Transformative Trip®のナレッジを提供し、新たな旅のトレンドを|ANAの呼び声で「旅と学びの協議会」に参画

ANAホールディングスの呼びかけで集った有識者・団体と、旅と学びのプログラムを共創、発信します。

「旅と学びの協議会」(事務局:ANAホールディングス株式会社)の第一期会員に26の企業、教育機関、自治体等の参加が決定しました。


SHIFT-x, Ltd.(本社 東京都、CEO 村上卓)は、「旅と学びの協議会」に第一期会員として参画いたしました。



◤有識者と26の団体で構成◢

本協議会は、ANAHDが4名の有識者を迎え、昨年6月に設立されました。教育工学・幸福学・観光学の視点から、旅の効用を科学的に検証し、旅を社会人教育および学校教育の次世代手法としての有効活用を提言することを目的としています。

●代表理事:立命館アジア太平洋大学 学長 出口治明氏、
●理事:東京学芸大学大学院准教授・スタディサプリ教育AI研究所所長 小宮山利恵子氏
●アドバイザー: 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授 前野隆司氏
●アドバイザー:駒沢女子大学観光文化学類准教授 鮫島卓氏


次いで、第一期会員として26団体が参画し、昨年10月より「旅の教育プログラム開発」、「旅に関するデータの科学的検証」、「協議会の活動の発信」を推進しています。

●企業:鉄道・通信・広告・観光・教育・航空などの業界より14社
●学校教育機関:私立中高学校より5校
●自治体・NPO:地方自治体や政府観光局、NPO法人より7団体
 



◤検討中のテーマ◢

以下の大きく4つのワーキンググループにて、各テーマの検討を進めています。
 




◤弊社の参画について◢

弊社は「Transformative Trip®」として、デンマークやポートランド、カンボジアなど、海外での「旅 × 学びのプログラム」を開発し、提供することをこれまでも行ってまいりました。
そのノウハウを本協議会にて共有し、より効果的な学びのデザインがなされた旅を創造していくことに貢献してまいります。
現在、ウェルビーイングなライフシフトの学びを提供する「屋久島でのワーケーションプログラム」の開発、コロナ禍以降の社会で求められる学びを提供する「海外での新たなプログラム」の開発をはじめ、具体的な検討をはじめています。

▶ 弊社デザインによる「Transformative Trip®」
 https://www.shift-x.design/xt
 

SHIFT in Portland|SHIFT-x による米国ポートランドでのトランスフォーマティブ・トリップSHIFT in Portland|SHIFT-x による米国ポートランドでのトランスフォーマティブ・トリップ

 

[breath] |SHIFT-x によるカンボジアでのトランスフォーマティブ・トリップ[breath] |SHIFT-x によるカンボジアでのトランスフォーマティブ・トリップ

 

 



◤シンポジウムを開催します◢

本協議会 第一期の活動内容紹介等を目的としたシンポジウムを、オンラインにて開催いたします。

●日時:2月16日(火) 16:00~18:00
●申し込み:旅と学びの協議会WEBサイトより
 https://ana-conference.com
●費用:無料
●実施内容:
・実施目的について(ANAHD 事務局)
・開会の挨拶(理事 小宮山利恵子氏)
・基調講演(アドバイザー 鮫島卓氏)
・各テーマの取り組みについて紹介(各ワーキンググループ)
・第2期会員募集に関するご案内
・閉会の挨拶:5分(ANAHD 事務局)
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SHIFT-x, Ltd. >
  3. Transformative Trip®のナレッジを提供し、新たな旅のトレンドを|ANAの呼び声で「旅と学びの協議会」に参画