クラウドインフラの導入・運用サポートを手がけるgrasys新型コロナウイルス対策強化において全従業員に10万円支給を決定

~サービスを支える社員のサポート継続・強化~

「攻め」のITインフラを設計・構築・運用する株式会社grasys(東京都渋谷区、代表取締役:長谷川祐介、以下 grasys)は、1月からリモートワークを実施するなど、積極的に新型コロナウイルス対策を行ってきました。2月には各従業員の自宅に非常食を送る手配をしており、更に4月20日に10万円の手当を全社員に支給することを決定しました。在宅勤務を指示するだけではなく、それに加えて会社としてできることを常に考え、お客様へ提供するサービスの品質を保持しながらサービスを支える社員のサポートも継続していきます。

タイムラインタイムライン

【実施済み対策】
grasysはリスクを予期し、先回りして動くことによって通常の「守り」のインフラではなく「攻め」のインフラを実現しています。新型コロナウイルス対策においてもI Tインフラに対する姿勢と変わらず、危機を予測して先手を打ち、様々な対策を実行してきました。3月25日に小池百合子都知事が外出の自粛を呼びかけましたが、grasysでは社員の安全とお客様に提供するサービスの品質保持を考え、1月から社員に在宅勤務をするよう指示していました。また、早い段階から止むを得ず出社する場合は時差出勤するよう呼びかけていました。
 

その他にも食糧買い占めを予測し、社員の不安を少しでも減らすことを考え、 2月には各社員の自宅へ7日分の非常食を届ける手配をする対策も打ちました。grasysでは月に1日指定する日に在宅勤務を許可する「ノー出勤デー」を以前から設けていたため、スムーズにリモートワークに切り替える体制が整っていました。

非常食イメージ非常食イメージ


【在宅勤務手当の支給】
grasysは上記のような対策に加え、4月20日に10万円を正社員・契約社員に関わらない全従業員に支給することを決定しました。在宅勤務環境を最善化するためのツール購入や買い占めなどによって価格が高騰している生活必需品の購入に役立てて欲しいというのが目的です。 また、低迷する経済の活性化に少しでも繋がればという想いもあります。

普段から「お年玉手当」や「身だしなみ手当」など+αの手当を設けることで会社を支える社員への利益還元に努めてまいりましたが、今回の緊急手当は不安が広がる状況下で働き続ける社員へのサポート提供と継続したサービスの安定運用のために支給を決定しました。

手当支給の発表を受けた社員からは、「在宅勤務でも業務効率を保つために、ネットワーク回線の増強や作業用机や椅子、また、ディスプレイやマウスなどの購入に当てる」などの声があがっており、在宅勤務の指示を出すだけではなく、手当の支給などを通して在宅勤務の環境を整える補助までフォローすることも重要であることが改めて浮き彫りにされました。

【今後の方針】
不要不急な外出を控える社会状況で、オンラインサービスの需要が高まっています。ITインフラを支えるサービスを提供する企業として、社員とお客様のためにできることを考え、また、サービスを支える社員への支援や社内体制をしっかり整えることで社会に貢献してまいります。今後も社会状況の変化に応じ、在宅勤務においてのコミュニケーション支援など柔軟かつ早急に対策を講じていく考えです。

【About us】

社名:株式会社grasys(グラシス)
設立:2014年11月13日
従業員数:28名(代表取締役含めエンジニア17名)
所在地:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス4F
公式サイト:https://www.grasys.io/

grasysは常に最新の技術を取り入れ、攻める心を持ち続ける「技術者集団」です。 Google Cloud Platform のサービスパートナーであり、お客様の大切なインフラをお預かりして安定運用し続けることを目的とした事業をしています。

※Google Cloud Platform は、Google LLC の商標です。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. grasys >
  3. クラウドインフラの導入・運用サポートを手がけるgrasys新型コロナウイルス対策強化において全従業員に10万円支給を決定