【アスリートママの”安藤美姫”さんも注目!?】管理栄養士に聞いてみた!スポーツをしている子どもに必要な栄養素とは?

8割以上の管理栄養士が、スポーツをしている子にとってGPCが重要な栄養素だと回答!

子どもの成長期サプリ『GPCワン』を販売する、株式会社クラウディア(本社所在地:東京都港区、代表取締役:林 えり子)は全国の管理栄養士を対象に、「スポーツをしている子どもに必要な栄養素」に関する調査を実施しました。

 


スポーツをしているお子さんを持つ親御さんにお聞きします。

「子どもの好き嫌いが激しい」
「たくさん食べてくれているのに、同世代の周りの子よりも体が小さい」

このような食事にまつわるお悩みはありませんか?
スポーツをしている子にとって、食事は体づくりに重要な役割を果たします。
しかし、必要な栄養素や気を付けるべき食習慣がわからない方も多いのではないでしょうか。

大切なお子さんの栄養管理は、徹底してあげたいですよね。
では、スポーツをしている子の食事は具体的にどのような点に気を付けるべきなのでしょうか?

そこで今回、アスリートママの”安藤美姫”さんもオススメしている、子どもの成長期サプリ『GPCワン』https://cp.claudia.co.jp/d/gpc1_pink)を販売する、株式会社クラウディアは全国の管理栄養士を対象に、「スポーツをしている子どもに必要な栄養素」に関する調査を実施しました。

上手に栄養素を補って、お子さんの健康をサポートしていきましょう。
 
  • スポーツをしている子の食事は工夫が必要...?


はじめに、スポーツをしている子の食事に関して伺っていきたいと思います。
「スポーツをしている子と、していない子では食事を変えるべきだと思いますか?」と質問したところ、8割以上の管理栄養士が『変えるべき(85.1%)』と回答しました。

スポーツをしている子としていない子では、普段の運動量や必要な筋肉量などが異なります。
また、よく体を動かす子ほどエネルギーの消費量も大きくなるでしょう。
適切な体力・筋肉をつけてスポーツを楽しむためにも食事が重要な役割を果たすといえるので、この結果にも頷けますね。

スポーツといっても、陸上・水泳などその種類は様々です。
メジャーなものからマイナーな競技まで、子どもたちがそれぞれ取り組んでいるスポーツも多岐にわたります。
そこで「取り組んでいるスポーツの種類によって食事を変えるべきだと思いますか?」と質問したところ、7割以上の管理栄養士が『変えるべき(76.8%)』と回答しました。

スポーツの種類に応じて、食事内容も変えるべきだと考える管理栄養士が多いようです。

よく動かす部位や鍛える筋肉は、スポーツごとに異なります。
効率よく体づくりができるよう、必要な栄養素をピンポイントで摂取したいですよね。


また、スポーツをする子にとっては季節の変化も注意しておきたいところです。
そこで「季節によって食事は変えるべきだと思いますか?」と質問したところ、8割以上の管理栄養士が『変えるべき(81.1%)』と回答しました。

季節が食事を変える指標の一つとして捉えられていることがわかります。
夏の暑さや冬の寒さは、子どもたちの健康状態に影響を及ぼしかねません。
体調を崩さないよう、栄養たっぷりの食事を摂るようにしましょう。

スポーツの種類や季節によって食事を変えるべき理由について、具体的に聞いてみました。

■一律ではなく臨機応変な食生活が大切
・子どもの体調は変動しやすいから(20代/女性/福岡県)
・スポーツの種類により運動量や必要な食事量が変わってくるから(20代/男性/京都府)
・活動量や必要な栄養素が種目や季節によって違うと思うから(30代/女性/鹿児島県)
・旬のものは栄養価が高いから(40代/男性/北海道)

スポーツによって運動量や必須の栄養素が違うことが、食事を変えるべき大きな要因となっています。
また、季節の変わり目に子どもの体調を心配する声が多数見受けられました。
さらに、栄養の豊富な旬の食べ物に注目する方も多いようです。

子どもたち一人一人の環境に合わせた食事が、理想的だといえるでしょう。
 
  • 【現代の子どもの栄養事情!】スポーツをするうえで足りない栄養素が判明!
ここまでの調査で、多くの管理栄養士がスポーツの種類・季節によって子どもの食事を変えるべきと考えていることがわかりました。

