の展望】
◆このような被害を減らすために、広告においてしっかりと注意事項を明記し、優良誤認、有利誤認にならないような表現に務めることが美容・健康領域全体で望まれています。

企業側の対策としては、ウェブサイト上の広告表現の改善が求められています。従来、広告で薬機・景表法対応をすると売上が下がると考えられ、敬遠される風潮がありました。

しかし近年はデジタルマーケティング技術の発展に伴い、キャッチコピーや写真の修整、変更が容易となり、薬機・景表法に準拠した広告表現を何度でも修正、改善することで、優良誤認、有利誤認を減らす表現で商品をPRすることができるようになりました。

◆弊社の今後の展望
 1.【安心、安全、信頼性のある取引に貢献】これらの社会的情勢、業界の課題、企業の広告表現改善ニーズに真摯に向き合い、企業側の求める訴求しやすい代替表現のコンサルティングと、消費者にとって誤認されない広告表現の監修に貢献してまいります。

2.【新しい広告表現NGワードの登録】日々弊社に届くクライアントからの情報をリアルタイムでデータベースに入力し、最新情報をクライアントに届けてまいります。

3.【新しい広告表現、代替表現の開発】各業界の有識者及びコピーライターの方達に協力を仰ぎ、新しい広告表現、代替表現 を開発しデータベースを充実化してまいります。

【『コノハ』プロモーション動画】
 



【サービス概要】

  • ​サービス内容:広告表現チェックサービス
  • サービス名:コノハ
  • サービスの活用方法:誇大広告防止、ブランディング保護、リスティング広告審査落ちした際の修正ポイント洗い出し、ランディングページの改善、売上向上
  • サービス価格:お問い合わせください

 


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アートワークスコンサルティング >
  3. 広告表現チェックサービス『コノハ』を提供開始-特許取得の広告表現データベースを使用-