学術集会・研究会・講演会のオンライン化/IT化を支援するクラウド型サービスを30日間無料提供開始

学術集会運営に新たなITツール

学術集会等イベント開催を支援するConvention Cloud(コンベンションクラウド)合同会社(代表社員:田中 健太郎、URL: https://c-cloud.co.jp)は、学術集会等イベント主催者様向けに、イベントの事前準備・当日運営を総合的に支援するクラウド型のITツールの30日間無料提供を開始します。
■背景
学術集会等主催者様の多くは大学教授などが担当し、本業で多忙のため、学術集会の運営業務に集中することが難しい場面が多くあります。そのため、イベントの運営自体を外部の運営代行会社に委託することも一般的ですが、予算が合わないことも多くあります。さらに昨今のコロナ情勢でイベントの開催自体が危ぶまれる中、協賛も集まりづらく、外部委託に踏み切れないこともあります。

■Convention Cloudとは
そのような状況の中、学会・研究会・講演会の準備/運営業務を低価格かつ簡単にITで自動化し主催者、参加者双方の負担を軽減できるクラウド/SaaS型のITツールです。



具体的には以下の機能を備えており、それぞれの機能が連携しております。
  1. HP制作システム
  2. 演題募集システム
  3. オンライン査読システム
  4. プログラム編成システム
  5. 協賛募集管理システム
  6. 登壇依頼システム
  7. 各種委員会組織システム(アンケートフォーム作成 ・集計機能あり)
  8. 事前参加登録システム
  9. 当日のQRコード受付システム
 


今までのサービスと比較した特徴は以下の通りです。
  1. クラウド化による、月額15,000円(利用期間3ヶ月〜)の低価格を実現
  2. 各機能間の連携(例:演題募集→査読→登壇→HPへ掲載など)
  3. オンライン開催支援機能
  4. サブスクリプションモデルによる継続的機能改善、追加
■30日間無料トライアル
まずは機能お試しいただくべく、30日間の無料トライアルをご準備しております。お気軽にお試しください。

■開発の思い
開発者自身の実際の学術集会の運営代行の経験からコンベンション業界のIT化の必要性を感じておりました。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の中、イベント自体のあり方の変容、より一層のIT化/オンライン化が求められるようになっております。当社では学術集会等イベントが抱える課題を解決するため、今後も継続的にITを通じて社会貢献に努める所存です。

■お問い合わせ先
以下のURLからお気軽にお問い合わせください。
https://c-cloud.co.jp/inquiries/new

■会社概要
会社名:コンベンションクラウド合同会社
代表社員:田中 健太郎
事業内容:
・クラウド/SaaSシステム制作
・ホームページ制作
・各種イベント運営
・学術集会運営事務局
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コンベンションクラウド合同会社 >
  3. 学術集会・研究会・講演会のオンライン化/IT化を支援するクラウド型サービスを30日間無料提供開始