【関西初】ショウヨウ、派遣会社自らが派遣労働者の正規雇用化を支援する人材サービス「エンテン」を提供開始

不本意型非正規雇用という社会課題の解決を目指し、キャリアアップ教育から面接対策まで一貫して支援

厚労省の優良派遣事業者認定を受けているショウヨウ株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:河野尚樹)は、正社員として勤務したい派遣労働者などの不本意型非正規雇用の解決を目指し、キャリアコンサルティングをはじめ、教育訓練、面接対策などの正社員になるために必要なサポートから転職先の斡旋までを原則無償で行う人材サービス「エンテン」の提供を2021年5月10日より開始いたします。
◆循環型人財サービス「エンテン」公式サイト:https://www.shouyou.co.jp/lp-enten/
  • サービス開始の背景
総務省「労働力調査」によれば、2019年の不本意非正規雇用者は10.9%にあたる約236万人となっている。不本意型非正規雇用者の受皿の一つとなっているのは派遣会社だが、その多くは顧客企業に労働力(派遣労働者)の提供のみを行っており、現状では正規雇用への道は労働者の自助努力によってのみ拓ける、極めて狭き門となっている。
ショウヨウ株式会社は今年で43年を迎える老舗派遣会社で、尚且つ全体の1%にも満たない優良派遣事業者認定企業でもある。同社は不本意型非正規雇用の受皿となっている派遣会社として、正規雇用を目指すスタッフの就職支援を行い、雇用の“循環”を生み出す仕組みを作るため立ち上がった。
新型コロナウイルスの影響により、これまで以上に不本意型非正規雇用者は増えることが明白となった今、循環型人財サービス「エンテン」を提供し、日本の労働課題に歯止めをかける。
  • エンテンの仕組み
不本意型非正規雇用に該当する派遣スタッフに対して、キャリアコンサルティングを行い、教育訓練、面接対策など正社員になるために必要なサポートから転職先の斡旋までを一気通貫で行い、雇用の好循環を生み出す。そして、これらの支援を原則無償で提供する。
転職先の企業にとってもメリットのある仕組みで、ショウヨウから紹介されたスタッフを雇入れても、人材紹介料が発生しない。また、勤怠実績のあるスタッフを採用する事で、新入社員が定着し難いといった企業課題も同時に解決できる。 

 

 
  • 今後の展望
派遣会社が、自社の派遣スタッフを正規雇用へと転換することは、既得利益の消失に他ならないため、「エンテン」のように派遣会社自らが正規雇用化を支援することは派遣ビジネスにおいて常識破りの仕組みだが、ショウヨウは大手の派遣会社には真似できない独自性と社会性の強い付加価値を提供して行く。今後はさらに”人が人を””企業が企業を”呼ぶ好循環を目指す。
 
  • サービス名「エンテン」の由来

「転職」「派遣から正規への転換」を「循環型(円)」の仕組みで「支援」する想いから「エンテン」
 
  • 会社概要
会社名 :ショウヨウ株式会社
所在地 :大阪府堺市北区長曽根町45番地
代表者 :代表取締役社長 河野 尚樹
設立  :1978年10月25日
事業内容:業務請負業、労働者派遣事業、有料職業紹介事業、冷暖房器の販売及び保守
エンテン:https://www.shouyou.co.jp/lp-enten/
ホームページ :https://www.shouyou.co.jp/
ショウヨウへの登録はこちら:https://shouyou.haken-job.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ショウヨウ株式会社 >
  3. 【関西初】ショウヨウ、派遣会社自らが派遣労働者の正規雇用化を支援する人材サービス「エンテン」を提供開始