【 2022年9月23日(金・祝)~25日(日)】国内最大級のSDGsフェスティバル「GOOD LIFE フェア 2022」に出展

“食欲の秋”にぴったりな三陸・常磐の水産加工品を扱うマルシェや、未来の海を考えるトークイベントに「さかなクン」が登場

 東日本大震災の被災地における水産加工業の復興を支援することを目的とした共同事業体「復興水産加工業販路回復促進センター」(代表機関 全国水産加工業協同組合連合会/代表理事会長 中山嘉昭)は、2022年9月23日(金・祝)から25日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「GOOD LIFE フェア 2022」に出展します。
 SDGs週間に合わせて開催される本イベントは、「明日(ミライ)のために今日(イマ)からグッドライフ」をコンセプトに、消費者向けのSDGs関連イベントとして国内最大級のフェスティバルです。

 復興水産加工業販路回復促進センターでは、7つあるエリアの中からGOOD FOOD & CRAFT エリアに「UMIUMA 三陸・常磐の海 うまいもんマルシェ」を開き、普段スーパーで出会うことができないような珍しい加工品や、素材の味をより美味しくひきたてた商品を販売します。三陸・常磐地方の7社がこだわり抜いた、食欲の秋に相応しい絶品の海の幸をお楽しみください。

 その他にも、さかなクンと一緒に“海の豊かさ”を考えるトークイベントをはじめ、様々なステージや体験コーナーもお楽しみいただけます。
 

UMIUMA 三陸・常磐の海 うまいもんマルシェ(イメージ)UMIUMA 三陸・常磐の海 うまいもんマルシェ(イメージ)

 
  • 「GOOD LIFE フェア 2022」について
 「GOOD LIFE フェア 2022」は、「明日(ミライ)のために今日(イマ)からグッドライフ」をコンセプトに、消費者向けのSDGs関連イベントとして国内最大級のフェスティバルです。SDGs週間に合わせて、2022年9月23日(金・祝)から25日(日)まで東京ビッグサイトで開催します。

名称:GOOD LIFE フェア 2022

~SDGsと豊かな暮らしづくり~ 3日間だけの「体験」テーマパーク~SDGsと豊かな暮らしづくり~ 3日間だけの「体験」テーマパーク

主催:朝日新聞社
期間:2022年9月23日(金・祝)~25日(日)
   10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:東京ビッグサイト 東3ホール
出展ブース数:300ブース(予定)
入場料:前売り券1,000円 当日券1,300円 高校生以下無料
※事前登録制、小学生以下は保護者の同伴が必要です
HP:https://goodlife-fair.jp/


■ステージイベント:さかなクンと考える ミライにむけた海とおさかなの話
 温暖化など海洋環境の悪化で、魚をはじめ海の生きものたちはピンチ。海の生態系を守りながら、“持続可能な社会”を目指すために、“おさかなの魅力”を楽しくお伝えすることで、“海の豊かさ” を考えるトークイベントを開催します。食欲の秋にちなんで、 “おさかなの美味しい食べ方”もお伝えします。
※本イベントは事前予約制になります。

朝日新聞 南極記者 中山由美さん朝日新聞 南極記者 中山由美さん

さかなクンさかなクン


日時:2022年9月23日(金・祝)15:30~
​会場:みらいステージ
出演者:さかなクン
    中山由美さん(朝日新聞記者)

 



 
  • 「UMIUMA 三陸・常磐の海 うまいもんマルシェ」について

UMIUMA 三陸・常磐の海 うまいもんマルシェ(イメージ)UMIUMA 三陸・常磐の海 うまいもんマルシェ(イメージ)

 復興水産加工業販路回復促進センターでは、寒流と暖流が交わる世界三大魚場の三陸と常磐から、“うみ”の“うまいもの”を厳選して紹介するサイト「UMIUMA」(https://umiuma.jp/)を運営しています。今回、GOOD FOOD & CRAFT エリアに「UMIUMA 三陸・常磐の海 うまいもんマルシェ」を開き、三陸・常磐地方の7社がこだわり抜いた、食欲の秋に相応しい絶品の海の幸を販売します。

会場:東京ビッグサイト 東3ホール ブース番号:U-17

 
  • マルシェで販売する7社のラインナップ(一例)

【岩手県宮古市】企業名:有限会社宮古マルエイ
商品名:三陸産 一夜干しみずかれい
金額:680円(税抜)
URL:https://miyakomaruei.net/

乾いた冷たい風の吹く、干物の加工に適した三陸の宮古市で、創業から一夜干しカレイ一筋。カレイを一匹一匹、頑固に手作業でつくり続けている。

 

【岩手県大船渡市】企業名:元正榮北日本水産株式会社
商品名:あわびの缶詰(バターソテー風)
金額:1,975円(税抜)
URL:https://www.sanriku-hisui-awabi.jp/?pid=169771017
   ※HP上の商品は送料が含まれるため、金額が異なります

養殖が難しく成長までに約3年はかかると言われ、肉厚でやわらかくキモまでおいしく食べられる「三陸翡翠あわび」の専門店。

 

【宮城県石巻市】企業名:末永海産株式会社
商品名:牡蠣の潮煮
金額:741円(税抜)
URL:http://www.suenaga.co.jp

栄養豊富な清浄海域である三陸で創業。とれたての魚介の中から溢れ出る旨味の「潮(うしお)」のみで煮込んだ製品は、濃厚な100%の魚介の旨味を堪能できる。

 

【宮城県気仙沼市】企業名:株式会社石渡商店
商品名:牡蠣油麺
金額:600円(税抜)
URL:https://www.ishiwatashoten.co.jp/

気仙沼の誇り、サメ文化を守り継承していく「石渡商店」では、気仙沼産の自家製オイスターソースと試行錯誤を繰り返したもちもちの乾麺の油まぜ麺も魅力の一品。

 

【福島県いわき市】企業名:株式会社おのざき
商品名:厚揚げソフトかまぼこ
金額:694円(税抜)
URL:https://onozaki.net/

自然の魅力が豊かないわき市で、創業99年を誇る福島県最大級の魚店「海産物専門おのざき」。福島の潮目の海で水揚げされる「常磐もの」を活かした商品が人気。

 

【茨城県神栖市】企業名:株式会社髙木商店
商品名:寒さば(水煮・味噌煮)
金額:各270円(税抜)
URL:https://www.takagi-shouten.com

「髙木商店」が所在する神栖市は、千葉県の銚子港と茨城県の波崎港に近接。2つの漁港で水揚げされる、新鮮で脂がよくのった魚を使った缶詰を生産している。

 

【千葉県銚子市】企業名:株式会社兆星
商品名:さば灰干
金額:320円(税抜)
URL:https://www.choboshi.jp

創業が江戸時代(1804年)までさかのぼる「兆星」。かつお節などの製造からスタートし、現在では、干し魚や漬け魚、焼魚、煮魚など様々な製品を販売している。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 復興水産加工業販路回復促進センター >
  3. 【 2022年9月23日(金・祝)~25日(日)】国内最大級のSDGsフェスティバル「GOOD LIFE フェア 2022」に出展