大気社、新型コロナウイルス感染リスク低減仕様 避難所用シェルター、「バリアーキューブ」を開発

~プライベート性の向上とウイルス感染リスク低減を同時に実現~

株式会社大気社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:加藤考二)は、災害時の緊急避難所用に、新型コロナウイルスの感染リスクを低減できる「バリアーキューブ」を開発しました。これにより、密になりやすい災害時避難所で高いプライベート性を確保しながら、ウイルス感染リスクの低減が可能となります。
開発の背景と狙い
 人が多く密集しやすい避難所においては、プライベート空間を確保しつつ、さらには新型コロナウイルスの感染リスクの低減が重要な課題となっております。これまでの避難所用シェルターは、カーテンやダンボールにより間仕切りを設けるタイプが一般的でしたが、大気社ではよりプライベート性の高い完全個室タイプを採用するとともに、当社の空調技術を取り入れ、内部の空気の高い清浄度を維持することで新型コロナウイルスの感染リスクの低減に有効なシェルターを開発しました。

バリアーキューブの特長・概要
 シェルター内の空気の高い清浄度を維持する仕組みとして、給気ファン付HEPAフィルター(High Efficiency Particulate Air Filterの略、高い空気清浄能を持つ超高性能フィルター)を備えていることが最大の特長です。また、完全個室型であることにより、室圧をプラス圧に保つことで、フィルターを設けた給気口以外から外気が侵入することを防ぐことができるという、高いウイルス感染リスク低減性能を有しています。あわせて、排気口にも外部の清浄度を保つためのフィルターを設けており、個々のシェルターにおける空気のろ過を通じて、シェルターを設置する建屋空間全体の空気をろ過する効果が得られるメリットもあります。
 構造体はプラスチック段ボール製の組み立て式で、2人で組立作業を行う場合に要する時間は1シェルター当たり約3分と、スピーディーな避難所の設営が可能です。
 また、プラスチック段ボールは高い耐久性、耐薬性、耐水性を有しており、「何度も繰り返し使える」「除菌処理(表面に除菌スプレーをかけるなど)が可能」といった性能を有しています。さらに、採光性も高く、閉塞感を感じにくいことも特長です。
 室内には、折り畳み式で簡単に収納できるベッドを設置。ベッド下は収納スペースとなっており、AC110VコンセントとUSBポートがついたポータブルバッテリーが設置されているため、必要に応じて夏は扇風機、冬は電気ヒーターを設置することができ、またスマートフォンなどの充電も可能です。(バッテリー容量、サイズについては各種あり相談可。予備バッテリーについても相談可。)
 収容人数については、大人1人での利用を標準とし、ベッドサイズの変更により大人2人と小さい子供1人であれば同室利用が可能です。

梱包サイズ
・プラダンケーシング:1990×1080×270 約35kg
・ベッド:990×990×100 約18kg
・備品(ファン、ファン架台、バッテリー、照明(ランタン)、警報機、マットレス、収納ボックス):1040×1260×390 約20kg

【免責事項】
 本製品は、HEPAフィルターを通した清浄空気を供給して、給気口以外からシェルター内への外気流入を抑制する目的の製品であり、完全な外気流入防止もしくは感染防止を保障するものではありません。

■外観/フロー

 

 

株式会社大気社について
 大気社は、エネルギー・空気・水に関わる先進技術で、人の暮らしやモノづくりに最適な環境空間を創造するエンジニアリング集団です。創業以来100年以上の歴史に裏付けられた、省エネ・環境負荷低減を主軸としたソリューション技術と、世界に広がるグローバルネットワークの強みを生かし、お客さまの環境課題の解決と、豊かな地球環境を未来へ引き継ぐことに貢献しています。

【報道関係からのお問い合わせ先】
株式会社大気社 管理本部 企画・広報課
TEL:03-5338-5052 FAX:03-5338-5195 E-mail:mailmast@taikisha.co.jp

【お客様からのお問い合わせ先】

株式会社大気社 塗装システム事業部 オートメーション事業所 営業部
TEL:046-253-8837
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 大気社 >
  3. 大気社、新型コロナウイルス感染リスク低減仕様 避難所用シェルター、「バリアーキューブ」を開発