伝統工芸を未来と世界に。伝統工芸学生アンバサダー事業「とらくら」を正式リリース。同時に、各都道府県の学生アンバサダー3名の追加募集を開始。

伝統工芸を未来と世界に伝えるべく、「Z世代✖︎伝統工芸」という新たな視点から伝統工芸の魅力を発信するアンバサダー事業をリリース。

新しい文化提案事業を手がけるculture-techスタートアップ、株式会社wakonart(本社:大阪府堺市、代表取締役:白江勝行)は、2021年2月20日、一般社団法人伝統文化デジタル協議会(本社:福岡県福岡市、代表:平井みどり)と共同で「Z世代✖️伝統工芸」という新たな視点から伝統工芸の魅力を発信する学生アンバサダー事業「とらくら」を正式にリリース。同時に、各都道府県の学生アンバサダーをそれぞれ3名限定で追加募集を開始。
  • 今、日本の伝統工芸は岐路を迎えている

日本政策投資銀行が2018年に発表した『地域伝統ものづくり産業の活性化調査』(以下,資料参照)によると、1980年頃に生産額がピークを迎えた。それ以降、バブル崩壊による不景気や安価な海外製品の台頭、ライフスタイルの変化によって生産額は年々減少。現在はピーク時と比較すると5分の1、約1,000億円程度の生産額に落ち込んでいる。

 また、従事者の高齢化も深刻化。経産省の公表によれば、平成21年度の時点で50歳以上の従事者の割合は64%、30歳未満が5.6%となっている。長年受け継がれてきた技術や精神を継承する人が圧倒的に不足している。

『地域伝統ものづくり産業の活性化調査』
https://www.dbj.jp/topics/region/industry/files/0000030626_file2.pdf
 

  • 伝統工芸のデジタル化、鍵はZ世代

「Z世代」は1996年から2012に生まれた世代を指し、アメリカでは人口の4分の1を占める。そんな将来の消費社会の中心となるこの世代は独特な価値観や消費行動を取るため世界中のマーケターが注目している。JETROのレポート『次世代を担う「ミレニアル世代」「ジェネレーション Z」 -米国における世代(Generations)について-』(以下,資料参照) から一部抜粋すると、Z世代の大きな特徴は以下の5つ。

  1. テクノロジー依存
  2. コミュニティを重視
  3. 活発にボランティア活動に参加
  4. 起業意欲が高い
  5. 現実/実利主義

つまり、Z世代はデジタルネイティブかつ多様性を重んじ、表面的なブランドより日常に根差したリアルさや本物を重視する傾向にある。伝統工芸はこれまで伝統を重んじ、日常生活に馴染むように形を変え、継承されてきた。Z世代のこの消費の価値観と伝統工芸はまさに合致する部分もあり、未来に繋ぐために鍵となってくると言える。

『次世代を担う「ミレニアル世代」「ジェネレーション Z」 -米国における世代(Generations)について-』
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/02/2018/ec095202b7547790/ny201810.pdf
 

  • 伝統工芸学生アンバサダー とらくらとは

とらくら とは、(一社) 伝統文化デジタル協議会と(株)wakonartが共同運営する伝統工芸学生アンバサダー。とらくら は traditional craft の略称。「伝統工芸」という言葉には「難しい」「堅い」と言ったイメージがあると感じる。そこで、とらくら という新しい言葉を作ることで、より伝統工芸を身近に感じて欲しい、そういう思いを込めた。とらくら には、伝統工芸を未来に繋ぐべく、全国から共通の「想い」をもった学生が集結する。そして若者の目線で伝統工芸の思想の深さをデジタルを通して世界に発信し、業界全体のDXの後押しをする。同時に、学生自身も伝統工芸への理解を深め後世に継承する目的がある。

具体的には、伝統工芸エバンジェリスト育成講座「とらくらCollege」と 伝統工芸のメディア事業「とらくら」を行う。中長期的には、Z世代向け商品開発「Z工房」やその他イベント運営、最終的にはコミュニティから「D2C」や「その他新規事業」のインキュベーション支援を行う。伝統工芸品市場は過去40年で80%生産額と従事者数が減少してきた市場。一方、世界的には日本の伝統工芸に対する評価が上昇傾向にある。伝統的なものづくりである伝統工芸の持つ「技術・精神・歴史」の情報を正しく伝え、伝統工芸を保護・革新させる、継承させる役割を担うのがこの組織である。

2021年2⽉12⽇に実施した「第1回 とらくらCollege (⼯芸の定義を考える)」の様⼦2021年2⽉12⽇に実施した「第1回 とらくらCollege (⼯芸の定義を考える)」の様⼦

 

 

(株)wakonartが実施した学⽣による取材企画の様⼦ (メディア事業のイメージ参考(株)wakonartが実施した学⽣による取材企画の様⼦ (メディア事業のイメージ参考

