トマトの秘密結社はフードロスの救世主となりうるか?【熊本県八代市】

【日本初】※ 特定野菜オリジナル小説と加工品を組み合わせた、地方創生プロジェクトがクラウドファンディングへチャレンジ。※弊社調べ

熊本県八代市に創業した株式会社いっすんぼうし による新たなトマト加工品リリースプロジェクトがスタート。第一弾の商品として日本一の出荷量を誇る地元八代市の規格外トマト加工品とオリジナル小説とセット売り。全国的な知名度向上と地域振興を目的としたトマトな秘密結社の「規格外」なストーリーが幕を開ける。

知る人ぞ知るトマトの生産地 熊本県八代市。
同市は冬春トマトの生産量において、全国一位という順位に有りながらも、県外へ出荷される際には「熊本県産」という表記になるため、隠れたトマトの一大産地となっている。同社はこの度始まるクラウドファンディングで、小説家Vtuber「モノカキ・アエル」を起用し、中編小説を制作し、フードロス対応のトマトの加工品とともにリリースする。
 

【赤き大罪と白い嘘】ー君と始める全人類トマト化計画ー

トマトの秘密結社が仮想世界で人々を「トマト化」するという奇想天外なダークSF小説だが、要所要所でクスッと笑えるような本格ライトノベルとして仕上がっている。トマトの加工品を受け取った消費者は、小説を読み進めるうちに自然とトマトが気になってしまうという、秘密結社の巧妙な罠が仕掛けられている。

 

小説に負けない個性的でオリジナリティに溢れたイラスト表現
新進気鋭の漫画アーティスト青徒愬良氏がデザイン面で全面協力をしており、重厚かつ奇抜なアイキャッチとなっている。ヘンテコメカや野菜があふれる不思議な世界観だが、青徒氏のビジュアルの効果で、読むものを自然と物語に没入させることに成功している。


今回は同梱品としてスパイスを開発、トマトは農業のエンターテインメント化を目指す「as is farm」が提供する規格外品を使用。また、八代市内の「Kitchen house OCEAN」がスパイスの配合を担当。味も小説に負けない個性を発揮しており、同社らしい調味料に仕上がったといえる。メンバーは、八代市の開催する「やつしろ未来創業塾」塾生であり、市内の異業種交流により生まれた未来思考な新商品でもある。

プロジェクトは5月27日にCAMPFIREにて公開予定。トマトの秘密結社は全国に活動を拡大することになる。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社いっすんぼうし >
  3. トマトの秘密結社はフードロスの救世主となりうるか?【熊本県八代市】