【NewOPEN】世界から取り寄せられた珍しい植物だけを販売する男前植物専門店「植物BASE」大阪府茨木市

植物愛好家のニーズにお応えする資産価値の高くてとにかくかっこいい植物館

植物BASE(大阪府茨木市)は日本には生息しない南アメリカ・メキシコ・東南アジア・南アフリカ・ヨーロッパなどの成長が遅く、比較的育てやすい、資産価値のある植物を10月9日より店舗にて販売しています
現在、ネットでの購買が普及してきており、植物愛好家の本音は「安心してずっと付き合っていける地域密着店がほしい」というニーズがあります。植物BASEはこのニーズに答えるため、ネットショップではなく美術館のような内装に仕上げ、リアルな男前植物を見てもらおうとリアル店舗をOPENしました。

植物の仕入れ先も様々ですが当店のこだわりは輸入後「根」が安定するまで(2週間~6か月程度)市場にださないということ。実は輸入してすぐの植物は数々のストレスを抱えています。原因も様々ですが日本に到着するまでは元気に育っていたものも大きな環境の変化によって枯れてしまうものも少なくありません。しっかりとプロが見極め、本当に価値のある植物たちを提供していくよう心がけております。

亀甲竜の変異珍株 日本に5本!?亀甲竜の変異珍株 日本に5本!?


「生きているうちに出会えない植物に出会える」
植物の樹齢は長いものだと300年ほど生きているものも存在します。(当店内の植物)オリーブなどは古木で有名ですが、そのほかユッカロストラータなどのリュウゼツラン系やグラキリスやパキプスなどのコーデックス系も樹齢が長いといわれています。逆に言うと枯れにくく育てやすいとも言えます。レアな植物を見ると少しだけ今見ている世界観が変わるので購入しないまでも是非一度ご覧になってみて下さい。

古木オリーブはスペイン産・グラキリスはマダガスカル産古木オリーブはスペイン産・グラキリスはマダガスカル産


「ある意味投資」
例えば今人気のあるコーデックス系の代表格パキポディウム・グラキリスは実生5年程度のものが流通しており価格は5000円~10000円程度。実生10年を超えるあたりからは樹形にもより金額も高騰しますが高いものは15万円ほどの値を付ける個体も存在するほどです。銀行に5000円を預けていても雀の涙。今時5000円程度の投資で5年間で15万円まで膨れるものはギャンブル性が高いものが多いので手が出しにくいですよね・・汗 
そういった意味では生育の知恵のみをつけてしまえばいい投資材料にもなりえますよ。
人気や流行りによって左右されにくい植物やおすすめ商品は店頭にて・・。

「オーナーの開店意図」
株式会社近畿エクステリア 代表取締役 成重祥平(なりしげ しょうへい)昭和58年5月14日生まれ
造園施工管理技士・エクステリアプランナーでもあるオーナーの成重が「植物BASE」を開店しようと思った一番のきっかけは植木に対する思いでした。昨今の日本の住宅は植木を植える人が少ないと感じ続けて早15年。輸入植物の品種改良など目新しいものを導入することで少しは持ち直した時期もありました。しかしながらいまだに庭木はシンボルツリーのみというご家庭が多く存在しています。「シンボルツリー自体もカッコよくしたい!」「成長の遅い育てやすい植物を提案したい」という思いからまずは植物を知ってもらい共に生きる大切さも学んでもらえればと思い開店に向け迷いはなかったそうです。植物を通していろいろな国や文化、環境などにも興味を持ってもらえるといいですね。

Instagram   植物BASE @plants.base
        オーナー   @kinki_nari
ネットショップ https://nakatsu.theshop.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社近畿エクステリア >
  3. 【NewOPEN】世界から取り寄せられた珍しい植物だけを販売する男前植物専門店「植物BASE」大阪府茨木市