コロナ禍で日本への入国が遅延した留学生を支援~「千本財団 新型コロナウイルス対策特別給付奨学金」の募集を開始~

アジア太平洋各国出身の留学生、日本国内15大学に在学の2・3年生を対象とした新規奨学金プログラム

公益財団法人千本財団は、日本国内の指定する15大学に入学しながらもコロナ禍の影響により予定通り入国できなかったアジア太平洋各国出身の留学生を対象に、月額8万円の返還不要の奨学金を1年間給付するプログラムを開始した。成績優秀かつ将来祖国と日本の橋渡しとなるリーダー人材を支援する。

 

2021年度奨学生認定授与式にて2021年度奨学生認定授与式にて

▼千本財団 新型コロナウイルス対策特別給付奨学金 募集情報▼
https://semmoto.or.jp/scholarship-system#a2

【出願資格】
(1)国籍とビザ
現在、勉学のための在留資格「留学」で日本に在留している者で下記の国籍の者
ラオス人民民主共和国 カンボジア王国 ミャンマー連邦共和国 インドネシア共和国 ベトナム社会主義共和国 フィリピン共和国 タイ王国 マレーシア アメリカ合衆国
(2)在籍状況
 下記の指定大学の四年制学部に在籍する2年生及び3年生(2022年10月1日時点で、見込みも含む)を対象とします。
●指定大学
大阪大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際基督教大学、上智大学、筑波大学、東京大学、東京工業大学、東北大学、名古屋大学、一橋大学、北海道大学、早稲田大学
(3)学業・健康
学業優秀の他、異文化理解、コミュニケーション能力に対する関心を持ち、また目標に 向かって真摯に努力する姿勢を兼ね備え、心身ともに留学生活に耐えうる健全な者。
(4)経済状況
経済的な理由で留学費用の全額支弁が困難である者
(5)年齢
1993年 4 月 1 日以降に生まれた者(2022年3月31日時点で29歳未満の者)

【募集人数】
学部2年生および3年生あわせて7名以内

【奨学金の概要】
(1)給付額 月額8万円 *返還の義務はありません。
(2)給付期間 2022年10月~2023年9月(1年間)
(3)給付方法 原則として、毎月1カ月分を奨学生本人の口座に毎月10日に振り込みます。 (初回の10月分のみ、11月分とあわせ、11月に2カ月分まとめて振り込みます。) *10日が休日(土・日)及び祝日の場合は、直前の平日に振り込みます。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人千本財団 >
  3. コロナ禍で日本への入国が遅延した留学生を支援~「千本財団 新型コロナウイルス対策特別給付奨学金」の募集を開始~