『花より男子』がタイで実写ドラマ化決定

今年11月から撮影開始、2021年夏にタイでテレビ放送予定

1992年から2004年まで少女漫画誌「マーガレット」(集英社)で連載されていた『花より男子』(著:神尾葉子)が、タイで実写ドラマ化(タイトル『F4 Thailand / Boys over flowers』、全16回)されることが決まりました。実写ドラマを制作するのはタイの制作会社、GMMTV。監督はオー・パッター=トーンパーンが決まっています。著作権マネージメントや知財コンサルティングを手掛ける株式会社AKATSUKI(東京都新宿区、代表:熊谷拓也)の仲介およびローカライズプロデュースにより、作者や著作権を管理する集英社と制作会社との間で、実写ドラマ化に関する契約を行いました。
このたび、1992年から2004年まで少女漫画誌「マーガレット」(集英社)で連載されていた『花より男子』(著:神尾葉子)が、タイで実写ドラマ化(タイトル『F4 Thailand / Boys over flowers』、全16回)されることが決まりました。実写ドラマを制作するのはタイの制作会社、GMMTV。監督はオー・パッター=トーンパーンが決まっています。著作権マネージメントや知財コンサルティングを手掛ける株式会社AKATSUKI(東京都新宿区、代表:熊谷拓也)の仲介およびローカライズプロデュースにより、作者や著作権を管理する集英社と制作会社との間で、実写ドラマ化に関する契約を行いました。

©️ 神尾葉子・集英社/GMMTV©️ 神尾葉子・集英社/GMMTV


●『花より男子』について

「マーガレット」(集英社)で 1992年から 2004年にかけて連載された少女漫画。日本国内でのアニメ化、ドラマ化、映画化に止まらず、韓国、中国でも実写ドラマ化をされている。恋愛ストーリーで、著者は神尾葉子の作。単行本は全37巻。第41回小学館漫画賞受賞 。

 


●制作会社について
会社名はGMMTV Co.,Ltd(略称:GMMTV)。タイでテレビ制作やタレントエージェントなどを行うエンターテイメントコングロマリットである「GMM Grammy」の子会社で、テレビドラマ、ミュージックビデオなどの映像制作を手掛けている。本社はバンコク。代表者はサタポン・ファニクラクサポン。

 


●『花より男子』タイ実写版のスタッフ
監督 オー・パッター=トーンパーンO-PATTHA THONGPARN
ラブコメ、学園もの、ホラーからミステリーものまで幅広いジャンルの作品を手がけ軒並み高い評価を得ている新進気鋭の監督。
2018年に制作した『The Gifted』は同年のタイの若年層での最高視聴率を記録し、続編の制作も決定するなど若い世代を中心に絶大な支持を集めている。
 

 

●お問い合わせ先
会社名:株式会社AKATSUKI  廣瀬
連絡先:TEL 03-6380-4863 / FAX 03-6380-4864  E-mail:info@akatsuki-corp.com

<AKATSUKI会社概要>
URL:https://akatsuki-corp.com
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-13 八洲学園ビル 4階
設 立:2012年9月11日   資本金:¥16,500,000   代表取締役:熊谷拓也
事業内容:著作権マネージメント、プロモーション支援、WEBマーケティング&ソリューション
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社AKATSUKI >
  3. 『花より男子』がタイで実写ドラマ化決定