ふりかけの元祖 「御飯の友」のフタバの新ブランド「YOSHIMARU」誕生!「腸活顆粒」使用の子ども向け商品を“ふりかけの日”5月6日に発売

食と健康に関する問題に向き合い、 現代のライフスタイルに合った商品を提案

 大正2年に創業し、100年以上続く老舗ふりかけメーカー「株式会社フタバ」 (本社:熊本県熊本市西区、代表取締役:安部 直也)は、ふりかけの考案者・吉丸末吉(よしまるすえきち)氏の「健康を願う想い」を現代に受け継ぎたいと、ふりかけの新たなブランド「YOSHIMARU」を立ち上げました。

栄養の偏りや不規則な食生活など、食と健康に関する問題に向き合い、現代のライフスタイルに合った商品を提案していきます。今回、“ふりかけの日”である5月6日(木)に、ブランドの第一弾商品「すくすくふりかけ」の販売をスタートします。

※ブランドロゴは、「うまみ=UMAMI」の頭文字「U」がモチーフ。  また、お米を測る升の形から引用したデザインです※ブランドロゴは、「うまみ=UMAMI」の頭文字「U」がモチーフ。  また、お米を測る升の形から引用したデザインです

  • 「YOSHIMARU」とは

ふりかけを通じて、現代人の食生活を改善したい

ふりかけの元祖(※)である「御飯の友」 は、熊本の薬剤師・吉丸末吉氏が、100年以上前の食糧難の時代に、人々のカルシウム不足を補うために考案しました。 「YOSHIMARU」は、もしも吉丸氏が現代に生きていたら、どんな商品をつくっただろうか?という想いから誕生しました。
飽食の時代といわれ、ライフスタイルが多様化している現代は、栄養の偏りや不規則な食生活、食べ過ぎ、栄養過多、食品ロスなどが問題視されています。時代背景は違いますが、現代もまた、食と健康に関する問題に直面しているのです。おいしく手軽に栄養補給ができる「ふりかけ」の可能性を最大限にいかしながら、現代の食の問題に向き合い、現代のライフスタイルに合わせた商品を提案していきます。
※平成6年10月、全国ふりかけ協会で “ふりかけの元祖“として認定

「YOSHIMARU」ホームページ
https://yoshi-maru.jp
  〈5月6日(木)公開〉

 
  • 第一弾商品「すくすくふりかけ」 “ふりかけの日”5月6日(木)に発売

長年培った技術で実現! 「腸活顆粒」で子どもの腸活

「YOSHIMARU」 ブランドは、飽食の時代に、健康に求められるものとして「腸活」に着目。第一弾商品「すくすくふりかけ」には、腸の働きに良いといわれる、玄米・米麹・乳酸菌・オリゴ糖・モロヘイヤを混ぜて乾燥し、顆粒にした「腸活顆粒」を入れています。この顆粒は、「フタバ」が長年培った技術があってこそ実現しました。
化学調味料は使わず、出汁がよく取れるサバ・イワシの削り節を贅沢に使用。素材本来の香りや旨味を味わうことができます。仕事や家事、育児と忙しい中でも、「子どもの食事の栄養に気を配りたい」「安心・安全な食材を食べさせたい」というお父さん、お母さんに向けて開発しました。「商品を通じて、世界中の子どもたちを幸せにしたい」という願いを込めています。
 

 

 

  • 「腸活顆粒」と、熊本県産「サバ・イワシの削り節」や焙煎した「クラッシュ大豆」をブレンド

【商品名】 すくすくふりかけ「-鯖といわしと焙煎大豆-」
【特長】 化学調味料は一切使わず、DHAやカルシウムが豊富で、出汁がよく取れるサバ・イワシ(熊本・牛深産)の削り節を贅沢に使用。素材本来の旨味をいかしたやさしい味わいです。焙煎した大豆を砕いた「クラッシュ大豆」が、程よい歯ごたえをプラスします。
【原材料】 削り節(サバ、イワシ)(国産)、大豆、きび砂糖、玄米粉、乾燥ほうれん草(ほうれん草、ブドウ糖)、たまりしょうゆ(グルテンフリー)、食塩、オリゴ糖、みりん、米麹、モロヘイヤ粉末、乳酸菌粉末(殺菌)
【内容量】 2g×15食分入り
【参考小売価格】 600円(税別)
【販売場所】 YOSHIMARUホームページECサイト、フタバ本社直売所 ふたば苑(熊本市西区城山上代町68-1) 、ヒノマルマルシェ(同中央区安政町1-2)、ヒノマル&LIB CAFE (同手取本町4-15-1F)              
 ※順次全国展開予定
 

 

 

  • 商品開発への想い

株式会社フタバ 5代目 代表取締役 安部直也

弊社は、創業から100年以上続いているふりかけメーカーで、創業者である吉丸末吉氏の「人々の健康への想い」からつくられたのが「御飯の友」です。新商品開発にあたってのヒントは「人々の健康への想い」の1点。吉丸氏の想いを体現するために、情報収集・試行錯誤を繰り返しながら誕生したのが、第一弾商品「すくすくふりかけ」です。吉丸氏の想いを受け継ぎ、現代に送り出す「YOSHIMARU」を通じて、多くの方に「健康への想い」を受け取って頂ければと思います。 

 

 

株式会社フタバ 代表取締役 安部直也株式会社フタバ 代表取締役 安部直也

 

 

  • 「御飯の友」とは

大正2年につくられた、ふりかけの元祖

 約100年前の大正2年に、薬剤師の吉丸末吉氏によって考案されました。当時の日本は食料難の時代でカルシウムが不足していたため、吉丸氏は「魚を骨ごと細かくし、おいしく味付けをしてご飯にかけて食べよう」と考え、 「御飯の友」が誕生しました。
昭和9年、吉丸氏より、商品への想いとともに事業を二葉商事(現在のフタバ)が引継ぎ、100年以上続く味を大切に守っています。現代も、魚嫌いな子どもでもおいしくカルシウムがとれるふりかけとして支持されています。熊本では、食事の名脇役としてほとんどの家庭の食卓に並んでいます。
昭和34年に全国ふりかけ協会が誕生し、平成6年に「御飯の友」が“ふりかけの元祖“として認定されました。

 

  ふりかけの元祖 御飯の友  ふりかけの元祖 御飯の友

 

 

  • 株式会社フタバ 会社概要

大正2年創業、熊本県に本社兼工場を置く老舗メーカーです。ふりかけをはじめ、茶漬け、漬物の素、惣菜などの製造・販売を行なっています。2020年6月、本社兼工場を、熊本市西区城山上代町に新築移転しました。

社名:株式会社フタバ
本社:熊本市西区城山上代町68-1
電話:096-356-3488
創業:大正2年
設立:昭和9年
代表:安部直也
URLhttp://www.gohannotomo.co.jp

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フタバ >
  3. ふりかけの元祖 「御飯の友」のフタバの新ブランド「YOSHIMARU」誕生!「腸活顆粒」使用の子ども向け商品を“ふりかけの日”5月6日に発売