日本初のインテントデータを活用したBtoBセールスインテリジェンス「Sales Marker(セールスマーカー)」提供開始のお知らせ

インテントデータ(興味関心データ)を活用した確度の高い見込み客の特定により、セールス・マーケティングにおいて高いKPIの達成を実現

CrossBorder株式会社(代表取締役:小笠原羽恭)は「あなたの商品・サービスを欲しい顧客」が見つかるをコンセプトに、従来の営業リストを活用した新規開拓プロセスにおける課題を解決すべく「Sales Marker(セールスマーカー)」を開発。
Sales Markerを用いることで、成約確立の高いターゲットに対して素早くアプローチできるようになる上に、リード情報を取り込むことで、社内に分散しているリードを名寄せ・情報の拡充を実現。またKPIやターゲット情報をシームレスに自動連携する機能を開発中で近日公開予定。
https://sales-marker.jp

インテントデータとは
 インテントデータとは、顧客が何に興味や関心を持っているのかを知ることができる行動データのことです。
行動データの中でも意志を持って行われた行動のことを指しています。インテントとは「意図・目的」を意味する英単語が語源です。インテントデータがあることで、より精度の高いマーケティングを行うことができます。また、顧客にアプローチをする優先順位を判断するためにも活用されています。

なぜインテントデータが注目されているのか
 最近のTOPO*の調査によると、米国では62%の企業がひとつ以上のインテントデータソリューションを利用しており、2020年9月時点と以前の利用率を比較すると、2018年から121%、2019年からは29%増加しています。
 インテントデータを活用することで購買意欲の高い顧客を初期の段階で見つけることができるので、タイミングを見計らってのアプローチが可能です。顧客に合わせてアプローチができるため、成約率が上がります。

 また、インテントデータと自社サイトのデータを組み合わせることによって、顧客に対するアプローチ方法のバリエーションが広がります。インテントデータを提供するベンダーと、より高度なマーケティングを目指すBtoB企業のニーズがマッチしているため、急速に導入が進んでいます。
※TOPO:米国カリフォリアを拠点とするリサーチ&アドバイザリーファーム


「Sales Marker」はインテントデータを活用した国内初のセールスインテリジェンス

従来の営業リストを活用した新規開拓プロセスにおける課題
・自社商品・サービスとマッチしたターゲット顧客の特定、属性情報により絞り込みおよびリスト作成に時間がかかる。
・たとえ、コンタクトが取れたとしても「今はいらない」「他社商品・サービスを導入してしまった」などと言われてしまいなかなか成果に繋がらない。
・興味を持っている顧客の会社名と、該当企業の業種、従業員数、売上などの関連情報を知りたい。
・ABM(アカウントベースドマーケティング)を始めたいが、コストが高くてなかなか始められない。

Sales Markerはこのような悩みを解決します。
 
「Sales Marker」の6つの特徴
購買意欲のある営業リスト作成
 顕在化していない潜在顧客の興味や関心をデータ化し、「企業のニーズ」を検知し、見込み客が検討段階にいる時からアプローチが可能です。
30秒でリスト作成
 国内主要企業の企業情報から30秒で行動データに基づく購買意欲の高い営業リストを作成。
他社より先行したアプローチ
 業種や地域、売上などの情報に加えて「資金調達情報・採用情報・広告出稿」などをリストに反映することで他社より先にアプローチ。
商談化率・成約率の向上
 興味や関心データに基づく見込み客に絞った営業により、高い商談化率・成約率を実現します。
社内情報を統一
 名寄せ・不足情報の補完・表記揺れを解決し、データを整え統一し、社内で有益な営業情報を共有。
営業の超効率化
 今までWeb調査にかかっていた時間を80%削減し営業の超効率化を実現。
※自社導入先実績を参照

◆セールスインテリジェンスとは?
セールスインテリジェンスとは、営業およびマーケティングチームが自社の潜在顧客とそのニーズを分析し効率的にアプローチするのに役立つソリューションのことです。主にインターネットの行動履歴データから潜在顧客のニーズを分析し、自社製品やサービスのニーズを持つターゲット顧客に的確なアプローチ方法をするために利用されます。

・調査期間 2022年6月1日~30日、2022年7月
・自社調査
・インターネットにて日本国内の「セールスインテリジェンス」として調査実施

◆Sales Markerサービスページ
https://sales-marker.jp

CrossBorder株式会社 会社概要
会社名 : CrossBorder株式会社
代表者:代表取締役 小笠原羽恭
所在地:東京都⽬黒区碑文谷5丁⽬2番5号 T&Aビル5階
設立 :2021年7月
HP   :https://cross-border.jp
事業内容:セールスインテリジェンス Sales Markerの開発・運用、ビジネスニュースプラットフォームGlanceの開発・運用
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CrossBorder株式会社 >
  3. 日本初のインテントデータを活用したBtoBセールスインテリジェンス「Sales Marker(セールスマーカー)」提供開始のお知らせ