アパレルMDのための意思決定をデジタル化する「radial」をリリース

売上・在庫・顧客の声をMDのために統合し、判断を素早く正確にします

株式会社proces (東京都渋谷区、代表取締役 岡本大河) は、ブランド内のデータ統合を通じて、アパレルMDの知る・決める・伝えるを支援するWebサービス「radial」をリリースしました。
https://www.radial-db.jp/



【サービスコンセプト】
~アパレルMDの意思決定を、デジタルの力で素早く正確にする~
世の中のトレンドを追随するように、アパレル業界にも、デジタルトランスフォーメーションの波が到来しました。
多くのアパレルブランドは、POSレジや、倉庫システム (WMS)の導入が進み、様々な取引情報を「データ」として保有し始めました。
一方で、「データを俯瞰的に捉えて意思決定をする」という工程は、ほとんど進化していませんし、むしろデータの煩雑性により退化しているケースを多く見かけます。
データの収集のために各システムからデータをダウンロードし、エクセルで時間をかけてミスに悩みながら分析し、最後はセンス頼みの意思決定…
結局「意思決定」自体はデジタルの恩恵を受けていないアパレル企業が多いのが実情です。

アパレル業界に到来したDXの波、それにより様々な情報が「データ」として、分析可能な状態になっています。
radialは、社内外に散らばった「データ」を意思決定に直結する形で自動かつリアルタイムに統合し、ブランドの舵取り役=MDの意思決定を素早く正確にします。

サービスのご利用やAPI連携でご興味を持たれた企業様は、運営チームまでお問い合わせください。
https://www.radial-db.jp/
info@proces.co.jp
 

ダッシュボードでは、売上・顧客の声から売れ筋商品を可視化ダッシュボードでは、売上・顧客の声から売れ筋商品を可視化

 

顧客の声をベースに店舗・スタッフの稼働状況も可視化顧客の声をベースに店舗・スタッフの稼働状況も可視化


【こんなアパレルブランド様に使ってほしい】
・POSやWMS等、業務効率化のシステムを使っている/使い始めることを検討している
・社内外にあるデータを活用したい、DXというキーワードに興味がある
・アパレル市場の停滞傾向に負けず、機動力高く事業を運営したいと思っている


【radialはこんな課題を解決したい】
・データ統合・分析・解釈を人力で行っており、時間がかかるし、ミスも多い
・我流のMDスタイルで意思決定しており、時として変な思い込みに陥る (そんな自覚がある)
・基幹システムを入れてデータ統合してみたものの、データの海に溺れて何もできない


【radialならではの特徴】
・様々なシステムとAPIで繋げることで、リアルタイムかつ自動でデータ統合・分析できる
・セール指定・強化品番指定・追加発注等において、MDが必ず見るべき指標を正確に瞬時に参照できる
・MDが意思決定をするのに必要十分な情報を、誰でもわかりやすく把握できる


【今後の開発計画】
・MDにとっての重要指標の表示だけでなく、AIを用いて意思決定のレコメンドを行えるようにします
・SNSやブログ上にある、ブランド関連情報を自動で収集・蓄積し、重要指標と併せて閲覧できるようにします
・MDがradial上で行った意思決定が確実に遂行されるような管理機能を実装していきます
 

商品検索では、ユーザーが設定した様々な軸で商品を特定可能商品検索では、ユーザーが設定した様々な軸で商品を特定可能

商品詳細では、売上・在庫・顧客の声を組み合わせて、意思決定の気付きを獲得商品詳細では、売上・在庫・顧客の声を組み合わせて、意思決定の気付きを獲得




【運営会社】
株式会社 proces
東京都渋谷区西原3-24-5-206
代表取締役 岡本大河


【お問い合わせ】
info@proces.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社proces >
  3. アパレルMDのための意思決定をデジタル化する「radial」をリリース