【8/4(火)開催】DataCurrent×CCI無料オンラインセミナー「今注目のゼロパーティーデータを語り尽くす」

〜ポストクッキー時代の顧客エンゲージメントとは〜

株式会社DataCurrent(本社:東京都中央区、代表取締役:中 哲成、以下DataCurrent)と株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、)は、オンラインセミナー「今注目のゼロパーティーデータを語り尽くす 〜ポストクッキー時代の顧客エンゲージメント〜」を、8月4日(火)に開催します。

是非ご参加ください。
https://www.datacurrent.co.jp/seminar-events/online-seminor20200804/#forms
 


昨今のブラウザによる3rd Party Cookieブロックの流れや、個人情報保護法改正を見据えた消費者のデータに関する透明性の観点から、データを活用した企業のマーケティングにも変化が求められています。中でも、企業が取得するデータに関して、消費者から同意を得たうえで提供される深い情報として「ゼロパーティーデータ」が注目され始めています。

本セミナーでは、ゼロパーティーデータに関する取り組みを最前線で行っているPIANO Japan様、Syno Japan様をお招きして、企業が自社環境にゼロパーティーデータをどのように構築・活用していくのか、という点にフォーカスし、具体的な事例も交えながら解説していきます。是非、ご参加ください。

■セミナー概要
セミナー名:
今注目のゼロパーティーデータを語り尽くす〜ポストクッキー時代の顧客エンゲージメント〜

開催日時:
2020年8月4日(火)16:00~17:15

会場:
オンライン(Zoomウェビナー)
※開催前日までに申し込みメールアドレス宛に視聴用URLをお送りします。

参加費:
無料(要事前登録)

お申込み:
下記 申込フォームより、8月3日(月)までにご登録ください。
https://www.datacurrent.co.jp/seminar-events/online-seminor20200804/#forms

対象:
  • 企業のデジタル戦略責任者・担当者様
  • 企業のマーケティング部門責任者・担当者様
  • 企業のIT部門責任者様、データ戦略責任者・担当者様

主催:
株式会社DataCurrent/株式会社サイバー・コミュニケーションズ


■プログラム
16:00~16:05 ご挨拶
第一部
16:05~16:15
ポストクッキー時代に向けて~消費者の意識変化~

クッキーなど消費者が時には無意識下で提供しているデータについて、
企業がそれを活用してマーケティングを行うことを消費者は
どう捉えているのか?
ゼロパーティーデータの必要性を消費者意識の側面から読み解きます。

株式会社DataCurrent 取締役 古田 誠
第二部
16:15~16:30
クッキーレス時代に取り組むべきこと

ITPやブラウザの制限等で、サードパーティーCookieを利用できない
世界への対応は待ったナシの状況です。
・これにより影響を受けることは何か?
・顧客とのエンゲージメントはどのように構築していくべきか?
・将来を見越して今まさに取り組むべきことは?
についてお話させて頂きます。

PIANO Japan株式会社 代表取締役社長 江川 亮一
第三部
16:30~16:45
次世代型マーケティングサービス
「ゼロパーティーデータ構築サービス」のご紹介


間近に迫ってきたポストクッキー時代に向けて、俄かに注目を集めている
「ゼロパーティーデータ」。どのようにすればこのゼロパーティーデータを
ビジネスに活用できるのか、ご紹介します。
・ゼロパーティーデータとは?
・ゼロパーティーデータをいかにビジネスに活かすか
・ゼロパーティーデータを構築するSyno Cloudのご紹介

株式会社サイバー・コミュニケーションズ データストラテジスト 丸田 健介
第四部
16:45~17:15
各社合同セッション(質疑応答含む)

ゲストスピーカー:
PIANO Japan株式会社 代表取締役社長 江川 亮一
Syno Japan株式会社 代表取締役 長野 草児

 



■登壇者PROFILE
  • PIANO Japan株式会社 代表取締役社長 江川 亮一 氏
2010年 Cxense(現PIANO Japan)の立ち上げから参画。1997年に日本オラクル株式会社に入社。その後も一貫してIT系の企業を渡り歩いたが、徐々にエンタプライズ系のシステムからWeb系の世界に興味を持つ。2006年よりエンジン大手のオートノミーやファストサーチ&トランスファーにて数々の著名ウェブサイトでの検索・レコメンデーション導入を支援。週末は息子の少年野球のコーチとして、朝から晩までグランドに立ち、たまにゴルフもしながらスコア-80台を目指しています。
 
  • Syno Japan株式会社 代表取締役 長野 草児 氏
グローバルの金融情報・産業調査、分析ソリューションを提供するHIS Markit日本法人の草創期に入社し、グローバルデータプラットフォームのキャリアをスタートする。以来、金融デリバティブの時価情報から、購買担当者景気指数などのマクロインデックス、B2C及びB2Bの消費者データまで、さまざまなデータのグローバルプラットフォーム構築に携わる。2012年にグローバルパネルマーケットプレイス開発会社Cint ABの日本代表に就任し、2016年より北欧発CDaaSスタートアップ企業Syno International UABの創業に参画。現在はSyno InternationalのAPAC統括、日本法人及びベトナム法人の代表取締役を兼任。
 
  • 株式会社サイバー・コミュニケーションズ データストラテジスト 丸田 健介
2007年サイバー・コミュニケーションズ(CCI)に入社。入社当初は様々な広告会社の営業担当としてメディアプランニングに従事。2008年より広告会社に出向し、飲料メーカー担当営業として、デジタルプロモーション全般の設計・実行を行う。2014年よりデータマーケティングの部署に異動し、様々な媒体社のDMP導入支援、データを活用した広告商品開発を行うことで、データを基にしたマーケティングを推進。
 
  • 株式会社DataCurrent 取締役 古田 誠
2008年CCI入社。ネット専業代理店営業を経て、総合代理店にて自動車、PCメーカーの広告プランナーとして従事。その後はCCIメディア部門にて大手EC他、新規メディアの立上げを複数経験。2017年よりCCIデータ部門にてコンサルタントとして、各社のDMP等のソリューション導入から 施策実行支援など、データを活用したプロジェクト推進に携わる。 2019年6月の株式会社DataCurrent設立に伴い出向、同社の営業部門責任者として活動。


■DataCurrentとは
生活者主体の考え方に基づくデータ活用を推進する専門会社として2019年6月3日に設立いたしました。 CDP導入支援のみならず、データ戦略設計から分析、広告配信、データプライバシーに関するアドバイザーサービス、情報銀行等の新事業立ち上げサポートまで お客様の課題に沿ったデータ活用推進に必要なサービスを一貫してご提供しています。

社名:株式会社DataCurrent
代表取締役:中 哲成
設立:2019年6月3日
本社所在地:〒104-0045 東京都中央区築地1-13-1 築地松竹ビル
URL:https://www.datacurrent.co.jp



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社DataCurrent >
  3. 【8/4(火)開催】DataCurrent×CCI無料オンラインセミナー「今注目のゼロパーティーデータを語り尽くす」