千葉県市原市の地元鉄道会社「小湊鐵道」が展開するキャンプ場を改修アウトドア需要の高まりを受け「奥養老 Village」としてリニューアル

2021年5月よりプレオープン(URL: https://okuyorovillage.com/)

スリーリバーズ合同会社(本社:千葉県市原市、代表社員:三瓶貴司、小川起生)は、千葉県市原市戸面の既存キャンプ場を、新たなアウトドア施設としてリニューアルした「奥養老Village」を2021年5月にプレオープンいたしました。2021年6月初旬に予定するグランドオープンに先駆け、千葉県市原市の地元密着型鉄道会社「小湊鐵道」からの事業譲渡式、および地元関係者に向けた野外施設のお披露目を2021年5月11日(火)に実施いたしました。

「奥養老 Village」誕生の背景
千葉県市原市は2019年夏に起きた大型台風の被害を受け、自然に触れ合うことができる多くのレジャー施設が休業をせざるを得ない状況が続きました。さらにコロナの影響もあり、60年以上続いていた、千葉県市原市の養老渓谷と隣接するバンガロー村もなかなか修繕を進めることができませんでした。

昨今のコロナは私たちの生活を一変させましたが、withコロナ時代のライフスタイルとして、屋外で楽しめるアウトドアが注目されつつあります。大人数での集まりを避けた少人数単位への行動変容、旅行産業では、地域や近場に住む方々へ提供する「マイクロツーリズム」が盛り上がりを見せています。

これらの状況を受けて、豊かな自然の恵みを感じながら、少しでも心安らぐひとときを過ごしてほしいという思いで、地元鉄道会社の「小湊鐵道」から養老渓谷バンガロー村を事業継承させていただくこととなりました。今回のリニューアルでは、なるべく地球環境を意識した素材を活用し、ゴミの分別体験やコンポストも設置、この施設そのものが地球環境や、暮らしの学びのフィールドにできたらと考えています。自然豊かな環境を活かしつつ、訪れる方々の気持ちに寄り添い、常に進化していくことができる施設を目指してまいります。

「奥養老 Village」概要

首都圏から車で約 60 分、アクセスの良さと手ぶらで行ける気軽さが特徴です。
URL  :https://okuyorovillage.com/
施設名 :奥養老 Village
施設  :コテージ4 棟・バンガロー18 棟・BBQ 施設 3 箇所 *テントサイトを今後整備予定
所在地 :千葉県市原市戶面 746
営業時間:9:00〜18:00
定休日  : 毎週火・水・木曜日  *春休み・GW・夏休み期間は定休日なしで運営いたします。
               ご予約状況によって定休日は変動いたしますので予めご了承ください。
アクセス:
【車でご来場の場合】
 ■首都圏中

 

 

央連絡自動車道
「木更津東」IC より約 20km 車で約 30 分。
「市原鶴舞」IC より約 18km、車で約 30 分。※市原ぞうの国近く

■館山自動車道
「姉ヶ崎袖ヶ浦」IC より約 35km、車で約 50 分。 ※東京ドイツ村近く

【電車でご来場の場合】 下記最寄り駅よりバス または タクシーでお越しください。

●小湊鉄道 「養老渓谷駅」下車
徒歩約 40 分 約 2.5km  ※当キャンプ場は養老渓谷ハイキングコースの一部になります。

 ●路線バス利用 「養老渓谷駅」発
小湊バス粟又の滝行き
弘文洞入口停留所下車徒歩 徒歩約 17 分 約 1.5km

【2021年5月11日実施の式典の様子】
 

 


スリーリバーズ合同会社概要
会社名:スリーリバーズ合同会社
所在地: 〒290-0081 千葉県市原市五井中央⻄二丁目 8-26  シンコープラザ1F Co-Saten内
代表者:三瓶貴司、小川起生
設立:2020 年 8 月
事業内容:キャンプ場の運営
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スリーリバーズ合同会社 >
  3. 千葉県市原市の地元鉄道会社「小湊鐵道」が展開するキャンプ場を改修アウトドア需要の高まりを受け「奥養老 Village」としてリニューアル