Dental Predictionと日本IBM、IBMのAIを活用し、症状から関連性の高い疾患を提示するソリューションを開発

株式会社Dental Prediction(デンタル・プレディクション、所在地:東京都港区、代表取締役 兼 CEO:宇野澤元春、以下「Dental Prediction」)と日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山口明夫、以下「日本IBM」)は、歯科医師や歯科衛生士が歯の疾患が気になっている方(以下、利用者)からの問い合わせに迅速かつ的確に回答できるよう、IBM Watsonを活用し、症状から関連性の高い疾患や回答案を提示するソリューションを開発しました。

Dental Predictionでは歯の疾患が気になっている方が、時間や場所を問わず、歯科関連で気になる症状をスマートフォンやPCから手軽に相談することのできる窓口の開設を計画しています。そのため、気になる症状や状態を表すコメントから、応急処置や早期の受診をお勧めするなど、歯科医師や歯科衛生士が質の高い回答を効率よく文章化できるしくみの構築を進めていました。

今回開発した回答案提示ソリューションは、IBMのAIプラットフォームであるIBM Watsonを活用し、20名以上の歯科医師や歯科衛生士のノウハウと、7000件以上の相談・回答データを学習したAIモデルをIBM Cloud上に構築しました。IBM Watsonの高い自然言語処理機能を活用し、利用者のコメントから、症状に関連性の高い疾患を歯科医師や歯科衛生士に提示します。これにより、利用者の相談に回答する歯科医師・歯科衛生士の負担を軽減するとともに、利用者に役立つ情報を的確に提供することが可能になります。

Dental Predictionは、本サービスを通して生活者の歯科医療に対するアクセシビリティーを向上させることにより、歯科医療格差の解消に取り組んでまいります。

※本サービスは、受診に関する助言、一般的な症状に対するり患可能性のある疾患名、一般用医薬品の使用に関する助言、⻭科医療機関の紹介などを⻭科医師・⻭科衛生士が提供するものであり、医学的判断を伴う行為を含みません。本サービス開始は、厚生労働省の公表する「プログラムの医療機器該当性に関するガイドライン」に基づく医療機器該当性の判断を含め、関連法令による許認可確認等を行うことを前提としております。

【株式会社Dental Predictionについて】
CTや口腔内スキャンで得られた画像情報をコンピュータ処理し、患者の口腔内を再現した「3D Printing Model:SRPM」を制作する「DenPre 3D Lab」や、5Gネットワーク・XRと連携した「遠隔治療支援事業」や「歯科メタバース・デジタルツイン」を推進し、日本国内のみならず、世界の歯科医療格差の解消と安心・安全な歯科医療の実現を目指しています。

所在地: 〒107-6090 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階
設 立: 2020年6月
代表者: 代表取締役 兼 CEO 歯科医師 医学博士 宇野澤 元春
ウェブサイト: https://www.denpre.co.jp/

【日本アイ・ビー・エム株式会社について】
日本IBMは、世界175カ国以上でビジネスを展開するIBMコーポレーションの日本法人で、基礎研究をはじめ、ビジネス・コンサルティングから、ITシステムの構築、保守まで一貫したサービスの提供や、先進的でより高付加価値なハイブリッドクラウドやAIソリューションの提供を通じて、お客様の企業変革やデジタル・トランスフォーメーションを支援しています。
公式HP:https://www.ibm.com/jp-ja
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Dental Prediction >
  3. Dental Predictionと日本IBM、IBMのAIを活用し、症状から関連性の高い疾患を提示するソリューションを開発