 
  • とらくら代表 兼 wakonart 代表取締役白江のメッセージ

とらくら代表 兼 wakonart 代表取締役 ⽩江勝行(大阪府立大学経済データサイエンス専攻3年)右から2番目とらくら代表 兼 wakonart 代表取締役 ⽩江勝行(大阪府立大学経済データサイエンス専攻3年)右から2番目

伝統工芸の市場をマクロで見ると斜陽産業です。一方ミクロで見ると、高度な技術を持った職人やユニークな商品づくりを行う工房はたくさんあります。実際に生産地に行き職人や工房の熱量、そして度肝を抜く工芸と出会ってきました。職人の精神、技術、素材全てにこだわり洗練された工芸はこの大量生産・大量消費の社会、また文明の発達による便利さだけを追求する社会とは相反するものでした。しかし、こういった情報は現地に行かないとわからない部分も多いです。デジタル化の急速な進展により選択可能な情報は2000年代に入って、数百~千倍以上に増えました。そんな情報の大量供給社会で取り残されてしまった、工芸の背景にあるストーリーをデジタルネイティブなこのZ世代アンバサダーが消費者に届けます。伝統工芸のDX、継承の部分で大きく貢献したく思います。


詳しくは、https://note.com/wakonartceo/n/n4ab01b86a567 参照

  • 一般社団法人伝統文化デジタル協議会 平井のメッセージ

 

(⼀社)伝統⽂化デジタル協議会 代表 平井みどり(⼀社)伝統⽂化デジタル協議会 代表 平井みどり

 2019年5月に設立した(一社)伝統文化デジタル協議会ですが、この度、同じ想いを持つ全国の大学生組織「とらくら」を運営することといたしました。「とらくら」は、学生自ら伝統文化・伝統工芸継承について考え、行動していく学生部隊です。コロナ禍のもと、これまでの夏祭りや地域のお祭りは相次いで中止になりましたが、新しい生活様式の中で、新しい形での開催が模索されています。伝統文化は、何百年も昔からその土地の歴史・文化・風土により育まれ、承継されてきたもので、地域を語るには欠かせない財産です。その物語をみんなで共有し、次世代へと伝えていく工程において、デジタルネイティブの彼らの力はとても大きなパワーです。若い感性あふれる彼らの発想力と実行力に新しい伝統文化の未来を重ね、日本の伝統文化を世界へ、そして未来へ繋いでいきたいと思っております。

  • 立ち上げメンバーとして個性豊かな学生16名が集結

 本コミュニティリリースにあたり、事前に立ち上げメンバーを募集。個性豊かな16名の学生が集結し、すでに熱量の高いコミュニティが形成されている。

2021年1⽉26⽇に実施した「とらくら発起会」の様⼦2021年1⽉26⽇に実施した「とらくら発起会」の様⼦

 

 

  • 副代表 吉村萌 (立教大学観光学部2年)

副代表 吉村萌 (⽴教⼤学観光学部2年)副代表 吉村萌 (⽴教⼤学観光学部2年)

皆さんは伝統工芸品にどのようなイメージを持たれていますか。小難しい・地味・高価といったイメージがあるかもしれません。しかし、伝統工芸品も時代とともに変化しており、現代アート的な側面も持ちます。現代アートと聞くとイメージは一転してかっこいい・先進的と言った言葉が浮かぶのではないでしょうか。私は伝統工芸品がこのようなイメージを持たれてしまっているのはこれまでのコミュニケーションの問題だと考えています。伝統工芸品が持つ魅力は現代でも通用すると確信しています。私達なりの新たなコミュニケーションを皆様と行い、伝統工芸品がより身近な存在になることを目標にこれから取り組んで行きます。その一歩として伝統工芸品と別称として「とらくら」が広まればいいなと思います。とらくらでは全国の日本文化に関心のある学生が集い、できることを見つけ、進めていきます。伝統工芸品が持つ日本人独特の「わびさび・四季を感じる」といった考え・文化を継承していきます。デジタルを通し、工芸品に新しい風を吹かせていきます。よろしくおねがいします。
 

  • コミュニティマネージャー 山田璃々子 (慶應義塾大学環境情報学部2年)

コミュニティマネージャー ⼭⽥璃々⼦ (慶應義塾⼤学環境情報学部2年)コミュニティマネージャー ⼭⽥璃々⼦ (慶應義塾⼤学環境情報学部2年)

伝統工芸品と私の出会いは茶道にあります。お茶会で立礼席にしつらえられた「富士釜(口が小さく、肩から胴にかけて裾が広がり富士山の姿に似た形の釜)」を見た時、心がうるおう感覚を抱きました。自然から着想する伝統工芸品には、ありのままを受け容れる深いこころが内包されていると思います。例えば「さび」を汚れではなく経年による変化として受け止める。そんなうつろう素の状態に私たち人間は照らされ、つい感性が拓くのではないでしょうか。今回、伝統工芸品の生まれの地に赴き、発信する機会に恵まれたこと、大変光栄に思います。等身大で抱く気持ちを大切に皆さまへお届けします。よろしくお願いいたします。