個々の運動量や必要な栄養素を把握し、成長を促す食事を取ることが大切だといえます。
しかし、栄養バランスの良い食事は、大人でもなかなか実践し難いものです。


そこで「スポーツをしている現代の子は栄養素が足りていると思いますか?」と質問したところ、『あまり足りていないと思う(29.3%)』『全く足りていないと思う(4.1%)』と栄養不足を懸念する意見が約3割になりました。

また、5割以上の方が『ある程度は足りていると思う』と回答したことから、栄養が十分に足りている子どもは少ないことが分かりました。

スポーツをしている子の場合、していない子と比較して摂るべき栄養素が増えるでしょう。

一方で、このような栄養に関する知識をしっかり持っている家庭は少ないのではないでしょうか。

栄養を摂るべき需要に対して、食事という供給が追いついていないのかもしれません。

併せて、何故栄養が足りていないと思うのか、詳細をお伺いしました。

■忙しさから疎かになる、日々の食事への意識
・親に知識がなく何の栄養が足りていないのかわかっていないから(30代/男性/大阪府)
・コンビニやデリバリーなどが普及し、親が手軽に食事をさせることが多くなったから(30代/女性/神奈川県)
・偏食が多くあったり共働きで食事作りに時間がかけられなかったりするから(40代/女性/東京都)
・忙しいが故に食事が疎かになりがち(40代/女性/埼玉県)

共働きの家庭では、忙しくて食事にまで気が回らないという状況が考えられるでしょう。
またコンビニ・ファストフードなどで簡単に食事を済ませていると、偏った食生活になりがちです。

そもそも、必要な栄養素の種類・量といった知識が欠けていることも、問題点の一つといえます。
 
  • 【家庭の食事だけでは不十分!?】スポーツをしている子を持つ家庭で気を付けることとは?
管理栄養士の中には、スポーツをしている子の栄養不足を指摘する方もいるようです。
親としては、子どもが元気にスポーツを楽しめるよう最大限にフォローしていきたいですよね。

家庭内では、スポーツをしている子の食事について、どのような点を意識するべきなのでしょうか?


「スポーツをしている子の食事について、家庭内で気を付けるべきことを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『バランスよく栄養が摂れる食事を与える(61.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『いつでも栄養素の高い食事が取れるような環境にする(38.6%)』『適切な量の食事を食べさせる(36.2%)』と続きました。

6割以上の管理栄養士が、栄養バランスが取れる食事を摂ることに気を付けるべきだと回答しました。

また、栄養価の高さや食事の量にも配慮しながら献立を決めることが大切です。
食事を用意する際に気を付けるべき点は多いといえるでしょう。

実際、家庭の食事だけでスポーツをしている子の栄養フォローができるのでしょうか?
そこで「家庭の食事だけでスポーツをしている子の栄養素を補えると思いますか?」と質問したところ、『あまり補えない(20.1%)』『全く補えない(2.2%)』と、家庭の食事だけでは限界があると考える管理栄養士もいるようです。

また、『多少は補える』と回答した方が6割近くいたことから、補えない栄養素も多く、完璧に栄養を満たす食事となるとハードルが高いのかもしれません。

必要な栄養素が足りないままだという子どももいるでしょう。
家庭で栄養バランスの取れた食事を作ることの難しさがうかがえます。

では、必要な栄養素が不足してしまうと、どのような弊害が考えられるのでしょうか?

■体調や発育の不良、故障の原因にも
・最大のパフォーマンスができない(20代/女性/千葉県)
・ケガが多くなったり、直りが遅くなったりする(20代/男性/石川県)
・栄養が不足して、成長が十分にならない(40代/女性/群馬県)
・疲労が抜けにくいなどの体調不良がおこる可能性がある(40代/男性/香川県)

栄養不足により、スポーツの場面で活躍できなかったり、怪我をしてしまったりする可能性が生じます。
また、体調や発育面での不良を引き起こす原因にもなりかねません。
スポーツをしている子にとって、死活問題といえるものばかりです。
 
  • スポーツをするうえで必要な栄養素とは!?
スポーツをしている子は、家庭でバランスの良い食事を取るよう心がけたいところです。
しかし、家庭の食事だけでは必要な栄養素を補い切れない現実もあるでしょう。

株式会社クラウディアが、前回の調査(https://www.atpress.ne.jp/news/253417)で医師を対象に成長期に必要な栄養素を調査した際、ビタミン・ミネラルといった栄養素が大事だという結果が出ました。

また、過去の調査(https://www.atpress.ne.jp/news/207134)でビタミン・ミネラルの他、葉酸や母乳に含まれるGPC(グリセロホスホコリン)という栄養素が、体の成長を促すということも分かりましたが、管理栄養士の視点から見て、このような栄養素はスポーツをしている子どもに対しても重要な栄養素なのでしょうか?


