落とし物クラウド「find(ファインド)」が約4,000万円の外部資金調達を実施

 落し物クラウド「find(ファインド)」を開発・提供する株式会社find(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:高島 彬、以下「当社」)は、麻生要一氏(起業家・投資家・経営者)、長田忠千代氏(元三菱UFJ銀行代表取締役専務)、佐渡島隆平氏(セーフィー株式会社CEO)、早川良太郎氏(株式会社ストライダーズCEO)ら計23名を引受先とするJ-KISS型新株予約権の発行、並びに三菱UFJ銀行からの融資により、小計4,150万円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。
◆落とし物クラウド「findについて

 落し物クラウド「find(ファインド)」は、落とし物にまつわる課題を解決するデータプラットフォームです。落とし主はfind内で「いつ・どこで・何を」という簡単な情報入力をするだけで、自身の落とし物が施設に届いているのかどうかの状況がわかり、受け取りまでの連絡が可能になります。鉄道や不動産などの法人並びに自治体のデータと連携し、セキュリティを担保しながらAI等のテクノロジーで情報をマッチングさせます。落とし物を預かる鉄道や不動産などの法人がfindを導入することにより、法人は業務効率化・環境負荷削減につながり、落とし主は利便性の向上につながります。
 将来的には、全国あらゆる場所・施設の落とし物に関するデータが集まるプラットフォームとして機能し、情報だけではなく、配送や保険・二次流通等、落とし物に関するあらゆる課題を解決するサービスを目指します。


資金調達の目的・背景

 当社は「新たな感謝を生み出す、世界的な落とし物プラットフォームを創る」というミッションの下、2021年12月に創業しました。以来、落とし物に関する課題を解決するために初期プロダクトの仮説検証を行って参りました。多くの落とし物を管理されている法人様とのディスカッション並びにユーザーインタビューを重ねて、findがマーケットに求められていることを確信できたことから、本件資金調達により初期プロダクト開発に集中していくことにいたしました。法人の落とし物業務の効率化に寄与するサービスを市場導入することで、我々のビジョンである「落とし物が必ず見つかる世界」の実現に一歩ずつ近づいて参ります。今回の調達で得た資金は、主に初期プロダクトの開発と提供のために活用いたします。
※2022年8月1日付で、株式会社FINDsから、株式会社findに商号変更いたしました。社名とサービス名を一致させ、より「落とし物クラウドfind(ファインド)」としての認知を高めていくことを狙いとしております。

投資家(一部)からのコメント ※五十音順

 麻生 要一 氏(起業家・投資家・経営者)


 会社設立前から、高島さんの創業をずっと見守ってきました。高島さん自身の強い原体験に基づきつつ、日本中の多くの人たちが困っている落し物・忘れ物の課題へのチャレンジ。findが立ち上がって広まることで、落し物が返ってくるやさしい日本社会がもっと優しさに包まれていきますように。これからのfindを心から応援していきます。


 長田 忠千代 氏(元 三菱UFJ銀行代表取締役専務)

 
「落とし物が必ず見つかる世界を実現させる」、とプロダクトも何もないアイディア段階で当方に事業構想を話してくれた高島さんと和田さんの熱い思いに共感した日のことを印象的に覚えています。サードパーティによる落とし物のデータビジネスは世界でも類を見ないサービスであり、「落とし物が返ってくる」という日本の素晴らしい文化を、ビジネスを通じて世界に発信していくことを大いに期待しています。​

 脇 俊済 氏(投資家)


「findは絶対に使われると思う」。突然の妻からの言葉が、findが解決しようとしている課題が身近で大きなものであると確信するきっかけでした。ひとたび生み出されたら、その不在を思い出せないような、誰しもの生活に不可欠なサービスになると確信しています。その実現を近くでサポートできることが楽しみです。




当社創業者からのコメント
 高島 彬(代表取締役CEO)

 和田とfindの構想を初めて話してから早くも10か月が経ち、今回findにとって初めての外部資金調達の発表をすることは、嬉しくもあり、身の引き締まる思いです。J-KISS型新株予約権の発行は、創業者である私と和田に距離が近く、「同じ船に乗っていただきたい」と思った方々に参画いただきました。三菱UFJ銀行様からの融資では、決算書すら無い我々に対して、事業の成長性・社会的意義を評価いただきました。まだ何も始まっておらず、findはようやくスタートラインに立ったところです。「落とし物が必ず見つかる世界」の実現に向けて、調達資金は今後の事業立ち上げに有効に活用します。

 和田 龍(取締役COO)

 「落とし物が必ず見つかる世界」というビジョンに共感いただき、支援していただいた投資家・銀行の皆様に厚く御礼を申し上げます。国内の落とし物課題と向き合う日々ですが、ようやく法人様が抱える課題を解決するスキームが解像度高く見えてきました。我々のプロダクトが世に出て、落とし物を通して多くの人が新たな感謝でつながる事を考えるとワクワクがとまりません。今回調達した資金で、日本の思いやり文化を底上げする仕組みを全力で作り上げます。



◆findの会社概要
会社名:株式会社find
代表取締役CEO:高島 彬
所在地:東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4階
事業内容:落とし物クラウド「find」の開発・運営および関連サービスの提供
URL:https://www.finds.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. find >
  3. 落とし物クラウド「find(ファインド)」が約4,000万円の外部資金調達を実施