「プラズマ乳酸菌」シリーズを展開するキリン・カンロ・オリヒロが、受験生と家族の免疫ケアをサポートする取り組みを実施全国の学習塾を中心に “受験生応援セット”を1月20日(木)より配布開始 

高校・大学受験を控える受験生700名を対象に調査を実施

受験直前を控え、 99%が体調管理は重要だと思う一方で、多数の受験生が免疫の低下要因である
「ストレス」や「睡眠不足」を抱えており、受験に向けて「免疫ケア」を習慣化したい人は86%という結果に。
 キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典 以下 キリン)は、キリンが発見した世界初の独自素材「プラズマ乳酸菌」を通じて、免疫ケアを啓発する「キリンのプラズマ乳酸菌で免疫ケア」プロジェクトを発足しています。
 プロジェクトの一環として、体調管理が重要になる受験シーズンに、受験生を対象に体調面の調査を行ったところ、風邪・インフルエンザ・新型コロナウイルスの予防対策を行っている受験生が86%と大多数を占めていましたが、免疫低下につながる「睡眠不足・ストレス・運動不足」を抱える受験生も多いことが判明しました。
 調査結果を受けて、一人でも多くの受験生の体調管理をサポートするために、キリン・カンロ株式会社(社長 三須 和泰、以下 カンロ) ・オリヒロ株式会社(社長 鶴田織寛 以下 オリヒロ)のプラズマ乳酸菌製品を展開する企業が連携し、大学受験を控える受験生が通う、全国の学習塾を中心に “受験生応援セット”の配布を開始しました。

 
  • 受験生700名を対象とした、受験生に対する体調面での調査を実施
 2022年に高校・大学受験を控える、中学生・高校生(浪人生含む)700名を対象に、受験生の体調面の実態や免疫ケアへの意識を調査しました。調査では、受験において体調管理が重要と考えつつも、多くの受験生が免疫低下のリスクを抱えていることが判明。また、免疫ケアを習慣化したいという受験生が多くいることが分かりました。

<調査サマリー>
●受験を直前に控えた受験生の心配事TOP3は「勉強量が足りているか」に次いで、「インフルエンザ・新型コロナウイルスなど当日風邪・病気にならないか」「日々の体調管理」。また、99%の受験生が体調管理は重要だと思うと回答
風邪インフルエンザ・新型コロナウイルスの予防対策をおこなっている受験生は86%。
半数以上の受験生が、半年前と比較して、「運動頻度の現状」「ストレスの増加」(免疫低下の要因)を経験。
●受験生の74% が「受験勉強に集中できずにストレスを感じたことがある」とし、
43%が「受験が不安で眠れない時がある」と回答。免疫低下の要因を抱える受験生が多数いることがわかった。
●受験生の86%が「免疫ケアを習慣化したい」と回答。

<調査概要>
● 調査タイトル:受験生に対する体調面での調査 ● 調査期間:2021年12月~2022年1月
● 調査対象者:700人、高校受験・大学受験を控えた男女(浪人生を含む)●調査方法:インターネット調査
 
  • 受験を直前に控え、今不安・心配なこと…勉強量に次いで、「風邪・病気にならないか心配」「日々の体調管理」99%が、受験直前を控え、体調管理は重要だと思うと回答
 受験生に、現在の不安や心配なことを聞いたところ、「勉強量が足りているか心配」という結果に次いで「インフルエンザ・新型コロナウイルスなど、当日に風邪・病気ににならないか心配」(46%)、「日々の体調管理が心配」(35%)という回答に。さらに、99%が「受験を直前に控え、体調管理は重要だと思う」という結果になり、大半の受験生が受験を直前に控え体調管理を重要視していることが分かりました。

 
  • 風邪・インフルエンザ・新型コロナウイルスの予防対策をおこなっている受験生は86%

 さらに、コロナ禍2年目になる受験シーズンというタイミングもあり、
「2021年の冬は、風邪・インフルエンザ・新型コロナウイルスの予防対策をおこなっている」と回答した受験生は86%という結果になりました。
試験当日までに体調を崩さないように対策を行っている受験生は多い傾向にあります。
 
  • 半数以上の受験生が、半年前と比較して、「運動頻度の減少」「ストレスの増加」(免疫低下の要因)を経験。
 一方で、6ヵ月前と比べて「運動頻度の減少」「ストレスの増加」を経験している受験生が半数以上いることが判明しました。受験直前になると、こういった免疫低下の要因となるようなリスクを抱えている受験生が多くなる傾向があります。

  • 受験直前期に…「最近、体調不良を感じた経験がある」62%、「受験が不安で眠れない時がある」43%、「勉強が集中できずストレスを感じることがある」74% という結果に
 また、受験直前期の12月〜1月にかけて、体調不良や睡眠不足、ストレスなどを感じたと回答した方が多数いました。「最近、体調不良を感じた経験がある」 62%、「受験が不安で眠れない時がある」43%、「受験勉強に集中できずにストレスを感じたことがある」74%という結果に。

