バーチャルイベントプラットフォームのAirmeetが、Sequoia Capital IndiaやProsus Ventures等から総額$35MのシリーズB資金調達を実施

Airmeet Inc.(本社:米国、主な拠点:インド、CEO:Lalit Mangal、以下「Airmeet」)は、Sequoia Capital India、Prosus Ventures、Sistema、RingCentral Ventures等から、シリーズBラウンドで総額$35Mの資金調達を実施したことをお知らせいたします。

 

バーチャルイベントプラットフォームを運営するAirmeetは本日、シリーズBラウンドで総額$35Mの資金調達を実施したことをお知らせいたします。本ラウンドには新規投資家であるProsus Ventures、Sistema Asia Fund、RingCentral Ventures、KDDI Open Innovation Fund、DG Daiwa Ventures、Nexxus Globalや、既存投資家であるSequoia Capital IndiaとAccel India等が参加しました。

昨年Airmeetは、既存のユーザーコミュニティからの口コミにより急成長を遂げ、シリーズAラウンドでの調達から継続収益(リカーリングレベニュー)は24倍に上がり、現在でも前月比30%の成長を続けており、これまで12万以上のイベントを開催し1.5億分のビデオストリーミングをグローバルに配信しています。

本ラウンドでの調達資金により、グローバル市場での事業拡大に向けて、研究開発やGTM機能の拡充に重点的な投資を行う予定です。また、グローバルにおけるブランドとプロダクト認知度の向上のためのPR戦略にも注力して参ります。

AirmeetのCEO兼共同設立者であるLalit Mangalは「顧客エンゲージメントにおいて新しいソリューションの必要性が急速に増している中、ブランドはバーチャル空間でも人間味を持ちながら顧客とコミュニケーションしなければなりません。私たちのミッションは、常にエンゲージメントに焦点を当て、インタラクティブなイベントを通して、企業の顧客エンゲージメントの拡大を支援することです。」と話しています。

Airmeetのプラットフォームはイベントの没入感を向上させ、企業やコミュニティがイベントを通じてオーディエンスと繋がり、コミュニケーションを取り、長期的な関係性を築くことサポートしていきます。 マーケティング担当、コミュニティ・マネージャー、営業担当、カスタマーサクセスなど、幅広い業種の方が、Airmeetの全方位型エンゲージメントプラットフォームを活用して、オーディエンスのニーズを深く掘り下げ、高度なインタラクティブ性を活かし、顧客のエンゲージメントを高めることができます。

Airmeetでは、企業や組織が国境を越えて関係を築き、新しいレベニューソースを生み出すため、「Conference」と「Social Webinar」の2つのプロダクトを提供しており、10万人規模の参加者、ウェビナー、ハイブリッド会議、トレードショー、ワークショップなどのマルチフォーマットイベントをサポートし、仮想現実やメタバースに拡張して没入感の高い体験を提供する、包括的なエンゲージメント・スイートを構築しています。
 

  • 本出資に関して 

Prosus Ventures Head of Investments, India Ashutosh Sharma
「このパンデミックは、私たちの働き方や、顧客や従業員などのステークホルダーとの関わり方に著しい変化をもたらしました。この変化により、アジャイルでバーチャルなソリューションへのビジネスニーズはより高まりを見せています。エンタープライズ SaaS市場での変革と進化を推進し、独自の顧客中心アプローチによって優れたオーディエンス体験を提供するAirmeet 社と提携できることを嬉しく思います。」

Sistema Asia Fund Senior Partner Sumit Jain
「バーチャルイベントの世界市場は、働き方、ネットワーキング、マーケティングのニューノーマルに後押しされ、1100億ドルものマーケットに成長しました。Airmeetはオフラインに近いミーティング体験を提供する優れた製品で、世界のミーティング市場におけるこの大きなパラダイムシフトを牽引するに、まさにふさわしい存在です。」

Sequoia India Principal Abhishek Mohan
「このパンデミックにより企業は様々なステークホルダーとのコミュニケーションをデジタル化していますが、Airmeetはまさにこの変化の最前線にいます。我々がAirmeetのパートナーとなり18ヶ月以上が経ちますが、彼らのプロダクトフォーカス、絶え間ぬエグゼキューション、そしてカスタマーの高い満足度を見てきました。私達はこの先何年もAirmeetが成長することを楽しみにしています」

DG Daiwa Ventures 代表取締役 大熊将人
「私達の働き方が世界中で加速度的にオンライン化する中、Airmeetはオンラインとオフラインの双方の特長を組み合わせた、イノベーティブなプロダクトを提供しています。既存のソリューションが持ち合わせていないフルスタックの顧客エンゲージメントにはさらなる市場のニーズを期待しています。今回の出資を通してAirmeetの一員となれることを光栄に思うとともに、日本市場での取り組みでもご一緒できることを楽しみにしております。」

Ring Central Chief Innovation Officer Kira Makagon
「リモートワークの推進や働き方のハイブリッド化により、バーチャル領域での顧客エンゲージメントソフトウェアへの需要は加速しています。我々は2019年のローンチ以来の急成長を遂げるAirmeetの投資家であることを誇らしく思います。RingCentral Venturesはミッションとして『コミュケーションやコラボレーションへの変革を支える』を掲げていますが、Airmeetはまさにそれに合致する世界レベルのソリューションです。」
 

  • Airmeetについて

Airmeetは、企業、団体、教育機関、中小企業、コミュニティー、政府機関等が、リッチで魅力的、そして没入感のあるイベント体験を通じて、世界中のオーディエンスとのコミュニケーションを確立するためのイベント主導型の顧客エンゲージメント・プラットフォームです。

アメリカに本社を置き、インドと北アメリカに300人以上の社員を擁するリモートファースト企業Airmeetは、2019年にLalit Mangal、Manoj Singh、Vinay Kumar Jaastiの3人が共同設立しました。LalitはCommonfloorのQuikr.comへの$200Mの買収を成功させた連続起業家です。

Flipkart、Fifth Element Group、BMF Media、Unifrog Education、NPower Inc、University College London、Rotman School of Management、Zircom (Shell Oil)、Viacom CBS、Texas Tech University Health Sciences Center、Minnesota State University、Mankato、First3Yearsなど5,500以上のブランドが、毎月世界中でAirmeetのプラットフォームを利用してイベントを主催しています。

Airmeet は、ユーザーコミュニティから絶大な支持と好評を得ており、NPS や G2 Crowd の評価は業界最高水準にあります。Airmeet の詳細については、https://www.airmeet.com をご覧ください。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Airmeet Inc. >
  3. バーチャルイベントプラットフォームのAirmeetが、Sequoia Capital IndiaやProsus Ventures等から総額$35MのシリーズB資金調達を実施