【6月5日は世界環境デー】「地産地材」で南九州の木材を有効活用。伝統工法で作るサスティナブルな外壁材を自分の手で。「焼杉体験会」6月5日(土)開催

鹿児島で注文住宅を手掛ける〈株式会社ベガハウス〉(本社:鹿児島市石谷町、代表:大迫学)は、世界環境デーの6月5日(土)に「焼杉体験会」を開催します。「焼杉」は西日本に古くから伝わる伝統的な外壁材です。


〈焼杉とは?〉
「焼杉」は西日本に古くから伝わる伝統的な外壁材。杉板の表面を焼き、炭化させたもので す。高い意匠性や、30年以上とも言われる耐久性が魅力で、弊社では2017年から実際の住宅建築に採用しており、現在までに42棟の実績があります。 

〈杉の産地である鹿児島・宮崎など南九州産の杉を有効活用する〉
焼杉には南九州産の杉を使います。“地産地材”によって地元林業活性の一助となるうえ、輸 送コストも抑えられるからです。南九州は全国でも有数の杉の産地。その多くが飫肥杉(おびすぎ)という樹種で、表面に黒い斑点があるというデメリットがありますが、焼杉なら表面を炭化させるため斑点が見えなくなり、化粧材として使えます。

〈何がサスティナブルなのか?〉
・地元特産の杉材を有効活用している
・30年以上という、現在主流の外壁材に負けない耐久性
・伝統工法なので“廃盤”がない。板一枚から交換可能
 



〈伝統工法“三角焼き”を体験〉
この度、焼杉の魅力を一般の方にも知っていただきたく、「焼杉体験会」を開催します。西日本に古くから伝わる“三角焼き(写真左)”で焼杉を作ります。迫力満点の焼杉をぜひご覧ください。


- - - -
☆焼杉について(ブログ)https://www.vegahouse.biz/blog/191029/
☆焼杉の様子(YouTube)https://youtu.be/De0xSM5ow4Y
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
【焼杉体験会 概要】
[公開日] 2021年6月5日(土)
[時間] 13:30〜 90分程度を予定
[場所] 鹿児島市石谷町3624-9(株式会社ベガハウス本社)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ベガハウス >
  3. 【6月5日は世界環境デー】「地産地材」で南九州の木材を有効活用。伝統工法で作るサスティナブルな外壁材を自分の手で。「焼杉体験会」6月5日(土)開催