「ビタミン類や葉酸、母乳に含まれているGPC(グリセロホスホコリン)はスポーツをしている子どもには特に重要な栄養素ですか?」と質問したところ、8割以上の方が『はい(84.6%)』と回答しました。

このような栄養素を積極的に摂ることで、子どもの成長を促進できるなら嬉しいですよね。
バランスの良い食事、必要な栄養が取れる食事を心がけて、子どもが伸び伸びとスポーツを楽しめるようにしませんか?
 
  • 【まとめ】スポーツをしている子には食事以外でも栄養補給を!
今回の調査で、スポーツをしている子にはスポーツの種類や季節によって食事を変えるべきだと考える管理栄養士が多いということがわかりました。

一人一人の子どもに、栄養素の種類や量など最適な食事バランスがあるといえます。

一方で、親御さんの知識不足や忙しさから、スポーツをしている子の栄養状態が十分ではないという意見もあがりました。

バランスの良い食事ができる環境づくりや、必要な栄養素を十分に補えるようにしてあげることが大切になってくるようです。

家庭の食事で補えないならサプリで手軽に取れるようにすることも選択肢の一つではないでしょうか。
 
  • スポーツをする子どもの成長期サポートサプリメントなら『GPCワン』


「子どもの好き嫌いが激しい」
「スポーツをしている子どもに必要な栄養素を補えていない」

そんな方にお薦めなのが、株式会社クラウディアが販売する子どもの成長期サプリ『GPCワン』https://cutt.ly/QnFDkCg)です。

海外の子と比べても見劣りしないように、成長期の今こそ、確かなサポートが必要です。
大切なのは、食事や睡眠といったバランスの取れた生活ですが、忙しさやストレスなどで最近の子どもたちはバランスを崩しやすい環境にいます。
この時期にしっかりとサポートしてあげることで、お子さんの身体が変わります。

■GPCワンに含まれる成分
GPCワンは、母乳に含まれる成分「GPC(グリセロホスホコリン)」を一粒に400mg含み、栄養機能食品「ビタミンB12」を2μgと「葉酸」100μgを配合!

主成分であるGPC(グリセロホスホコリン)は、母乳にも含まれる天然成分。
成長時の栄養素として医療機関でも注目されています。

■小さいお子さんでも大丈夫!
中身は、ほんのり甘くおいしいのでカプセルが苦手な場合は、お湯や温かい飲み物に溶かして飲むことが出来ます。
1日1、2粒を目安にさっと飲むだけで、お子さんの成長期をサポート!

■プロフィギュアスケーターの”安藤美姫”さんもおすすめ!
スポーツママの”安藤美姫”さんも愛用してくれております!
使っている様子をインスタでも投稿してくれているので
皆さんも是非見てみてください!
https://www.instagram.com/p/CPFWiq-JJrc/


■皆さまから選ばれて三冠達成致しました!
『GPCワン』のリニューアル前商品である「アルファGPCビオ」は、以下の3部門でNo.1を獲得致しました。


お母さんが選ぶ子供のお受験サプリ
お母さんが選ぶ子供の成長サプリ
お母さんが選ぶ子供のパフォーマンスサプリ

【調査概要:サプリ10商品を対象にしたサイト比較イメージ調査】
■調査期間:2019年10月24日(木)~ 2019年10月30日(水)
■調査方法:インターネット調査
■調査人数:1064名
■調査対象:全国の20代〜40代のお母さん
■モニター提供元:ゼネラルリサーチ

小児科専門医も推奨する『GPCワン』で、子どもの成長を応援するなら成長期のいまです!
記憶力や集中力をサポートするので、受験生にも大人気!


■GPCワン:https://cp.claudia.co.jp/d/gpc1_pink
■株式会社クラウディア:http://www.claudia.co.jp/
■TEL:03-3443-8681(9:00~21:00(年末年始を除く))
■メール:info@claudia.co.jp


調査概要:「スポーツをしている子どもに必要な栄養素」に関する調査
■調査期間:2021年5月25日(火)~ 2021年5月26日(水)
■調査方法:インターネット調査
■調査人数:1,005名
■調査対象:全国の管理栄養士
■モニター提供元:ゼネラルリサーチ

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クラウディア >
  3. 【アスリートママの”安藤美姫”さんも注目!?】管理栄養士に聞いてみた!スポーツをしている子どもに必要な栄養素とは?