【本日発売】枯山水をモチーフにしたペン「Zen Pen」をクラウドファンディングで限定発売

禅哲学を"手で触れて感じる"デザインで表現、米国クラウドファンディングKickstarterより先行販売開始

枯山水をモチーフにしたペン「Zen Pen」を2月11日よりKickstarterで限定発売開始
- 禅僧とのコラボレーションで生まれた、デスクを自分だけの瞑想空間に変えるペン -

 

株式会社Zenical(本社:東京都港区浜松町、代表取締役:木村 悠貴)は、枯山水をモチーフにした「Zen Pen」を禅僧とのコラボレーションにより開発し、2022年2月11日(金)より米国クラウドファンディングサービスKickstarterで限定発売開始しました。

創造力の重要性が増す現代において、その根幹は「問い」と向き合う力だと考えるZenicalは、禅を問いの技術と解釈し、生活の中に禅の知恵を取り入れるための商品開発をしています。このZen Penは徳川水戸松平家の末裔である松平洋史子氏や、禅 黄檗宗 禅僧である峻宏 和尚、禅 曹洞宗 禅僧である裕規 和尚の監修の元デザインされました。禅寺の庭に作られる枯山水の砂紋をデザインモチーフとし、有機的な曲線は最新の切削技術と群馬県の老舗ペン製造会社による職人技術によって実現。他にも日本古来の建物は柱を入れ替えることで左右非対称にすることから、突起をあえて中心線からずらすことで左右非対称にするなど、日本の伝統的な美意識を随所に取り込みました。

今回発売するのはクリエイターやコンサルタントなど、アイディアと高い集中力を求められる人たちのために作られたペン。日本の美意識や禅への独自解釈が、目で見て、手で触ってわかるデザインとして商品に落とし込まれたことで、生活の中にそれらのエッセンスを取り込み、自分だけの集中空間を作り出すことができる。

【商品詳細ページ】http://kck.st/35UFqwy
このZen Penの先行販売プロジェクトを2022年2月11日(金)〜3月13日(日)まで、米国クラウドファンディングサービスKickstarterにて限定発売されます。日本からも購入可能。


●Zen Penの3つの特徴
  1. 枯山水をモチーフにしたデザイン
  2. 日本の美意識や禅への独自解釈が、触ってわかるデザインとして商品に落とし込まれる
  3. 日本文化の第一人者や禅僧の監修によって開発
 
  • 枯山水をモチーフにしたデザイン

 

禅寺に作られる枯山水は岩と砂利で構成され、岩は山を、砂利で作られるうねり模様である砂紋は水の流れを主に表現しています。スタンドと組み合わせることで自分だけの小さな庭園が卓上に現れ、凛とした美しさを醸し出します。
 
  • 日本の美意識や禅への独自解釈が、触ってわかるデザインとして商品に落とし込まれる
1.滑らかな曲線と無骨な突起の調和

禅では矛盾する2つの要素を1つとし、また1つでありながら2つでもあるとします。この相反する要素の調和が表現された突起部分を使用者が指でなぞることで、心地の良い違和感を感じてください。

2.あえてずらされた突起が、左右不対象を美とする日本的美意識を体現

日本建築では完璧な状態にはすぐ魔が差し始めるとされ、立派なものほど意図的に文様の向きを変えたり造り残しを作ります。突起部分はあえて中心線から外れた位置に作られて全体を左右非対称にし、日本的美意識を体現しています。

3.線の繋がりを揃えることで完成するデザイン

禅とは脱いだ靴を揃えるような、生活の中の乱れを正す行為の中にある実践そのものだとされます。ボディにキャップを閉めることで、アルミ削り出し作られたラインが繋がったデザインが完成します。閉め忘れなどでこれがズレたことに気が付き丁寧に直すとき、その行為の中に禅の実践が生まれます。

 
  • 日本文化の第一人者や禅僧の監修によって開発
水戸徳川家の流れを汲む讃岐国高松藩松平家の末裔である松平洋史子氏、黄檗宗萬福寺副住職の峻宏和尚、曹洞宗大本山永平寺で修行後立職した裕規和尚など、禅や日本文化に精通する第一人者とのコラボレーションによって本質に根ざした制作が行われた限定商品です。

松平洋史子氏によるコメント
日本の美しさは、日本と西洋の庭園の違いに表われているように、割り切れないこと、つまりアシメントリーの中にあります。宇宙は曖昧さや葛藤に満ちており、その深遠な美しさの中に日本人の美意識を育んできたのです。そしてこのペンには日本人が古来持っている感性が満ちているように感じます。
 

峻宏 和尚によるコメント
禅を世界に広めた大家は「禅はどこにでもある。しかし、君にはいまここにしかない。」とおっしゃった。まさにこのペンはどこにでも禅をもたらすことができ、ペンを通じ、墨を通じ、その瞬間の自分自身の“いまここ”を描き示してくれるのかもしれない。例え同じ場所でこのペンを使っていたとしても、その置かれた環境がいつも同じではないということを教えてくれるだろう。そして、泥の中に咲く蓮のように、モヤモヤとした思考の池が、指で感じた枯山水と苔色の墨が生み出す空間によって、澄み切った池となり、活路を見出してくれるかもしれない。
製作者自らが脳と身体で実体験した禅、そこにエッセンスを加えて表現したこのZenical Penは、より身近に禅を感じさせてくれるものとなるだろう。しかし、そこに禅を感じるか否かは使用者自らに委ねられているのであろう。
 

裕規 和尚によるコメント
禅とは坐禅だけではなく、歩くことや人と会話することなど、生活全てが禅であり修行と考えます。ものを書く道具であるペンを、禅を意識し、禅の世界に触れツールとして再発明することは、本来禅が持っている考えを再構築するものとも言えます。ペンデザインに施された様々な仕掛けも大変興味深いです。


 
  • 【Zen Pen 製品概要】
価格:13,000円(特別価格)
販売方法:米国クラウドファンディングサービス Kickstarter
販売リンク:http://kck.st/35UFqwy

 

 
  • 商品詳細について

 
  • ペンサイズ
長さ 15.3cm
直径 1.3cm
グリップ直径 1.2cm
重さ 32g
 
  • 素材
ペン、グリップ、ペンスタンド共にアルミニウム
アルマイト処理されており、長く変わらない美しさで使用することができる
 
  • インク
三菱鉛筆 ジェットストリームプライム 0.7を採用
速乾性、滑らかさに優れ、非常に濃い黒を書くことができ、ボールペン好きにもファンが多い。
 
  • Press kit
https://drive.google.com/drive/folders/1IkpdntCJM1xh6M0X3XpZCc3PEC8bIoTS


【会社概要】

会社名:株式会社Zenical
所在地:〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-15ダイヤビルディング 2F
代表者:木村 悠貴
設立:2021年10月20日
URL:https://zenical.co
事業内容:禅僧とコラボレーションした商品製造開発販売を行う。日本国内の伝統産業関連者と共に商品開発や、海外販売代行・プロデュースも行っています。

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社Zenical
代表取締役 : 木村 悠貴
e-mail:kyuki@zenical.co
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Zenical >
  3. 【本日発売】枯山水をモチーフにしたペン「Zen Pen」をクラウドファンディングで限定発売