戦略的パートナーシップ締結に関するお知らせ

この度、BMC Group VDR LLC(本社:米国カリフォルニア州Hawthorne、CEO:Sean Allen)は日本国内におけるSmartRoomの販売及びサポートに関して、バディーズ株式会社(本社:東京都港区赤坂3-10-2、代表取締役:堀 秀行)と戦略的パートナーシップを締結することとなりました。
VDR(バーチャルデータルーム)は、デジタル文書を共有するためのクラウド上の仮想的な空間で、M&Aを始めとするビジネス上の重要局面における機密情報の共有を目的に使用されています。

SmartRoomの特徴は、従来のVDRに比べ金融機関並の高度なセキュリティーを有しつつユーザー指向のプラットフォームを提供しており、様々なデジタル端末上で簡単にファイルのアップ・ダウンロード、アクセス履歴の表示、データの編集等を可能としております。また、プラットフォームは多言語に対応しており、クロスボーダーのプロジェクトなどでも重宝されております。

 
■戦略的パートナーシップ締結の目的
本パートナーシップ締結により、BMC Groupとバディーズ株式会社は、SmartRoomによるプロジェクトのサポートをさらに強化いたします。これまで弊社が世界各国で提供してきた情報共有におけるソリューションを、日本国内及びクロスボーダーにおいても同レベルのクオリティーで提供することが期待できます。

詳細につきましては、下記ホームページサイトからもご確認いただくことが可能となっております。
URL:www.smartroom.com(英語サイト)
www.smartrm.jp(日本語サイト)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BMC Group VDR LLC >
  3. 戦略的パートナーシップ締結に関するお知らせ