検温アプリMetellがワクチンログ機能導入

体温や体調だけでなく、ワクチン接種記録も管理できるアプリとして提供開始

1000組織25万人以上が利用する体調管理サービスMetell-ミテル-は、2021年10月18日(月)よりワクチンの接種記録、各種検査記録をアプリで保存し、所属先と共有できる【ワクチンログ機能】をリリースいたします。これにより、日々の体温や体調とあわせて紙ベースのワクチン接種済証などをアプリで一元管理できるようになります。
2021年10月15日
株式会社アップリーチ

ITコンサルティング、システム・アプリ開発、ウェブサービス等を手掛ける株式会社アップリーチ(本社:千葉県浦安市 代表取締役:原康則)は、すでに1000組織25万人以上が利用する体調管理サービスMetell-ミテル-にワクチンパスポート機能を追加し、2021年10月18日より提供を開始いたします。



組織はワクチンの接種状況や検査結果の管理が可能に

 

体調管理サービスMetellは、これまで企業や団体などの組織が、所属するメンバーの体温、体調の情報をデジタル管理するツールとして、新型コロナウイルスが流行しだした2020年より多くの皆さまにご利用いただいております。今回、さらなるサービス拡充と利便性の向上を目的とし、ワクチンログ機能を追加開発いたしました。
これにより、企業や団体などの組織は、所属するメンバーのワクチン接種状況や各種検査の結果を、日々の健康状態とあわせて一元管理できます。
さらに、メンバー側は旅行先やイベント会場などでのワクチン接種済証や各種検査結果の提示、健康状態の申告がワンアプリで行えます。
ミテルの特徴でもある複数の所属先への報告や、ワンアプリで複数名分の管理ができる点は、ワクチンログ機能においても継続して使用できます。

 

 


身分証明書や顔写真の登録は不要
ワクチン接種済証や各種検査結果とあわせて提示が求められることの多い身分証明書ですが、ミテルはメンバーの所属先である企業や団体などの組織が報告内容を確認すると、認証マークがアプリに表示されます。そのため、身分証明書や顔写真の登録は原則不要です。(順次開発中)
※ただし、所属先がない場合は顔写真と身分証明書の登録が必要になる予定です。



◆「ミテル」導入ステップ
1.組織がサービスへ申込
(申込み→https://metell.jp/
2.申し込み後に発行される説明書を報告義務のあるメンバーへ配布
3.メンバーはアプリをダウンロード後、ユーザー登録し利用開始
※アプリのダウンロードは無料です


◆「ミテル」導入ステップ(個人利用)
1.AppStore、Googleplayより【Metell】をダウンロード
2. ゲストモードで体調、体温など日々の健康状態を記録
3. ワクチンログ機能を使用する場合は身分証明書、顔写真の登録が必要(順次開発中)
※アプリのダウンロードは無料です

ミテルは企業やスポーツ団体、大学や専門学校等の教育機関、福祉施設、医療機関、イベントなど、さまざまな組織で導入が進んでいます。「ミテル」の提供を通して、体調報告が新しいライフマナーとなり、経済活動が回復していくことを願っています。

Metell-ミテル-特設サイト>
https://metell.jp/


<株式会社アップリーチについて>
本社:〒279-0012 千葉県浦安市入船1-5-2 プライムタワー新浦安5階
代表者:原 康則
設立:2016年9月
事業内容:ITコンサルティング、システム・アプリ開発、ウェブサービス等
TEL:047-712-6966
WEB:https://www.appleach.co.jp/








 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アップリーチ >
  3. 検温アプリMetellがワクチンログ機能導入