株式会社ヤマダホールディングスが「暮らしをまるごと」のコンセプト実現に向けて、小売業・サービス業向けシフト管理システム「アールシフト」を導入

小売業・サービス業向けシフト管理システム「アールシフト」(オーエムネットワーク株式会社(本社:新潟県新潟市、代表取締役社長:大野勝、以下オーエムネットワーク)提供)が、株式会社ヤマダホールディングス(本社:群馬県高崎市、代表取締役会長 兼 社長 CEO 山田 昇、以下ヤマダホールディングス)に導入されます。2022年2月より、ヤマダホールディングス傘下のヤマダデンキ・グループ会社、全1,065店舗で稼働予定です。

 

 

■アールシフト導入の経緯
ヤマダホールディングスでは「暮らしをまるごと」をコンセプトに、家電をはじめ、家具、インテリア、住宅・不動産、リフォーム、金融・保険など、多彩な事業を展開。お客様の豊かな生活と利便性の向上に貢献しています。
従来の家電量販店の形態にとどまらず、生活雑貨、日用品、玩具など幅広い品揃えでサービスを提供するためには、ワークスケジュールの再定義やシフト管理業務の効率化が不可欠です。

新たな方法を模索する中、国内シフト管理市場において従業員数1,000人以上の小売・サービス業導入企業数No.1(※)のアールシフトに着目。検証店舗での試験運用を経て、全1,065店舗へ導入することが決定しました。

 

■アールシフト導入のきっかけ
ヤマダホールディングスの各店舗では家電製品以外の取り扱い品目が大幅に増加。その分業務内容も増え、従来のワークスケジュール作成方法では実態にそぐわない部分が生じていた他、手作業でのシフト管理も店舗の負担となっていました。
アールシフトでは導入検証段階からワークスケジュールおよびシフト管理方法の再定義をおこない、「月間シフトの自動作成」「シフトと連動したワークスケジュールの自動作成」「店舗の作業状況の数値化」を実現。現場の実態に即したシステムとして、業務効率化や生産性向上を後押しします。

■アールシフト導入後の展望
ヤマダホールディングスが目指す「暮らしをまるごと」のコンセプトを実現する上で現場に欠かせないのが「やるべき作業をやるべき時間におこなえる仕事環境」です。
アールシフトによるワークスケジュールの再定義や自動作成、シフト管理業務全体の効率化を通じて、スタッフが「何時にどの作業をおこなうのか」を明確にし、店舗サービス向上、お客様の利便性向上へと繋げ、お客様の暮らしをより快適にすることを目指します。

オーエムネットワークは、シフト管理システム「アールシフト」を通じて、ヤマダホールディングスの更なる発展を支援していきます。

 

■アールシフトとは
アールシフトは、オーエムネットワークが提供する小売業・サービス業向けのシフト管理システムです。全国展開しているスーパーマーケット、生活雑貨店、レンタルビデオ店、衣料品店、ホームセンター、映画館、空港、コールセンターなど幅広い業種の企業様に選ばれ、全国1万店舗以上の現場で活用されています。
AIを活用した高精度なシフト自動作成(月間シフト/日別シフト対応)、作業割当を自動化するワークスケジュール機能、800を超える標準機能や個別カスタマイズで、企業特性に合ったシフト管理を実現します。

▼店舗向けシフト管理システム アールシフト
https://www.rshift.jp/

 

■会社紹介
オーエムネットワーク株式会社
弊社は、日本経済の重要な担い手である小売業、サービス業のお客様の課題解決手段として、各種ソリューション・システムをクラウドサービスでご提供しています。その中で、2016年に発表した店舗シフト管理システム/R-Shift(アールシフト)は、小売業、サービス業のお客様のご支持をいただき、多くのお客様にご採用いただいています。

▼オーエムネットワーク株式会社
https://www.omnetwork.co.jp/


 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オーエムネットワーク株式会社 >
  3. 株式会社ヤマダホールディングスが「暮らしをまるごと」のコンセプト実現に向けて、小売業・サービス業向けシフト管理システム「アールシフト」を導入