​アートを活用した地域活性のプロジェクトが始動!

コロナ禍で打撃を受けた観光業と伝統産業をアートの力で元気に!

フランス出身の新進気鋭のアーティストGeoffrey Bouillot(ジョフレ・ブヨ)と、南葛SCに所属するサッカー選手でもあるMasahito Noto(マサヒト・ノト/能登正人)という2人のアーティストの作品を街中に掲示し、新たな観光スポットとして活用、また伝統工芸品とのコラボアイテムをクラウドファンディングのリターンとして開発する事で、葛飾区の魅力を発信していくというプロジェクトが始動しました。

葛飾区内の有志メンバーで立ち上げたウェルカムカツシカアートプロジェクト実行委員会は、2021年3月30日からクラウドファンディングサービス「READYFOR(レディフォー)」にて、資金調達を開始しました。
 

目標金額を10,000,000円に設定し、葛飾区内の各所にアート作品で彩られたフォトスポットを作り、医療機関へのアートパネルの寄付する、ウィズコロナ時代のアートイベントの先駆けとなるような活動を目指します。
 

参画してくれたアーティストは2名です。

まずは、フランス出身で2019年に葛飾区柴又で開催された「柴又芸術世界」というアートイベントでゲストアーティストとして参加したGeoffrey Bouillot(ジョフレ・ブヨ)

モノクロを基調としたグレイスケールペインティング手法により、キュビズムとスタイルミニマリズムを組み合わせた作品が特徴です。

 







 

もうひとりはプロサッカー選手としても活躍し、現在は葛飾区からJリーグを目指す南葛SCに所属するアスリートでもあるMasahito Noto(マサヒト・ノト/能登正人)

身体全てを使い、ペイント素材を重ねて作り上げていく独特の手法は、マルチな才能を発揮する彼ならではの作品となっております。
 

 







クラウドファンディングで集めた資金を活用し、2人のアートを最大11箇所へ掲示し、新たな観光スポットを目指しつつ、医療機関にもアートパネルの寄付を行って行きます。

(アートの掲示場所は建物の壁面など数箇所と調整中)
 

 


また、江戸切子(清水硝子)和晒手ぬぐい(東京和晒)などの職人とアーティストがコラボしたアイテムを開発、原画と合わせて、クラウドファンディングのリターン品として、寄付者へもお贈りします。
この他にも地元サッカーチーム南葛SCからは「2D翼くん 南葛アートパネル」、葛飾区内のアパレルブランド「CON±RAD」とアーティスト2名がコラボしたTシャツやパーカー、アーティストがデザインしたBMZ社のサッカースパイク、飲食店とコラボした「ブルーベリーブラウニー」などなど、リターン品も注目アイテムが目白押しです。

 


コロナ禍でダメージを受けた観光業や伝統産業をサポートし、ピンチをチャンスに変えて、葛飾区の魅力を国内・海外にも発信していきたいと思っていますので、応援宜しくお願い申し上げます。

[ウェルカムカツシカプロジェクト]とは?
コロナ禍により海外からの観光客は激減。
葛飾区も観光業は大打撃を受け、伝統産業もダメージを被っている中、区民のチカラで助け合えないか?ピンチをチャンスに出来ないか?
そんな想いで立ち上がったプロジェクトです。
私たちウェルカムカツシカアート実行委員会は、葛飾区内の様々な分野のプロフェッショナルな方々とコラボし、フォトスポットの創出から伝統工芸とアートのコラボ商品の開発、医療機関へのアートの提供という軸で、葛飾区を元気にすると共に、コロナ禍で打撃を受けた全国の観光シーンの先駆けとなるようなプロジェクトにしていきたいと思っています。

▼クラウドファンディングサイト
https://readyfor.jp/projects/WelcomeKatsushika

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウェルカムカツシカアートプロジェクト実行委員会 >
  3. ​アートを活用した地域活性のプロジェクトが始動!