地域のテイクアウト情報まとめサイトの共通プラットフォームを全国各地に無償提供開始

全国の飲食店応援プロジェクト、34地域版がオープン・開設から3週間で月間(換算)40万アクセス突破

福井県鯖江市では地域の飲⾷店のテイクアウト情報をまとめたポータルサイトを作成。同じく地域の飲⾷店の情報をまと
めて掲載することで、苦境に陥るまちの飲⾷店を助けたいと希望する⾃治体・地域に向けて、共通プラットフォームを無
料で提供する取組みを開始しました。4⽉30⽇時点で、すでに34地域版がオープン(近⽇予定含む)しており、全国
にこの取組みが広がっています。また、この取組に賛同し各地域版を⽴ち上げたい団体や有志を募集しています。
【はじめに】
日本テイクアウト応援隊(ヨミ:ニッポンテイクアウトオウエンタイ、事務局:株式会社わどう(福井県鯖江市、代表取締役:山岸 充))は、地域の飲食店のテイクアウト情報を閲覧、検索できるポータルサイト(共通ローカルプラットフォーム)を作成し、全国の地方自治体に向けて無料提供を開始しました。

この取組みは、新型コロナウイルスによる外出自粛で非常に厳しい状況に見舞われている地元地域の飲食店を「テイクアウト」で応援したいという想いから立ち上げたものです。

福井県鯖江市を皮切りに、県境を飛び越えすでにすでに34地域版がオープン(近日予定含む)。それぞれの地域版のサイトを立ち上げたい団体や有志を引き続き全国から募集しています。

【サービス提供の背景と目的】
この取組みの目的は、テイクアウト需要の拡大です。

<テイクアウト需要拡大の意義・目的>
・新型コロナ感染拡大リスクを減らす
・地域飲食店を守る
・地域経済をまわす

発起人が住む福井県鯖江市でも、「事業継続が危ぶまれる」「休業せざるを得ない」と言った飲食店からの声が多く聞かれるようになりました。そこで、まちのテイクアウト情報を集めたサイトを作り、情報を無償で掲載することで飲食店を救えないかと考えました。

 

 【経緯と結果】
私たちは、プロジェクト立ち上げから5日間で鯖江市版のまとめサイトをオープンしました。
・TAKE OUT さばえ(https://takeout-dish.com/sabae/

一刻も早く地域の飲食店を救うため有志で店舗を駆け回り、掲載を提案。また、テイクアウト需要そのものを喚起するために、テイクアウトの「見える化・魅力化」=「情報の蓄積・発信」が必要と考え、サイトへ多数の飲食店を掲載し、地元メディアやSNSによる拡散を行いました。
 

鯖江市版ではオープン時点で約30店舗の情報が掲載され、オープン後1週間のサイトへのアクセスは狭域向けサービスとしては異例の10,000アクセス以上にも上りました。(参考:鯖江市の人口 約68,000名/2020年1月現在)。そして直近1週間(4/23~4/29)の各地域版の合計アクセス数は90,000、開設から3週間で月間(換算)400,000アクセス以上となり、全国各地でのテイクアウトまとめ情報に対する関心の高さが伺えます。


弊社は、この仕組みを全国の自治体・地域に無償で提供することとし、他地域の行政や団体、有志の方からご連絡いただければ、その地域版のサイトを用意し、掲載管理システムと一緒に全て無料でお渡しすることとしました。

問合せは福井県内だけではなく全国から寄せられ、4月30日時点で34地域版がオープン(近日予定含む)しており、全国にこの取組みが広がっています。私たちはこの取組みを全国の地域に広め、このコロナウイルスにおける苦境を一丸となって乗り越えたいと考えています。
 

【サイトの特徴】
これは日本全体をひとつとした統一検索サイトではなく、実際のニーズを想定した市区町単位のローカルプラットフォームです。

<狭域ローカル特化の意義>
・短期で地元有志が密度の濃い情報を集められる(広く薄い情報にならない)
・地域の店舗を使うのは地域の人たち、つまりその地域の情報だけがあれば良い
・地元行政やメディアなどの協力を得やすい
 

【今後の展望】
各地域版サイトの整備と並行して、全国の情報をまとめた「TAKE OUT にっぽん」も5/3(日)頃リリースを予定しております。(予定URL:https://takeout-dish.com/

中長期的には、日本各地のテイクアウト情報のプラットフォームとして、コロナ収束後も地元飲食店を支える一助になることを期待しています。そのため、全国のテイクアウト情報を共通プラットフォームで統括しながらも、各地の運営チームが継続して情報の更新をし続けられる形を目指します。

【サイト運営について】
他地域の行政や有志の方からご連絡いただければ、その地域版のサイトを用意して掲載管理システムと一緒にお渡しが可能です。

店舗情報の掲載・編集には専門知識は必要ありません。当面はサーバー・ドメインも無料でお貸しします。少なくとも2021年3月までは完全無料で全てを提供し、それ以降のシステム・運営体制維持のために必要な経費の捻出方法は検討しています。

自分の地域のテイクアウト店舗情報まとめサイトを作りたい方は、以下のサイトからお問合せ、お申込みください。

<TAKE OUT さばえ 他地域での運営募集フォーム>
https://takeout-dish.com/sabae/give/

<運営者概要>
鯖江テイクアウト応援隊
発起人(代表):山岸 充
事務局  :株式会社わどう(代表取締役:山岸 充)
住 所  :福井県鯖江市日の出町7-42
電 話  : 050-5364-0504
わどうHP :https://wadowa.jp

<導入市町村一覧>
※2020年5月1日現在

<募集チラシ>
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社わどう >
  3. 地域のテイクアウト情報まとめサイトの共通プラットフォームを全国各地に無償提供開始