【産後女性の骨盤ケアをサポートする『マジカルシェリー』】マタニティマークとのタイアップ広告を都営地下鉄にて2021年11月まで掲出

履くだけカンタン骨盤ケア!産後女性のボディケアをサポートします。

株式会社Ten Burger(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:里祐一)が販売する骨盤ショーツ『マジカルシェリー』は、マタニティマーク(運営:厚生労働省 国民運動計画「健やか親子21」推進検討会)とのタイアップ広告を都営三田線にて掲出開始したことをお知らせいたします。

 

 『マジカルシェリー』は、産後女性の骨盤サポートを行うことを通じて、産後も美しくありたいという女性の思いを実現し、ママになっても輝ける社会の実現を応援しています。このたび、妊産婦および小さなお子様をお持ちのママさんにとってやさしい環境づくりの推進をサポートしたいという想いから、マタニティマークとのタイアップを実施いたしました。ママになることに希望を持ち、ママになっても美しく輝くことができる社会を目指して、株式会社Ten Burgerは、女性の活躍を支援してまいります。




■マタニティマーク×マジカルシェリー タイアップ広告実施概要
 





掲出期間: 2021年11月30日まで

掲出路線:都営三田線車両(1編成)
掲載場所:優先席エリア



■マタニティマークについて

 妊産婦が公共交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくし、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するためのマークです。国民運動計画「健やか親子21」推進検討会において、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し、発表されました。まだまだ認知度が低いマタニティマークの普及について、広告を使って促進していくことで、より妊婦さんに優しい社会作りを応援していきます。

 

 

■マジカルシェリーについて


 『マジカルシェリー』は、履くだけで骨盤ケアのできる当社オリジナルの骨盤ショーツです。一般社団法人 美容整骨協会 認定美容整骨師で整体師の大坪秀一郎先生監修の製品で、整体のメソッドをご自宅で簡単に体感していただけます。
 商品名の『マジカルシェリー(Magical Sherry)』の「Sherry」は、「Shape:形」「Correct:矯正」「Body:身体」の三つの言葉から生まれました。 また、フランスで同じ読みの 「cherie」には「かわいい女性」という意味があり、「かわいい(美しい)女性になるための魔法をかける」という私たちの想いを製品名に込めました。

【マジカルシェリーの特徴】
・お腹、太もも、お尻、骨盤に適度な着圧をかけることで、見た目のシルエッ
 トを変え、本来の姿に導く。
・特殊繊維を採用しており、高い吸放湿性によって一年中ムレずに快適に着用
 できる。
・生地に銀を配合してあるため、消臭効果がある。
・使用者の9割以上から高い満足を得ている。
 


公式サイト:https://andyell.com/

販売開始年:2018年
価格:4,378 円(税込)
販売元:株式会社Ten Burger



■マジカルシリーズについて


マジカルシリーズは、『女性の人生を応援する』補正下着のブランドです。ブランド名にはボディラインに魔法をかけて女性の美しさを引き出し、生き生きと輝く人生を提供したいという私たちの想いが込められています。
骨盤ショーツの『マジカルシェリー』をはじめ、理想のバストとウエストラインを追求する『マジカルマスリーボディシェイパー』、上半身全体をカバーする『マジカルボディスリマー』、着圧タイツの『マジカルプレミアムスレンダー』と『マジカルレギー』の5商品をラインナップしています。2016年の発売から、シリーズ累計で145万枚の販売を達成しました。


 

■株式会社Ten Burgerについて
所在地:東京都目黒区東山3-12-4 ナカミ東山ビル3F
代表者:代表取締役社長 里祐一
設立日:2015年2月
資本金:3,000,000円
事業内容:女性向け補正下着、医薬部外品、サプリメント等の販売
コーポレートサイト:http://tenburger.jp/
通販サイト &YELL:https://andyell.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TENBURGER >
  3. 【産後女性の骨盤ケアをサポートする『マジカルシェリー』】マタニティマークとのタイアップ広告を都営地下鉄にて2021年11月まで掲出