【極上の切れ味をリーズナブルに】一流シェフ公認。フッ素加工した黒の包丁

クセになるほどよく切れる。

・和包丁の技術に欧州高級ナイフの合理主義が融合。両刃仕上げで切れ味抜群。料理の味も劇的に向上。
・ブレードは耐摩耗性に優れた日本製の高強度鋼AUS8を使用。刃こぼれしにくく、耐久性も抜群。
・ブレードをフッ素でコーティング。食材の刃離れが良く、錆や汚れも付きにくいので取り扱いが簡単。

【クラウドファンディングページ】
https://www.makuake.com/project/shadow/
【SHADOW】は和包丁と欧州の高級ナイフの技術を融合した切れ味抜群のキッチンナイフ。
ブレードにフッ素コーティングを施し、使いやすさがさらに向上しました。


今回ご紹介させていただく包丁は、漆黒のブレードが美しい新作の【SHADOW】です。
【SHADOW】はご家庭でのタフな使用を想定してブレードにフッ素コーティングを施し、食材の「刃離れ」が良く、汚れが付きにくい包丁に仕上がっています。
もちろん“SAMURA”の技術で培った、切れ味の鋭さは折り紙付き。
あなたの料理の味や見た目がアップする包丁として、ぜひお使いいただきたい逸品です。

 

【SHADOW】のブレードは高級刃物や医療機器用ナイフなどにも使用されている、日本製の高強度ステンレス鋼「AUS8」を単一の鋼材で使用しています。
 


【SHADOW】のブレードは高級刃物や医療機器用ナイフなどにも使用されている、日本製の高強度ステンレス鋼「AUS8」を単一の鋼材で使用しています。
AUS8は刃物に必要な硬さと適度な粘り強さ、そして錆びにくいという3つの必要項目を全て兼ね備えた特殊金属。
単一の鋼材で使用しても和包丁と遜色のない切れ味を発揮します。
【SHADOW】はAUS8を5000番の砥石を使い手作業で丁寧に研磨。
鋭い刃付けで抜群の切れ味を引き出しました。

【SHADOW】の黒色は、フッ素コーティングの黒。
ブレードにXYNFLONⓇのフッ素コーティングを施すことで錆びにくくなると共に、よく切れる包丁の3要素の一つ「食材の刃離れ」が各段に良くなりました。

 

 

ブレードに撥水性のあるフッ素コーティングを施した【SHADOW】は水汚れや油汚れが付きにくく、簡単に汚れが落とせます。
そのため食材の切り分けも、前の食材の汚れや臭いを布巾で簡単に拭き取れるので調理時間の短縮にも貢献します。
また鋼の和包丁と違い、ステンレス包丁は表面が酸化被膜に覆われているので錆が付きにくく、たとえ酸化被膜が傷ついても酸化被膜は自己再生するのでほとんど錆びません。
さらに【SHADOW】はブレード全体をフッ素樹脂が覆っているので直接水分が付かず、錆びのリスクがほとんど無いのでお手入れも簡単です。

【SHADOW】は欧州の合理主義に則り、人間工学に基づいた設計で製作されています。
また商品の制作にはスケッチによるイメージを3Dモデルを製作。
その3Dモデルを基にハンドメイドで試作品を作り、切れ味や持ち味など何度もチェックした後に実際のシリアルモデルを制作しています。

【SHADOW】は従来の“SAMURAシリーズ”と遜色ない切れ味に加え、フッ素樹脂加工で刃離れも良くなっています。
そのため包丁の扱いが苦手な人でも、食材をきれいにカットできます。
切れ味が悪い包丁を使っていると、食材の細胞壁を必要以上に壊すため、食材から味や香りを含んだ水分や油分が抜けやすく、また断面が潰れて見て目も良くありません。
【SHADOW】は料理の素人でも軽い力で堅いカボチャも、潰れやすいトマトも軽い力でスパッと切れ、刃離れが良くないお刺身の断面もとてもきれいです。
 


シェフナイフ
シェフナイフはもともと肉を切り分けで使用されていたので日本で「牛刀」と訳されましたが、日本の三徳包丁と同様に汎用性が高い包丁です。


ユーティリティナイフ
シェフナイフより一回り小さな包丁です。
シェフナイフより刃が薄く、手元で扱いやすいため食材を薄くスライスする時に適しています。
またサンドイッチなど柔らかい食材も、断面を潰さずカットできます。


ペティナイフ(果物ナイフ)
ブレードが非常に小さな包丁で、まな板を使わない野菜や果物の皮むきや芯抜き、ジャガイモの面取り、ニンニクなど香味野菜のスライスに適しています。
またハンドリングがしやすいので食材の飾り切りも楽にできます。


【商品発売は1月を予定】
2021年10月30日: クラウドファンディング終了
2022年1月上旬: 順次発送

【公式ページ】
クラウドファンディング : https://www.makuake.com/project/shadow/
ウェブサイト : https://mirasora.com/

【お問合せ先】
株式会社ミラソラ
〒107-0052
東京都港区赤坂4丁目8番19号赤坂フロントタウン3階
【連絡窓口】info@mirasora.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミラソラ >
  3. 【極上の切れ味をリーズナブルに】一流シェフ公認。フッ素加工した黒の包丁