2030年代にガソリン車新車販売禁止へ。集合住宅における電気自動車(EV)充電の課題をアプリで解決!「Multi Charging Control」機能を追加。

~EV普及の時代に備えてEV充電器の制御機能を開発~

マンション向けのEV充電サービスでトップシェアを誇る、ユアスタンド株式会社(所在地:横浜市中区、代表取締役社長:浦伸行)が提供する、電気自動車(EV)の充電器運用アプリ「Yourstand」は、EV充電器の予約、お支払い・決済代行、営業時間の設定、放置車両への対応など、様々な機能を持っています。
1. 背景(EVが普及する時代へ)
昨今、環境問題や気候変動が深刻化している中、世界各国において数十年の間にガソリン車の新車販売を禁止し、EVをはじめとする次世代自動車への移行や、温室効果ガスを実質ゼロにする目標などが掲げられています。

日本においても政府が2030年半ばまでにガソリン車の新車販売を禁止することが発表されました。今後、電気自動車(EVやPHVなど)の増加とともに、充電インフラの不足が予想されます。

集合住宅への充電器の設置は1%未満にとどまり、既設マンションでは限られた駐車場スペースや限られた電気容量の問題、導入時の補助金の煩雑さ、さらには受益者負担による導入後の運用など、課題が多く存在します。

"移動をもっとクリーンに"をミッションに掲げるユアスタンド株式会社は、今後迎えるEV普及の時代に備え、上記の課題をまるごと解決し、集合住宅においても快適な充電環境を提供するため、様々なサービスを提供しています。

2. ユアスタンドアプリの機能紹介
ユアスタンドアプリの機能(利用者)
・充電利用時間に応じた課金
・EV充電スタンドの予約
・開始と終了の通知
・利用明細の確認
・全ての自動車メーカーに対応した充電サービス

ユアスタンドアプリの機能(施設管理者)
・営業時間の設定(EV充電器が設置されている場所が、洗車場や来客用駐車場など、他の目的でも使用されている場合、EV充電器が使用可能な時間帯を管理者が設定することが可能)
・利用明細の確認
・充電料金の設定
・来客駐車と充電の統合的な管理
 


3. 新機能「Multi Charging Control」を開発
この度、既設の集合住宅の駐車場で、共用部の分電盤から電気を供給した場合、ブレーカーの電気容量を超えずにEVの同時充電を可能にする機能「Multi Charging Control」を新しく開発し、首都圏の複数のマンションに導入しました。既存の受電設備に大幅な変更を加えることなく、平置き機械式駐車場に関わらず、電気を効率的に利用できるようにすることで、マンションでもEVに乗れる環境を整備してまいります。

EVやPHV(プラグイン・ハイブリッド)を1システムあたり最小1台から最大15台まで段階的に拡張することができ、マンション内のEV台数に応じて計画的に拡張することが可能です。(※)

※15台以上必要な場合は1システムを追加することでさらに15台拡張することができます。
 

4. 「Multi Charging Control」のメリット
・複数のEVを同時に充電ができる(電気容量が許す範囲で同時充電。それ以降はアプリ上の予約順番になる)
・マンション駐車場の個人区画にEV充電器が設置可能。
・機械式駐車場における充電サービス
・様々な充電器を同じシステムで制御できる。
・一部自動車メーカーの充電器設置クーポンが利用可能。

5. 会社概要
社名:ユアスタンド株式会社
代表取締役社長:浦伸行
所在地:〒231-0013神奈川県横浜市中区住吉町2-24-2住吉24ビル3階
事業内容:マンション、職場への電気自動車充電スタンドの導入・運用
電話番号:045-225-9755
メールアドレス:ys-sales@yourstand-ev.com
ホームページ:http://yourstand-ev.com
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユアスタンド株式会社 >
  3. 2030年代にガソリン車新車販売禁止へ。集合住宅における電気自動車(EV)充電の課題をアプリで解決!「Multi Charging Control」機能を追加。