社員と企業が「互恵関係」で結ばれる新しい雇用ー終身雇用を前提としない人事論導入にLeo Sophiaが挑戦ー

インターネット広告事業運営の(株)Leo Sophia(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内木場隼、以下LeoSophia)は、社員と企業が互恵関係で結ばれる新しい雇用、「アライアンス」の考えに基づいた人事論を2020年1月に導入いたしました。

株式会社Leo Sophia 広尾オフィスの様子(http://leosophia.co.jp

Leo Sophiaが目指すのは「勝ち続ける組織」。
終身雇用を前提としない、社員と会社のアライアンス関係(=互恵関係)を導入することで、社員が最短距離で理想のキャリアを築くことができる、先進的な「人事戦略」に挑戦してまいります。
互恵関係の可視化・社員と会社が提供し合う“価値”を以下のフローで明確化させ、個人のキャリア形成と会社の価値(利益)を高め合うのが目的です。

〔ブログにてより詳しくご説明しております:https://leosophia.co.jp/staff_blog/alliance/

【1】社員が目指すキャリアのすり合わせ
入社時に社員とLeo Sophia(上司)が1on1を通じて「核となる価値観」・「在りたい姿」は何かをすり合わせます。この時に目指したいキャリアが決まっていなくても問題ありません。

1on1を通じて、自分がどんな価値観をもっていてどんな人で在りたいかをじっくりと話し合い言語化していくことで、目指すべきキャリアをLeo Sophiaと定めていきます。

【2】整合性のとれた目標・期間設定
理想のキャリア像・ありたい姿が定まれば、目標と期間を決めます。

目標を定めるポイントは、「理想のキャリアに近づく目標か」「会社の利益に結びつくものか」
お互いの価値を高め合うことを目的としているため、達成することで個人のメリットだけでなく、会社の利益に結びつく目標と、達成するための期間を定めます。

【3】アライアンス合意書作成とチェックポイントの実施
目標と期間が定まったら、『アライアンス合意書』を作成します。
アライアンス合意書に書き込まれた目標と期間を達成していくことで、個人のキャリア形成と共に会社の価値(利益)向上を目指していきます。
---
Leo Sophiaでは3ヶ月に一度、1on1を通じたアライアンスチェックポイントを設けています。
目標達成への進捗度合いや両者が目指す方向性にズレは生じていないかを確認し、必要であれば進め方を修正することが可能です。
---

理想とするキャリアにLeo Sophiaが入っていなくても、目標達成後のキャリアが起業や転職だとしても問題ありません。大事なのは「目標を達成することで社員が理想のキャリアを築けているかどうか」。Leo Sophiaを卒業した後も生涯続くような信頼関係・互恵関係を大切にしています。

本人事論を全社的に展開してまだ3ヶ月ちょっとですが、早くも社員からは「自分のキャリアプランをじっくり考えることで、今何をするべきなのか明確になった」「キャリアだけでなく今後の人生や生き方まで範囲を広げて考えるきっかけとなった」という声があがっています。

今後、導入して得られた効果、組織・社員の変化などを順次発信してまいります。

■会社概要

会社名 :株式会社LeoSophia(レオソフィア)
所在地 :本社 〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-13-1 フジキカイ広尾ビル7階
     支社 〒150-0013 渋谷区恵比寿1-21-10 えびすアシストビル3F
電話番号:03-6432-5980
事業内容:インターネットのホームページの企画、制作及び運営管理、各種情報提供サービス
資本金 :3,000万円
代表者 :内木場隼
設立  :2014年9月29日

■本件に関する問合せ・転載依頼先
株式会社Leo Sophiaー広報担当 永山葉月(ナガヤマハヅキ)
03-6432-5980/nagayama@leosophia.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Leo Sophia >
  3. 社員と企業が「互恵関係」で結ばれる新しい雇用ー終身雇用を前提としない人事論導入にLeo Sophiaが挑戦ー