京都初!京大学生ベンチャー、テラスペースがけいはんな学研都市の京田辺市に宇宙機開発室を開設

〜IoTを使った防災のための超小型衛星の開発を目指す〜

■概要
人工衛星の企画・開発を行う京大学生ベンチャー企業、テラスペース株式会社(本社:京都市左京区、代表取締役:北川貞大、以下、テラスペース)は、京都初となる宇宙機開発のためのラボをけいはんな学研都市の京田辺市に開設しました。
2022年には当社最初の人工衛星の開発を完了させ、同年の打上げを目指します。
宇宙機開発室 開設背景
近年、SpaceXやRocketLabといった民間企業によるサービスが開始されることで、ロケットの打上げ費用は劇的に安くなり、打上げ機会も増えています。今や宇宙は国家レベルだけではなく、民間企業単位で利用できるフィールドとなり、ビジネスに、レジャーにと、宇宙は身近なものへとなりつつあります。さらに、人工衛星も安価に製造できるようにすることで、宇宙利用はより身近なものとなり、国内の航空宇宙産業の発展にもつながります。そのために、テラスペースは、民間企業であることのメリットを活かし、低価格かつ短納期で納品できる、量産型超小型人工衛星を開発・製造します。まずは、2020年11月12日に京都府初の宇宙機開発室を京都府京田辺市に開設いたしました。

■宇宙機開発室について
多くの人工衛星開発プロジェクトに関わったエンジニアが常駐し、2021年初頭に人工衛星開発設備を整え、
2021年には開発室内にて人工衛星の組上げを開始します。人工衛星の組上げ状況は秘匿部分を除き、「人工衛星見学会」といった形で公開を行います。そして、2022年には当社最初の人工衛星の開発を完了させ、同年の打上げを目指します。この人工衛星はIoT衛星としての機能を持ち、携帯電話やwi-fiの電波の届かない、山間部や海洋部の災害対策にも役立てる予定です。平行して2号機の組上げを実施すると共に衛星運用局を開局し、2023年には2号機の打上げを計画しています。

■テラスペース株式会社概要
カゴヤ ・ホールディングス株式会社(本社:京都府京田辺市、代表取締役:北川貞大)は、世界遺産 京都 醍醐寺(総本山:京都市伏見区、座主:仲田順和)と、2020年2月4日より、人工衛星の製作、打上げ、運用のサポートを行うテラスペース株式会社を設立し、2020年11月12日京都府京田辺市に宇宙機開発室を開設いたしました。

社名     テラスペース株式会社
代表者    代表取締役 北川 貞大
◉本社所在地 
〒606-8501 
京都市左京区吉田本町36番地1
京都大学国際科学イノベーション棟104
KUViC内
◉宇宙機開発室所在地
〒610-0334
京都府京田辺市田辺中央1丁目5-5
橋本ビル2-C
        
設立    2020年2月4日
事業内容  人工衛星の企画・開発・販売
資本金   870万円※2020年5月末時点
【公式 H P】https://www.terraspace.jp/

【技術顧問】
●秋山演亮
・和歌山大学 教授
・千葉工業大学 主席研究員
・内閣府 宇宙開発戦略推進事務局
 宇宙政策委員会専門委員

●山口耕司
・有限会社オービタルエンジニアリング
   取締役社長
・次世代宇宙システム技術研究組合
 代表理事
・和歌山大学 客員教授
 日本の宇宙開発を支える技術者

 


■本件に関するお問い合わせ先
テラスペース株式会社
広報担当:今村誠子
TEL:  0774-74-8202
Email:  info@terraspace.jp
 

宇宙機開発室の事務所開き法要宇宙機開発室の事務所開き法要





 



 
  1. プレスリリース >
  2. テラスペース株式会社 >
  3. 京都初!京大学生ベンチャー、テラスペースがけいはんな学研都市の京田辺市に宇宙機開発室を開設