AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始

家族のもしもの時に備えた準備を、簡単に、確実に

合同会社EWAC(本社:東京都港区、代表社員:柴田正博)は、クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を2020年12月17日(木)より提供いたします。本サービスを通じて、ユーザーは資産の管理や、葬儀、介護、相続に向けた準備など、各家庭にとって重要となる終活をワンストップで進めることができます。当社は本サービスを通じて、シニア世代もその子ども達も、全ての人がご家族のもしもの時に困ることなく、安心して暮らしていける社会の実現を目指していきます。

WeNote: https://www.wenote.jp

 

■WeNoteの4つの特徴
1.あなたの家族専用に自動でカスタマイズ
いくつかの質問にお答えいただくと、独自のアルゴリズムに基づき、あなたのご家族が取り組むべき重要な終活を抽出します。項目が多すぎて何から手をつければ良いかわからない、ということはありません。

2.親子で簡単にできる、生前準備に関する情報登録
ガイダンスに沿ってオンライン上で終活に関する情報(葬儀、介護の希望、デジタル資産情報など)を簡単に登録できます。子どもによる代理入力や、ファイル・画像のアップロードもできるので入力も負担になりません。登録した情報はクラウド上で簡単に共有可能です。

3.葬儀や介護などに関するシミュレーション機能
葬儀や介護についての希望を入力すると、将来的に必要となる費用や、おすすめの施設タイプなどをシミュレーションすることができます。

4.終活の専門家達による安心のサポート
WeNoteに登録されている全国の幅広いジャンルの終活専門家(相続、葬儀、家財整理など)にオンライン上で相談が可能です。ユーザーはWeNote上でカテゴリを選択して、質問を投稿するだけで、専門家からの回答を得ることができます。

■WeNote開発の背景
少子高齢化の進行や、人生100年時代といわれる長寿化を背景に、終活の重要性はより一層高くなっています。一方で、シニア世代の多くや、その子ども達は終活をすべきという意識は持っているものの、”何から手をつければ良いかわからない”、”誰に相談すべきかわからない”などを理由に準備を進めることができていません。結果として、残されたご家族がトラブルに巻き込まれたり、後悔を感じているケースが多く見られます。

創業メンバー自身も、実際に相続や終活に関わる仕事をする中で、そして自分達の親族が人生の最期を迎えるのを見る中で、トラブルに巻き込まれ疲弊してしまう人々を多く見てきました。

このような辛い体験をするご家族を少しでも無くしていきたいという思いで開発したのがWeNoteです。
特にこのコロナ禍においては、親族間で集まって相談することや、専門家の方達とお話をすること自体を難しく感じていらっしゃる方も多いかと思います。WeNoteがそんな皆様に少しでも役立てば幸いです。

■WeNoteの使い方
現在公開している全ての機能は無料でお使いいただくことができます。下記サイトより申し込み下さい。
https://www.wenote.jp

WeNoteでユーザーの相談にのっていただける終活の専門家も随時募集しております。下記登録サイトよりご登録ください。専門家の皆様も無料でお使いいただくことができます。
https://www.wenote.jp/_/professionals-entry

■合同会社EWACについて
現在の終活のあり方に課題意識を持った、弁護士、外資系コンサルティング会社出身者、メガベンチャー出身者などのメンバーにて創業。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」を運営。

【会社概要】

会社名:合同会社EWAC
所在地:東京都港区赤坂3丁目11番14号
代表者:柴田正博
URL:https://ewac.co.jp

【お問い合わせ先】
e-mail:pr@ewac.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社EWAC >
  3. AIと専門家が、あなたの終活をワンストップでサポート。クラウド型終活ガイドサービス「WeNote」のβ版を提供開始