DXE株式会社、経済産業省「IT導入補助金2022」の導入支援事業者として採択されました

~収集運搬業者の業務効率化を支援、年間費用の最大2分の1を補助~

DXE株式会社(所在:東京都中央区、代表取締役:東浦 知哉)は、この度、経済産業省「IT導入補助金2022」におけるIT導入支援事業者(※)として採択され、自社開発・提供している産業廃棄物の収集運搬業者向け業務効率化SaaSサービス「DXE処理(スタンダードプラン)」が、対象のITツールとして認定されたことをお知らせいたします。

(※)IT導入支援事業者登録名称「DXE株式会社コンソーシアム」、幹事社:DXE株式会社、ITツール代金の収納代行企業と して構成員:株式会社ラクーンフィナンシャルが提供する企業間決済「Paid」サービスを利用しております。
 今般認定された「DXE処理(スタンダードプラン)/月額55,000円(税込)」は、収集運搬業者様向けに電子マニフェストの起票、管理ならびに収集運搬に係る配車業務の一連の業務プロセスをクラウド上で一括管理するSaaSサービスとなります。電子マニフェストの代行起票や作業負担の軽減で収集運搬事業者様の業務効率化を実現いたします。
 DXE株式会社は廃棄物処理法に規定された電子マニフェストシステム(JWNET)にEDIシステム接続サービス提供するASP事業者となります。弊社の提供するITツールの特長は、以下のとおりとなります。
①   安心のクラウドサービス
      ~初期の大幅設備投資が不要、クラウドでデータを一元管理するためペーパーレスも実現できます~
②   ユーザーフレンドリーなデザイン
      ~産業廃棄物の回収依頼をWEB上の簡単操作で受注登録、電子マニフェストの状況を一覧で管理できる機
         能、直感的な操作によるドライバー指示など、UI/UXを意識したシステムを提供しております~
③   経験豊富なスタッフによるサポート
      ~産業廃棄物処理業界での業務経験豊富なスタッフがITツール導入、稼働をサポートする体制がございます~

◆IT導入補助金について
IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等を対象に自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウェア・サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、企業の業務効率化・売上アップをサポートするものです。

◆IT導入支援事業者とは
中小企業・小規模事業者等の生産性向上のために、ITツールの提案・導入、各種申請等の手続きのサポート等を行う事業者です。なお、補助金対象者、補助対象となる申請内容やスケジュール等については、公式ホームページからご確認ください。
【IT導入補助金ホームページ】 https://www.it-hojo.jp

【DXE株式会社について】
 DXE株式会社は創業以来、「産業廃棄物処理をデジタルで効率化し、ムダな作業と環境負荷を減らす。」をコンセプトとして掲げ、電子マニフェストをもとに産業廃棄物処理業界の各事業者様をつなぐクラウドサービスを提供することで作業の効率化とムダのない業務連携を実現いたします。産業廃棄物処理業界は社会を支える大切な存在です。弊社が目指しているのは、産業廃棄物処理の各事業者様をデジタルで連結し、インフラとしてより効率的に進化させること。それは、あらゆる経済活動について回る廃棄物を処理する際の環境負荷を減らすこと、ひいてはサステナブルな社会づくりにもつながります。弊社のアイデアはまだまだ進化中です、さらなるサービス拡充にぜひご期待下さい。
◆会社概要
所在地   :〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町7-1 KABUTO ONE 9F
代表者   :代表取締役 東浦 知哉
設立    :2021年11月1日
資本金     :800万円
事業内容  :①JWNET(産業廃棄物電子マニフェスト)へのEDI(電子データ交換)接続事業
       ②SaaSシステムの開発、サービス提供、および運用保守業務
       ③環境問題の課題解決及び廃棄物処理に関するコンサルティング業

会社サイト : https://dx-e.net/
IT導入補助金2022 DXE特設サイト:https://dx-e.net/it_subsidy_2022/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DXE株式会社 >
  3. DXE株式会社、経済産業省「IT導入補助金2022」の導入支援事業者として採択されました