高専発のベンチャー企業 TAKAO AI、自動点字翻訳エンジン「:::doc(てんどっく)」試用版サイトの無料公開を開始

誰でも手軽に使える点訳サービスの無料提供により、“情報アクセスの壁”解消の第一歩へ

AI技術などを活用したサービスによる情報アクセシビリティ改善に取り組む高専発ベンチャー、TAKAO AI株式会社(東京都八王子市、代表取締役社長:板橋竜太、以下TAKAO AI)は、画像データから自動で点字に翻訳する点訳エンジン「:::doc(てんどっく)」の開発、実用化に成功し、10月20日(水)よりデモサイト上での無料体験サービスの提供を開始しました。

試用版サイトURL:https://demo.takao.ai/

■自動点訳エンジン「:::doc」の特長
当社の自動点訳エンジンは入力された画像データを独自開発のAIモデルによって解析し、全自動で点字に翻訳するソフトウェアです。スマートフォンやパソコンのブラウザ上に撮影した写真をアップロードするだけで数秒後には点訳結果が画面に表示されます。ディープラーニング等の手法を用いることで画像の認識精度の向上、処理時間の高速化、さらに読み取った文字・写真やレイアウト情報から要約文章の生成や一部の代表的な情報を重点的に点訳するなど視覚に訴える情報のコンテキストを反映した自動点訳を実現しています。
これにより、日常身近に受け取る以下のような印刷物も視覚障害者は他人を介すことなくタイムリーに情報へアクセスできるようになります。
・学校からの手紙
・地域イベントのお知らせ
・周辺スーパーチラシの特売情報 など

 

 

 

 

 

■従来の点字翻訳の課題
従来の点字翻訳は点字技能を有する晴眼者(目の見える人)が1文字ずつ点字に置き換える作業が基本であり、点字に対する深い知識を持った専門の方が長い時間を掛けて行う必要がありました。この点訳者の人口は決して多くはなく、そのため、世の中の書類のほとんどは点訳がなされておらず、視覚障害者は日常身近で手にするあらゆる墨字(非点字)情報をリアルタイムに取得することは困難でした。また、文書の中には図表が含まれていることも多く、二次元にレイアウトされた情報を点字で伝えることは非常に困難であります

■今後について
写真などの情報を点字にして伝達する難しさはあれど、視覚障害者に最大限の情報を伝える努力も社会の合理的配慮に含まれるべきであると当社は考えております。今後とも当点訳エンジンの実用化・普及推進に向けて活動して参ります。
詳細については、個別に取材依頼をお待ちしております。

■TAKAO AI株式会社について
当社は、高専DCONや高専プロコンで実績を持つ東京高等専門学校の学生メンバーで2021年に創業されたAIスタートアップです。私たちは「技術で人々の情報格差をなくす」ことをミッションに掲げ、点字翻訳エンジン「:::doc(てんどっく)」を基盤とした視覚障害者向けのサービス開発と実用化に取り組んでいます。
<会社概要>
会社名  TAKAO AI 株式会社
代表者  代表取締役 板橋 竜太
所在地  東京都八王子市椚田町 1220-2 東京高専コラボレーションコモンズ 2 階
資本金  1,000,000 円
設立日  2021 年 2 月 25 日

■本件に関するお問い合わせ先
TAKAO AI 株式会社 代表
メールアドレス:info@takao.ai

その他、以下の会社ホームページの問い合わせフォームからもお問い合わせください。
TAKAO AI ホームページ : https://takao.ai/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TAKAO AI 株式会社 >
  3. 高専発のベンチャー企業 TAKAO AI、自動点字翻訳エンジン「:::doc(てんどっく)」試用版サイトの無料公開を開始