風にゆらぐ壁「TOU」をKonelとパナソニックが共同発表

自然のゆらぎで脳を弛緩させ、思考を拡張させるランダム家電

Konelは人間の感性に働きかけウェルビーイングを目指す研究開発組織「Aug Lab」から【TOU-ゆらぎかべ】を発表しました。


TOUは部屋の外を流れる風に反応し、空間に自然のゆらぎをもたらす壁です。
ただ風の流れに心をゆだねて「ボーッと」できる時間を生み出し、人の思考を拡張するランダム家電として開発しました。

■ストーリー
〜ボーッっとの価値が高まる未来
娯楽、広告、ニュース、チャット、スケジュール…これからは自らスマートフォンにアクセスしなくても空間内のあらゆるデバイスが意味を持った情報を届けインタラクションをはたらきかけてくる時代です。
人々の脳は時間の隙間をつくらず効率的に思考を回転させられます。
便利かもしれませんが、目的に一直線の思考は目的を超えることはないでしょう。
予想もできないひらめきに出会うためには、脳の弛緩が必要だと考えています。
TOUは「風のゆらぎ」という不規則な現象を、情報過多な空間に注入することで、ふとした時にボーッと抽象的な思いにふけるきっかけを提供します。


■利用シーン
〜デジタルが充満する空間に。自然が不足する空間に。
未来の空間は、きっとデジタルテクノロジーで満たされます。
人をリフレッシュさせてきた自然界との距離は遠くなっていくでしょう。
TOUは様々な状況で「ゆらぎ」をもたらし、思考の拡張によって人らしいウェルネスを保つことに貢献していきます。

-はたらく空間:窓のない会議室 / 閉鎖的なリモートワーク部屋
-生活する空間:マンションの高層階 / ビルの地下階
-非日常な空間:密閉された病室 / 宇宙ステーションの居室

■プロトタイプと今後の展開
プロトタイプでは、特殊素材を開発し壁が揺らぐ仕組みを実装しました。
今後は屋外の風と連動するためのセンシングにチャレンジしていきます。
また部屋の外だけではなくリゾート地など、遠隔の風に反応させたり、ガラスの床の下に設置して水面のように表現するなど、様々な応用も検討していきます。

■オフィシャルコンテンツ
・プロダクトサイト:https://tou.tokyo/
・イメージビデオ :https://vimeo.com/410443921
・デモビデオ   :https://vimeo.com/410449189
・サンプル画像  :https://bit.ly/2KsKR88

■デモンストレーション
現在TOUはKonelの制作拠点「日本橋地下実験場」に設置されています。
取材や展示のご相談は個別にご連絡ください。(※新型コロナウィルスの感染対策を踏まえた上で回答いたします)

日本橋地下実験場https://jikkenjo.com/

■Aug Labについて
Aug Labは、ロボティクス技術が自動化(Automation)以外にもたらす新しい価値として、自己拡張(Augmentation)をテーマに研究開発をするためにパナソニックが立ち上げた組織です。
Konelは2019年11月に共同研究パートナーとしてAug Labに参画し、第1弾プロジェクトとしてTOUの研究開発に携わりました。


インタビュー記事:https://tech.panasonic.com/jp/auglab/articles/20191118.html

■お問い合わせ
Konelは、オープンイノベーションプロジェクトへの参加を積極的に行っていきます。
取材・展示・コラボレーションのお問い合わせは、こちらまで。
info@konel.jp 担当:出村
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コネル >
  3. 風にゆらぐ壁「TOU」をKonelとパナソニックが共同発表