⼀般社団法⼈ 埼⽟県スマートまちづくりを設⽴し、7⽉よりサービスを開始いたしました。

埼玉県の公共施設の有効利用・再生事業によって埼玉の官民をつなぎ、街の賑わいを作り出します。

埼玉県の公共施設の有効利用・再生事業を主業務とし、2022年4月、一般社団法人埼玉県スマートまちづくり(埼玉県さいたま市大宮区宮町2ー73、代表理事 山田 隆之、理事 佐藤 良久、榎本 登志雄、今井 房子)を設立し、7月より埼玉県にてサービスを開始いたしました。

埼玉県スマートまちづくりは、埼玉を持続可能な街にするため、賑わいを創出する場や施設を作り出し、貸したり、売ったり、施設運営をしたり、イベントを起こしたりする集団です。
埼玉の官民をつなぎ街の賑わいを作り出してまいります。

【主な取り組み】
1.埼玉県内の公共施設の有効利用・再生事業
人口減少時代においてすでに使われなくなった、また今後使われなくなる施設を抱える市町村が多くなると予想されます。埼玉県には63の市町村があります。この全国的にも市町村数が多い埼玉県で、行政だけでは解決できない施設や空間運営の再利用、再活用のお手伝いを我々は応援していきます。各施設や空間をそれぞれ街の歴史や文化や自然や関わる人を深堀することで、埼玉県でしかできない公共空間の再生を街の人達や企業をも巻き込み、新しくて持続可能な使い方を作り出して参ります。

2.埼玉県内のタウンマネジメントによるまちおこし
埼玉県内のタウンマネジメントによるまちおこしとは、埼玉県内それぞれの街の賑わいを創出し、街の活性化を図る活動をすることです。旧来の施設を再構築することなどで、街のアイコンを作りながらブランディングやプロモーションなどのマーケティング活動を行います。そうすることで、その街で働くスタッフを増やし、さらに研修等を行うことで、街のホスピタリティーの向上=街の価値が上がることを目的に日々取り組んでいます。またその街を応援してくれるスポンサーの誘致やメディアへの発信、活動も行います。

3.これらの施設運営
新たに再生された施設は、そのままではいち情報として埋もれてしまうことも多いのも事実です。我々は各施設や空間運営のプロデュース業を通じて、各プロジェクトを始めるきっかけからの情報を発信し続けることで、その施設や空間の魅力やストーリーを全世界に発信してまいります。そうすることで持続可能な施設運営を可能にしてまいります。

【法人概要】
会社名:一般社団法人 埼玉県スマートまちづくり
代表者:代表理事 山田 隆之
理事:佐藤 良久、榎本 登志雄、今井 房子
所在地:埼玉県さいたま市大宮区宮町2-73-2
TEL:048-700-3306
設立:2022年4月
事業内容:公共施設の有効利用・再生事業
     まちおこし・ブランディングやプロモーションなどのマーケティング
     施設や空間運営のプロデュース
ホームページ:https://saitama-town.jp/
埼玉県の公共施設の有効利用・地域における再生事業、まちおこし・ブランディングやプロモーションなどのマーケティングなど施設や空間運営のプロデュースのお手伝いをさせて頂いております。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

【本件に関するお問合わせ】
会社名:一般社団法人埼玉県スマートまちづくり
担当者:代表理事 山田 隆之
TEL:048-700-3306
e-mail:info@saitama-town.jp
  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人埼玉県スマートまちづくり >
  3. ⼀般社団法⼈ 埼⽟県スマートまちづくりを設⽴し、7⽉よりサービスを開始いたしました。