集まらない体験型研修   「リモトレ」をリリース

新型コロナウィルス感染症への対応として研修を自粛する企業が増える中、自宅、サテライトオフィスをつないで新人研修からマネジメント研修までができる!

新型コロナウィルス感染症対策によるイベント自粛ムードが高まる中、4月5月開催の研修の自粛を余儀なくされる企業が増えています。そこで、株式会社ラーニングトルク(本社:東京都渋谷区)は、「体験型」ながら集まらずに受講できる企業向け研修「リモトレ」の提供をスタートしました。
背景:新型コロナウィルス感染症予防の観点から、多くの企業は大人数が集まらざるを得ない従業員向け「研修」を急遽中止。しかし、4月5月は、新入社員研修や新任マネジャー研修など、研修によるスキル装着が最も必要とされる時期。ハードスキル(理論やフレームワークな知識の装着)の習得はe-learningで代替の効くものの、ソフトスキル(対人スキル、交渉力、マネジメント力)と呼ばれるコミュニケーションスキルの装着は諦めざるを得ず、多くの企業が頭を抱えていました。

そこで、「集まらず」に、受講生の「自宅」もしくは少人数の受講生を集めた「サテライト会場」をつないで、集合研修さながらの「コミュニケーションスキル」を磨く研修を、しかも職場での再現性が高いと今注目されている「体験型学習」で実施しようと開発されたのが、この「リモトレ」です。

実施方法:スマホやPCを使い、受講者の自宅、もしくは10人未満の受講生が集まったサテライト研修会場と、講師のいる本部を繋ぎ、ビデオ通話を通じて研修を実施
*参加拠点数は10拠点まで対応可能
*ZOOMやLINEなどのツールを使うことで特別なシステムを導入せずに実施が可能
 

【自宅型】受講生も自宅をつないで研修を行う【自宅型】受講生も自宅をつないで研修を行う

【サテライト型】3~7人集まったサテライト会場をつないで研修を行う【サテライト型】3~7人集まったサテライト会場をつないで研修を行う

【混在型】自宅とサテライトをつないで研修を行う【混在型】自宅とサテライトをつないで研修を行う



実施事例:
■コミュニケーション研修(参加人数:6人~32人、所要時間:40分)
事前に受講生一人1枚ずつカードを郵送。受講生同士、描かれた内容を言葉だけで説明しあい、配れたカードに隠されたある一定の法則を推理し、正しい並び順を全員で導き出す

■リーダーシップ/フォロワーシップ研修(参加人数:6人~20人、所要時間:50分)
講師のいる本部に置かれた不安定な盤の上に置かれた複数の人形の中から、的確な指示をすることで的確に取り除く。指示者と被指示者との信頼感の大事さ、その構築に必要な要素を体感する。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ラーニングトルク >
  3. 集まらない体験型研修   「リモトレ」をリリース