全脳の画像解析・脳健康測定プログラムを提供する株式会社エム、シードラウンドで総額2.15億円の資金調達〜サムライインキュベート、松尾豊氏らが投資家として参画〜

全脳の画像解析・脳健康測定プログラム「MVision シリーズ」*を展開する株式会社エム(本社:東京都港区、代表取締役:関野勝弘、以下「エム」)は、ベンチャーキャピタルの株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原 健太郎、以下「サムライインキュベート」)が運営するファンドや個人として参加された東京大学大学院教授の松尾豊氏ら複数の投資家により、シードラウンドとして総額2.15億円の資金調達を実施しました。今回の資金調達は、経営基盤の更なる強化を目指し、主に製品・サービスの更なる改善、導入医療機関の拡充、人材採用に充当することを目的としています。
*一般消費者向けプログラム”MVision health”、 医療機関向けプログラム “MVision brain”(現時点での仮称)を含むエムの有する製品群一式を指す総称。なお、MVision healthは医療機器ではなく、いかなる疾病の予防、診断、治療目的に用いられるものではありません。医師の診断のもと、特定の疾病が認められなかった健常な受診者のためのサービスに供されます。
■資金調達の背景
わが国において、健康寿命を脅かす最大の要因は脳の健康となりつつあります。更に、認知症をはじめとする脳疾患の多くは、発症の10年以上も前から徐々に進行し、元に戻ることは難しい生活習慣病です。なるべく早期にその予兆を検出し、生活習慣を正すことが大切です。
しかし、従来、脳の健康を知る有効な方法である脳ドックは、脳腫瘍や脳動脈瘤といった、稀ではあるものの早急な対処を必要とする重篤な疾患の検出を主な目的としています。未病段階での脳の健康状態を客観的な指標をもって評価し、受診者に生活習慣を見直すきっかけを与えるようなサービスを提供していませんでした。
「MVisionシリーズ」は、脳MRI画像に適用することにより、未病段階での全脳の健康状態を可視化、数値化し、かつ同年代のビッグデータと比較することが可能になります。これらは、脳ドック等を実施する医療機関にとっては、受診者に新たに提供できる付加価値となります。
このように、エムは医療機関に「MVisionシリーズ」を提供することを通じて、新たな価値を創出し、受診者の皆様の行動改善につなげ、その結果として「一次予防」、すなわち認知症などの脳疾患を発症する人を総人口レベルで大きく減らす動きにつなげることを目指しています。現在は、脳ドックを受診する一般消費者向けプログラム ”MVision health”の提供(テストラン)を通じ、サービスのブラッシュアップを推進中です。
今回の資金調達により、MVision healthおよびMVision brainを核とした製品、サービスの機能およびUI/UXの改善、全国の医療機関に広く安心して導入して頂くために必要なカスタマーサクセス、医療機器プログラムとしての認証および承認を見据えたプロダクトマネジメント、といった各領域に必要な人材やシステムの充実を加速して参ります。
■投資家からコメント(サムライインキュベート)
株式会社サムライインキュベート Partner | Investment Group
會 義貴 (かい よしたか)氏


「高齢化が進む日本において、健康寿命の延伸と社会保障費の管理は重要なテーマとなっています。その中で、認知症は発症した方と介護される方々のQOLに長期にわたり影響を及ぼし、医療費のみならず介護費用やインフォーマルケアコスト等の社会費用負担が重い病気です。MVision brainは、脳のMRI画像を従来と異なるアプローチで分析・活用する事で認知症をはじめとする脳疾患リスクを可視化し、未病段階から早期対応を促す事ができる素晴らしい技術だと感じました。経験豊富なエムのマネジメントチームであれば、より健康な未来を創っていけると信じております。」

■株式会社エムの概要
「未来の健康不安に、分析と対策を」をミッションに、代表取締役の関野勝弘と、共同創業者であり、米国ジョンズホプキンス大学医学部放射線科教授の森進が、2021年6月に創業。医学の世界最先端である米国において開発されたAI技術と、健康診断、脳ドックを通じて数十年にわたって蓄積された日本にしかない「未病段階」の脳画像データを活用することにより、世界の脳画像研究をリードする一人である森を中心としてMVision healthを開発しました。これらを脳ドック等の頭部MRIに組み込むことで、MRI機器を保有する医療機関は、これまで医師の目視だけでは成し得なかった未病段階での全脳の健康状態の定量化、同年代比較という受診者の行動改善を促す価値ある情報提供を目指すことができます。
エムは、医療機関の皆様に対して、MRI機器という高額資産の有効活用という経営課題解決、脳ドック等の健診プログラムの「市民の脳疾患一次予防拠点」への高度化といった経済的意義、社会的意義をもたらすことを目指しています。エムは、医療機関の皆様と協力して「数値に基づき脳の健康状態を評価して対策する」手段を広く普及させることにより、認知症等の脳疾患に対して理性的な対策を講じることができる社会を作っていきます。
・資本金: 21,000,000円
・本社: 東京都港区三田2-10-6三田レオマビル10階(2022年5月30日に移転済み)
・「エム」コーポレートサイト: https://www.corporate-m.com/
・「MVision brain」TOPページ: https://www.corporate-m.com/service/

左から 谷口善洋(執行役員COO)、會義貴Partner(サムライインキュベート)、関野勝弘(代表取締役)、森進(創業者、ジョンズホプキンス大学教授)、阪上暁(執行役員CFO)

本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社エム CFO:阪上暁
Email: info@corporate-m.com

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エム >
  3. 全脳の画像解析・脳健康測定プログラムを提供する株式会社エム、シードラウンドで総額2.15億円の資金調達〜サムライインキュベート、松尾豊氏らが投資家として参画〜