「主婦=ブランク」という世の中のイメージを変えたい!「主婦のキャリアを考える」冊子を全国に配布する、クラウドファンディングがスタート!

全国の企業、自治体、公共施設、産婦人科への「冊子」10,000部配布に向け、クラウドファンディングに挑戦

「ただ、働きたい」そんなことが、主婦とってはハードルが高く、まだまだ難しい世の中です。
主婦や、これから大人になる子供たちにとって『もっと働きやすい未来』を。他力ではなく、キャリアに悩んだことのある主婦という立場から、声を広げていきたいと思っています。

このプロジェクトは、冊子を全国に配布することで「主婦=ブランク」という世の中のイメージを変え、主婦の期間をキャリアに変えて、イキイキと働ける主婦を増やすことを目的としています。

 


私は、何かを妥協しながら「働く選択肢」を見つけなければいけない主婦の現状に、やり切れない思いを抱えながら過ごしてきました。

日本では、主婦になった期間のことを「ブランク」と表現します。

しかし、家庭に入り子育てをしていた期間は、果たしてブランクなのでしょうか?

私自身、長女が産まれてから約8年間子育てに専念してきましたが、その期間は社会に出れば「ブランク」になっていました。
 

社会から離れていた期間が「ブランク」にならないように、主婦自身がキャリアビジョンを考えて少しでも動き出せたら、これからの生き方に自信を持てるのではないでしょうか。


将来の働き方、キャリアについて真剣に考えて動き出す主婦の姿が広まれば、世間のイメージも少しずつ変わるのではないでしょうか?主婦がもっと活躍できる世の中になるのではないかと思うのです。
 

●必要なのは、主婦の意識改革と、周囲の理解


冊子は、公共施設や産婦人科、幼稚園や保育園に設置を呼びかけていきます。

  • ふと立ち寄った公共施設で
  • 検診のために訪れた産婦人科で
  • 子供の通う幼稚園や保育園で
 

冊子を手にすることで、何かが変わる主婦がいるかもしれません。自分のキャリアについて前向きに考え行動を起こせる主婦が増えるかもしれません。

 

私たちは、全国の企業、自治体、公共施設、産婦人科への「冊子」10,000部配布に向け、このクラウドファンディングに挑戦しています。
 


 



今回の冊子は、「主婦に、キャリアを考えることの大切さ」を伝えることを第一目的としています。まずは「主婦」10,000人の働き方やキャリアに対する考え方が変われば、「主婦=ブランク」が「主婦の期間=キャリア」に変えていけると信じています。


今の時代を生きる主婦、そして次の時代を生きる主婦のためにこれからも取り組んでいきます!
 



【プロジェクト概要】

◆企画名:「主婦のキャリアについて考える」冊子を全国に配布したい!プロジェクト
◆主催:株式会社みらいきって
◆ご協力会社様:一般社団法人プロティアン・キャリア協会、4designs株式会社、一般社団法人終活協議会、株式会社morich
◆実施内容・目的:
このプロジェクトは、冊子を全国で配布することで「主婦=ブランク」という世の中のイメージを変え、主婦の期間をキャリアに変えて、イキイキと働ける主婦を増やすのが目的です。
◆クラウドファンディング実施期間:
・2021年9月20日〜2021年11月2日まで

「主婦のキャリアについて考える」冊子を全国に配布したい!プロジェクト特設サイト
https://camp-fire.jp/projects/view/484503

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社みらいきって >
  3. 「主婦=ブランク」という世の中のイメージを変えたい!「主婦のキャリアを考える」冊子を全国に配布する、クラウドファンディングがスタート!