 

  • 「免疫ケアができている」と思わない受験生は44%という結果に。86%が「免疫ケアを受験に向けて習慣化したい」と回答

 免疫を維持するために効果的な食品を摂取するなどの“免疫ケア”の意識について調査を行ったところ、「私は免疫ケアができていると思わない」と回答した方が44%という結果に。
 さらに、「免疫ケアを受験に向けて習慣化したいと思う」と回答した方は86%という結果になりました。
 受験直前を控えて、免疫ケアを習慣化したい受験生が多く見受けられました。


受験生応援セットについて
このような調査結果を受けて、一人でも多くの受験生の体調管理をサポートするために、
キリン・カンロ・オリヒロプランデュの「プラズマ乳酸菌」シリーズを展開する企業が連携し、
受験生が通う、全国の学習塾を中心に “受験生応援セット”の配布を開始することにいたしました。
※配布商品は変更になる場合があります。

 
  • キリン iMUSE レモン 500ml ペットボトル

爽やかなレモンの果汁感にほんのり甘さを加え、
すっきりゴクゴク飲める甘さ控えめのレモンウォーター。
プラズマ乳酸菌1,000億個配合。低カロリー。果汁1%。

 
  • カンロ ピュレグミ iMUSE プラズマ乳酸菌

 

甘ずっぱく爽やかなレモンヨーグルト味。
パッケージデザインは、美味しさと機能性の両立にこだわりました。
1袋にプラズマ乳酸菌1,000億個配合。

 
  • オリヒロ ぷるんと蒟蒻ゼリーパウチ プラズマ乳酸菌(巨峰味)

 

果汁たっぷりの巨峰味。
手軽に食べられるパウチタイプのこんにゃくゼリー。
1袋にプラズマ乳酸菌1,000億個配合。





機能性表示食品
●機能性関与成分:プラズマ乳酸菌(L. lactis strain Plasma) (1,000億 個)
●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
●本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
【届出表示】本品には、プラズマ乳酸菌(L. lactis strain Plasma)が含まれます。プラズマ乳酸菌はpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけ、健康な人の免疫機能の維持に役立つことが報告されています。

“受験生応援セット”配布協力塾

 

センセイプレイス株式会社

大学受験生向けに専属の学習コーチと独自のメソッドによって、結果にコミットする
オンライン個別指導塾を展開。東大早慶など難関大を突破した成功体験を持つ現役大学生によるコーチ陣を抱える。 「ゲームにハマるように受験勉強に没頭する」学習責任者独自の学習法を採用。
 

 


センセイプレイス株式会社 代表取締役社長 庄司 裕一 コメント

受験直前になると、見えないストレスやプレッシャーが出てきて身体への免疫抵抗も落ちてしまうこともあると思います。そんな中こういった、気軽に免疫ケアができる商品があることは実際の効果だけでなく、「自ら免疫ケアに取り組んでいる事そのもの」が精神面にもポジティブになれる面もあると思います。なので、今回の取り組みは我々としても受験生への後押しになると思っています。
生徒への応援も込めて“受験生応援セット”をお渡ししたいと思います。

プラズマ乳酸菌について

■プラズマ乳酸菌について
「プラズマ乳酸菌」は、健康な人の免疫機能の維持をサポートする乳酸菌です。免疫細胞「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)」にちなんで名付けられ、キリンホールディングス株式会社、小岩井乳業株式会社、協和発酵バイオ株式会社および国内外の大学・研究機関と共同でこれまで多くの論文・学会発表を行っています。

 

 

■世界初!※1 プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)に働きかける乳酸菌

「プラズマ乳酸菌」は、「免疫の司令塔」である「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)」を活性化します。活性化された司令塔の指示・命令により、免疫細胞全体が活性化され、外敵に対する防御システムが機能します。
※1 ヒトでpDCに働きかけることが世界で初めて論文報告された乳酸菌(PubMedおよび医学中央雑誌WEBの掲載情報に基づく)
 

 

■「プラズマ乳酸菌」の2週間以上の摂取によってプラズマサイトイド樹状細胞(pDC)が活性化!

「プラズマ乳酸菌」の2週間以上の摂取によってpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)が活性化します。また、「プラズマ乳酸菌」の摂取期間はpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)の活性が高く維持され、摂取を中断すると緩やかに低下することが報告されています。「プラズマ乳酸菌」は継続して摂取することが大切です※2。
※2 研究レビューの対象となった論文のうち、代表的な2報を事例として掲示しています。なお、今回紹介する製品を用いた臨床試験ではありません
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. KIRIN プラズマ乳酸菌 PR事務局 >
  3. 「プラズマ乳酸菌」シリーズを展開するキリン・カンロ・オリヒロが、受験生と家族の免疫ケアをサポートする取り組みを実施全国の学習塾を中心に “受験生応援セット”を1月20日(木)より配布開始