【業界初】ゴルフ用品をレンタル後、そのまま買い取ることができるシェアリングサービスを開始。

ノーコード(Bubble)を使った中小企業の事業再構築への取組

株式会社三信(代表取締役:山本健次郎)は、5/10よりゴルフ用品のシェアリングサービスである“ラビシェア“のサービス提供を開始致しました。コロナ禍によりゴルフ人口は増加しているといわれている一方、経済的にゴルフを出来ない環境に置かれている方もいらっしゃいます。ゴルフを出来ない状況の方がクラブを手放すことなくレンタル料を確保頂き、ゴルフを始めたいがクラブを購入することに迷っている方へお貸し頂くといった使われ方も想定しています。
【背景】
ゴルフ参加人口における若者の比率は相対的に減少傾向にあります。会社への帰属意識の低下やSNSの普及により現代の若者は人脈形成のためにゴルフをするという意識は低下しています。手頃な娯楽が溢れる中、若年ゴルファーを増やすためには少しでもゴルフを試すためのハードルを下げることが必要であると考えゴルフ用品のシェアリングサービスを始めることに致しました。ゴルフは社会人になってから始める人が多いスポーツです。そのためアベレージゴルファーの多くは職場環境や家庭環境によってゴルフをしない時期が発生します。ゴルフを休憩されている方のクラブをお借りして次世代のゴルファーを育てて頂くそんな循環を作る一助となれば幸甚です。
 

 

参考:ゴルフ参加人口(年代別)の推移


<出展:『令和元年度 商取引・サービス環境の適正化に係る事業報告書』令和 2年 3 月 経済産業省>

 

 

【特長】
①  レンタル後買い取ることができる
ゴルフ用品をレンタル後、支払済レンタル料を差し引いてそのまま買い取ることができます。つまり気に入ったクラブがあれば差額の購入費を支払ってそのまま自分のものにすることができます。

②  長期間レンタル
2週間から3ヶ月間レンタルで出来るため練習場やコースでじっくりとクラブを使うことができます。現在市場にあるレンタルサービスはほとんどが試打目的であるため短期間です。

③  クラブ補償
クラブの破損、盗難、紛失は当社が補償します。

また、コロナへの対応としてクラブが消毒済かも表示されるようにもなっています。

【想定される利用者と価値】
借り手・・・クラブを買うことを躊躇してゴルフを始められない方、ゴルフをしない友人や彼女や家族を誘いたいゴルファー、様々なクラブを使ってみたい方

貸し手・・・クラブを使っていない個人、試打や認知を拡大したいメーカ-、販売増や来店増に繋げたい小売業者

 

 


【サービスサイト】
https://www.rabishare.com/
 

 

 



【三信とは】
昭和23年設立の商社です。弊社の代表が競技ゴルファーでありゴルフ人口の増加に貢献したいという想いからサービスをスタート致しました。


【この件に関する問い合わせ先】
株式会社三信
電話番号:03-3861-7401
住所:東京都中央区東日本橋2-23-4
責任者:事業開発部長 菅原拓哉
Email:t_sugawara@sanshins.jp

※プレスリリースPDF:https://prtimes.jp/a/?f=d79463-20210511-8676.pdf

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社三信 >
  3. 【業界初】ゴルフ用品をレンタル後、そのまま買い取ることができるシェアリングサービスを開始。