アパレルロスを無くそう!服をみんなでシェアするプラットフォームをつくる

このプレスリリースは、April Dreamプロジェクトに共感し、4月1日を夢があふれる日にしようとする事業者が、やがて叶えるために発信した夢です。

ファッションコーデ事業「osaRe:」(運営会社:株式会社SKY’S THE LIMIT、代表取締役:兼丸昌也、以下オサレ)は、アパレルロスを解決し、エシカルライフをより身近にする事業として、手持ちの服を登録者間でシェアするプラットフォームをつくりました。

当社は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは「osaRe:(オサレ)」のApril Dreamです。

 

今回リリースするプラットフォームでは、登録者の衣料品やアクセサリーなどの情報をデータベース化し、他の登録者とアイテムをシェアをすることができるサービスです。
登録者のアイテム情報をAIが学習し、他の登録者がシェアできるアイテムの中から、好みに近いアイテムをリコメンド。

さらに、興味を持ったアイテムに対して、コーディネートのプロであるオサレのスタッフがファッションコーデの提案まで行います。

 

◆開発の経緯◆
このようなプラットフォームを開発に至った経緯として「ファッション業界における環境問題」があります。

特にアパレルロスに関する問題は大きく、年間日本だけでも30億着の服が生産され、その中の半数にあたる15億着が廃棄されているという現状があります。

衣料品の消費者側でも、ファストファッションなどの発展によってアパレルの消費サイクルが早くなっており、廃棄の量は増加傾向となっています。
そんな現状を解決してエシカル消費を推進するべく、服を持っている人同士でアパレル製品の長期利用を促すサービスとして、今回のプラットフォームが誕生しました。

使わなくなったアイテムの次の選択肢に、リユースやリサイクルに次ぐものとして「シェア」という文化を醸成する役割を担うことができるサービスです。
 

◆期待できること◆
このプラットフォームを活用することで期待できる効果は2点あります。
1.プラットフォームが「巨大クローゼット」になる
いわばこのプラットフォームは、一つの大きなクローゼットを共有したような状態を作り出します。
自分が持っているファッションアイテム以外に、他の利用者の方が持っている服や、自分では買えなかったけど挑戦したかった服などが、ご自身のコーディネートの選択肢に加えることができます。

2.ファッションの共通点で人と「つながれる」
このプラットフォームが、ファッションという共通のコンテンツを通じて「人とのつながり」を生み出します。
ファッションの好みのテイストや、着ているサイズ感が近いという共通点のあるユーザー間でつながりができ、ファッションを起点としたコミュニティができます。
 

◆osaRe:の活動◆
osaRe:(オサレ)では、『もっとじぶんを好きになる。』をコンセプトに、個人向けコーディネートをメインとしたファッション事業を展開しております。
これまでの活動内容として

・お買い物同行(人とのつながり)
・ワードローブチェック(衣類の長期利用促進)
・フリーマーケット(シェア文化をつくる)
・衣料品の寄付(アパレルロスへの取り組み)
などを行ってきました。

今後もファッション業界の課題に取り組みながら、エシカルライフを実現するチャレンジを行って参ります。

◯osaRe:
http://osare-official.com/

【会社概要】
社 名 :株式会社SKY’S THE LIMIT
代表  :兼丸昌也
設 立 :2018年5月1日
資本金 :1,000,000円
事業内容:ファッションコーデ、撮影・動画制作、小売店・オーガニックショップの経営

「April Dream」は、4月1日に単に笑えるネタではなく実際に企業が叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SKY'S THE LIMIT >
  3. アパレルロスを無くそう!服をみんなでシェアするプラットフォームをつくる