 

  • 文化・DX・コンサルティング領域の有識者が顧問・アドバイザーとしてサポート

藤原 洋 ⽒ :(株)ブロードバンドタワー代表取締役会⻑兼社⻑CEO/(株)インターネット総合研究所代表取締役所⻑ 最⾼経営責任者/(⼀財)インターネット協会 理事⻑藤原 洋 ⽒ :(株)ブロードバンドタワー代表取締役会⻑兼社⻑CEO/(株)インターネット総合研究所代表取締役所⻑ 最⾼経営責任者/(⼀財)インターネット協会 理事⻑

⼩⼭ 政彦 ⽒:(株)⾵⼟ 代表取締役会⻑/(株)船井総合研究所 元代表取締役会⻑⼩⼭ 政彦 ⽒:(株)⾵⼟ 代表取締役会⻑/(株)船井総合研究所 元代表取締役会⻑

 

 

⻑⾕川 裕⼀ ⽒:(株)はせがわ 相談役⻑⾕川 裕⼀ ⽒:(株)はせがわ 相談役

 

平 強 ⽒:タザン インターナショナル 代表平 強 ⽒:タザン インターナショナル 代表

 

 

安浦 寛⼈ ⽒:前九州⼤学理事・副学⻑/(公財)福岡アジア都市研究所理事⻑安浦 寛⼈ ⽒:前九州⼤学理事・副学⻑/(公財)福岡アジア都市研究所理事⻑

 

森⼾ 裕⼀ ⽒:総務省地域情報化アドバイザー/内閣官房シェアリングエコノミー伝道師/サイバー⼤学教授/名古屋⼤学・熊本⼤学⼤学院客員教授/(⼀社)⽇本デジタルトランスフォーメーション推進協会代表理事森⼾ 裕⼀ ⽒:総務省地域情報化アドバイザー/内閣官房シェアリングエコノミー伝道師/サイバー⼤学教授/名古屋⼤学・熊本⼤学⼤学院客員教授/(⼀社)⽇本デジタルトランスフォーメーション推進協会代表理事

 

※他にも様々な業界の有識者の方々からサポートをいただいております。
 

  • 各都道府県の学生アンバサダーを3名限定で追加募集開始

本コミュニティリリースにあたり、新たに各都道府県の学生アンバサダーを3名限定で追加募集を開始。以下5つに当てはまる学生のエントリーを募集。

  1. 伝統工芸業界を盛り上げたい
  2. 日本文化が好き
  3. 伝統文化をDXやアートなど新しい分野と掛け算して盛り上げたい
  4. 伝統工芸でユニークな商品開発をしたい
  5. 全く知られていない工芸を探して後世に伝えたい

認定アンバサダーには「限定FBグループへの招待」「不定期で開かれる勉強会」「工房見学・取材」など、コンテンツ盛り沢山のコミュニティに招待。
 

  • 伝統工芸学生アンバサダーとらくら エントリー方法

「とらくら」の参加条件 (約束事項)
1、18歳〜25歳の学生(大学院、専門学校可)
2、伝統工芸の未来に可能性を感じ最前線で活動したい人  
3、まずは半年間、連絡が途切れず一定のコミット(週3~5時間ほど) ができる人

不明点や質問は、代表白江のtwitter DMまで
https://twitter.com/4zizimaro
 

 
  • <運営会社>
  • 株式会社wakonart
  • 代表者:白江勝行
  • 所在地:〒599-8107
  • 大阪府堺市東区白鷺町1丁6-10 305号
  • 設立:2020年8月7日
  • URL:https://www.wakonart.co.jp
  • 事業:伝統工芸に特化したコミュニティ事業・海外進出支援事業・観光OMO事業
 
  • <運営会社>
  • 一般社団法人伝統文化デジタル協議会
  • 代表者:平井みどり
  • 所在地:〒810-0041
  • 福岡市中央区大名2丁目6-11 Fukuoka Growth Next 内
  • 設立:2019年5月23日
  • URL:https://tcdc.jp
  • 目的:デジタル・トランスフォーメーションで日本の伝統文化を未来と世界へ伝える

 

  • 本リリースに関するお問い合わせ
  • 「とらくら」 お問い合わせ窓口
  • Mail:torakura.info@gmail.com
     
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社wakonart >
  3. 伝統工芸を未来と世界に。伝統工芸学生アンバサダー事業「とらくら」を正式リリース。同時に、各都道府県の学生アンバサダー3名の追加募集を開始。