ランボルギーニ仙台、最新モデルHuracán STO北海道東北エリア特別展示商談会を開催

ランボルギーニ仙台(株式会社タジマモーターコーポレーション 宮城県仙台市泉区七北田新田36-1)では、6月20日(日)~26日(土)最新モデルHuracán STOの北海道東北エリア特別展示商談会を開催いたします。
https://www.tajima-motor.com/lamborghini-sendai/

特別展示商談会は6月20日(日)から26日(土)まで、地元宮城県はもとより、東北6県、北海道までをカバーするランボルギーニ仙台のショールームにて開催されます

ショールームには常時4台のランボルギーニを展示。ワークショップには、ランボルギーニ専用の診断機や最新のアライメントテスターを備え、メーカーでのトレーニングを受けたテクニシャンが常駐し、オーナー様が安心してランボルギーニライフを楽しんで頂ける体制が整っております。ぜひとも、この機会にご商談ください。

尚、商談のご予約、車の詳細についてのご質問は、直接お電話でお問い合わせ願います。

Huracán STO
昨年11月に発表されたHuracán STOは、レーシングモデルHuracán Super Trofeo EVOとGT3 EVOから生まれた、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセのモータースポーツの経験が凝縮された公道仕様のスーパースポーツカーで、その心臓の鼓動からレーシングカーならではの高揚感とエモーションを生み出します。  
ランボルギーニが数々の歴史的な勝利により築き上げ、長きにわたって培ってきたモータースポーツのノウハウが、Huracán STOの中に凝縮されています。優れたエアロダイナミクス、レーシングドライビングのダイナミックさ、軽量化技術、そしてかつてない最高のパフォーマンスを誇る自然吸気V10エンジンにより、毎日のドライビングでロード走行においてもサーキットで走行しているようなエモーションを体感できます。

<Spec>
排気量 5,204㎤(317,57cuin)
最大出力(kW/hp) 470/640/8,000rpm
最高速度 310km/h
加速 3.0s
気筒数 10

ランボルギーニ仙台
ランボルギーニ仙台は、株式会社タジマモーターコーポレーション(本社  〒165-0023 東京都中野区江原町3-35-3 会社代表 田嶋 伸博 )が、2018年9月、仙台市泉区にオープンさせた、北日本初の正規ランボルギーニディーラーです。営業エリアは北海道、宮城県、青森県、秋田県、岩手県、山形県、福島県。ショールームの場所は東北自動車道、泉インターチェンジから僅か300mという大変アクセスの良いロケーションに位置し、3000㎡を超える敷地には、最新のCIに沿ったショールームとワークショップを併設しております。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タジマモーターコーポレーション >
  3. ランボルギーニ仙台、最新モデルHuracán STO北海道東北エリア特別展示商談会を開催